サンピアザ水族館

今日は札幌市の郊外にあるサンピアザ水族館に行って来ました。
水族館は夏休み期間らしく特別展を行っており、なかなか見応えがありました。
サンピアザ水族館は小さな水族館ながらも、ペンギンを出して通路を歩き回らせたり、お客さんが亀に餌を与えさせたりなどイベントも多く行っておりがんばっているなーといった印象を受けました。
水族館の詳細はいつものように後日パソコンからアップします。
北海道のアザラシ飼育施設のうちこのサイトに掲載していないのは、水族館二つに動物園二つ。今年の夏のうちに全てを回るのが目標であり予定でもあります。
とっかりセンターにも行かなきゃですし今年の夏はアザラシ三昧です。

街の中の水族館・サンピアザ水族館 2005年7月31日

7月31日に札幌市厚別区にあるサンピアザ水族館に行ってきました。私がサンピアザ水族館に行ったのは、4年ほど前に一回行ったのみです。その記憶もほとんど無くなっていたのですこぶる新鮮な気持ちで行ってきました。

私はサンピアザ水族館のある札幌市に住んでいますが、水族館は自宅から10kmほど離れた場所にあります。水族館はJR、地下鉄の駅とほぼ直結して い るので、公共交通を使って向かうにはとても便利な場所にあります。ただ今回は水族館以外にも野暮用がありまして、自家用車を使いました。訪れた日は夏 休み最初の週末水族館近辺では縁日が開かれたくさんのお客さんで賑わっていました。


サンピアザ水族館外観

水族館の周りは縁日でした。

さて窓口にweb割引券を提示し入場料を払い、早速入館します。館内はかなり照明を落としてくらめですが、ライトを水槽に当て幻想的に見えます。一階は 魚 主体、たまにエビ、カニ、タコ、カメが混じります。二階は鮭科の魚類、ウチダザリガニ、電気ウナギに、ペンギン、ラッコ、そしてゴマフアザラシなどが目に 付きま す。この日は夏休み期間だったこともあり特別展示を行っており様々な種類のカエルを展示していました。サケ科の魚には自販機(というと聞こえはいいです が、ガチャガチャの事です)で売っている餌をあげられ、電気ウナギはボーボー電球を光らせています。


ゴマフアザラシのプールです。

二階にいた両生類の仲間
興味を持っていないとあっという間に名前を忘れてしまいます。
前足具合が素敵で撮影しました

アザラシは二階の一角の小さな水槽にいました。飼育しているアザラシは2頭のみでして2頭ともゴマフアザラシです。写真でもお分かり頂けると思います が、 水槽はアザラシの体がようやく浸かるくらいの浅い小さなプールです。お客さんが見られるのはガラス越しで、し かも水面はガラスの下にあるので水中の様子が見られません。そのガラスも水しぶきや傷がついて、中のアザラシの様子は鮮明に見えないものです。写真を撮 る際、オートでピントを合わせるとカメラがこの傷やら水しぶきやらを拾ってしまい、ピンぼけ写真がたくさんできます。マニュアルでピントを合 わせられないカメラで撮影する際には注意してくださいね。
アザラシの様子は動きがせわしなく、落ち着かないものでした。プールを回って泳ぐのも狭くて難しそうな様子でしたし。水面からとき降りぬぼっと顔を 出してきょろきょろ回りを見渡したりしていました。


動画(1.4MB)

プールを泳ぐ様子です。

動画(798KB)

プールの底をいたずらした後、二頭でこっちを見てくれました。

動画(3.2MB)

水槽の前にカメラを置いて撮影してみました。
アザラシが寄ってきますが「何か変なのがあるなぁ」
とでも思ったのでしょうか。

動画(1.7MB)

これもプールの中を泳ぐ様子です

アザラシの説明版
文中のフイリアザラシ=ワモンアザラシです。

左の写真下部の海獣の説明部分

アザラシプールの右下に貼ってありました
二頭のうち一頭は来たばかりなのかな?

私の方にまで寄ってきてくれました。

サンピアザ水族館にはペンギン、ラッコ、アザラシの恒温動物が飼育されていますが他の二つに較べアザラシは迫害されすぎです。ラッコは1頭のみの飼育で す が、サンピアザ最大級の水槽を占領し悠々と暮らしていました。また、この水槽は人間の目の高さに水面があるので目の前をラッコが泳いでいく様を観察するこ とができます。ペンギンもアザラシより広いプールに住み、水面も高いので水中の様子も観察できます。ペンギンが館内を歩き回るイベントも行われているので ペンギンファンにはたまらないでしょう。
それに比べアザラシの展示は上に書いたとおりです。いっそのことラッコの水槽にアザラシを一緒に飼育してしまえば…とか思うのは素人の考えですね…


ペンギン水槽です。
水面が高く水中のペンギンの様子を観察できました。

ガラスに傷やら水が付着しています。肉眼で見ると
結構脳みそが補正してくれるのですが写真だと…(^^;

おたる水族館に行ってきました

昨日ここにも書いたようにおたる水族館に行って来ました。
北海道も最近暑いので、へばって無いか心配でしたが、ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ達は元気いっぱい、ワモン、アゴヒゲ達は少し動きが鈍いかなという印象でした。細かい内容はまた後日サイトの方にアップします。
今日も暑くてアザラシのいる屋外プールを見ると容赦無く日光にさらされます。今日一日でずいぶん焼けてしまいました。
北海道とはいえ真夏に訪れる際は日射対策も万全にしたほうがよいです。アザラシ達も日光浴をしているやつはおらず、みんな水の中にいました。

夏のおたる水族館 2005年7月24日

 おたる水族館初訪問から約一年経った7月24日におたる水族館に行ってきました。おた る水族館では夏の特別展示も始まっており、また夏休み第一週の日曜日でもあったためなかなかの盛況ぶりでした。

ワモンアザラシは不調?

さておたる水族館には繁殖賞を受賞した1.5歳児のワモルと5頭の大人ワモンアザラシがいます が、彼らの様子がいつもとだいぶ違っていました。全員い つものワモンプールにいたのですが、みんな頻繁に体を体を掻きむしっていました。アザラシが短い前足を使って体を掻く行為は可愛くみえます。しかしこの日 はかなり頻繁に掻きむしっていたので少々心配です。特にワモルは前足で掻くだけではなく、後ろ足をこすり合わせたり体をプールの壁にこすり付けたりしてい ました。みんなあまりの暑さで汗もにでもなったのかな(^^;
プールの水も少々青みがかっていて汚れが目立っていました。おたる水族館のワモンアザラシのプールはいつも透明な水で清潔な印象を持っていたのですが…。 その辺も前述の痒がってたのに影響してるのかなーなんて思ったりしました。


お腹を上にして泳いでいる子供ワモンアザラシのワモルです。
お腹に引っ掻いたような傷があります。
体の色が4月の頃とずいぶん違います。
毛代わりかな?ワモンアザラ シの毛代わりっていつ頃なんでしょう。

 


動画(2.4MB)

後肢をこすり合わせて痒がっているワモルです。

 


動画(3.4MB)

短い前肢を使って餌を食べるワモル。
餌を噛み切れなくて四苦八苦する様子が良いです。

 


動画(1.4MB)

くるくる回るワモルです。
この日は回るのよりも痒さに夢中な様子で
くるくるもこの一回しか観測できませんでした。
回転した後、後肢を痒そうにしています。

 


動画(3.1MB)

ワモルの給餌風景です。

 


クリックすると大きな画像が出ます

ワモルのプールの前に掲示してある
繁殖賞受賞のお知らせ

 


クリックすると大きな画像が出ます

ワモルのお母さん、ワモミの子育ての様子を紹介したパネル。
右上の繁殖賞と同じようにワモルのプールの前にあります。
流氷上の白い赤ちゃんと右の写真のような大人の模様の違い
で親が赤ちゃんから離れて育てる話が印象的です。

 


動画(2.0MB)

上陸した大人ワモンアザラシです。
正面から見るとまる~く見えました。

 


動画(3.3MB)

大人のワモンアザラシ達の様子です。
写真は水中で前肢で顔を掻いている様子です。

 


動画(1.5MB)

上陸した大人のワモンアザラシです。
陸上でもずっと前肢を掻いたりお腹を掻いたりしていました。

 


動画(2.5MB)

大人のワモンですね。
前肢の短いアザラシは後肢を掻くのにも
体を全力で丸めないと辛いみたいです。
写真のような体勢で漂ったりしていました。

 


動画(1.1MB)

ワモンアザラシと一緒に暮らしているアゴヒゲアザラシです。
アゴヒゲアザラシも動きが鈍かったです。

 


クリックすると大きな画像が出ます

アゴヒゲアザラシの名前やら特徴を表示したパネルです。

 

 

ゴマフアザラシたち

おたる水族館の海獣公園の中心にあるゴマフ・ゼニガタプールの様子です。ワモンたちに比べ、こっちのアザラシたちは快調そうでした。大人のゴマフ・ゼニガ タアザラシプールと海が直接つながっている構造なので新鮮な海水が入ってくるからでしょうか。プールの水も綺麗そうでした。(一部の小さめのゼニガタ用 プールと子供プールはかなり汚いのですが…)いつもどおり餌(ホッケ)を買ってアザラシ達に与えてきました。


動画(442KB)

先回の訪問記にも掲載していますが
お腹をスパンスパン叩いてガーガー鳴きながら
餌をねだるゴマフアザラシです。
すれた顔をしているなぁ…。

 


動画(2.0MB)

餌の入ったバケツを持ってうろうろしていると
小さな子供アザラシ(ゴマフ&ゼニガタ)が付いてきました。
賢すぎ。

 


動画(1.2MB)

餌を与えています。子供アザラシには
ホッケは大きすぎるようです。
客としても大きなホッケ数匹よりも、
小さな魚をいっぱいの方が楽しめそうですが(^^;

 


動画(250KB)

二個上の動画のアザラシと同じアザラシですが彼はプールに座り込んで餌をねだったりします。

 


岩の上で寝ているゴマフアザラシです。
大人のゴマフプールは海を区切って作ってあります。
ですからプールを観察するとウニやらヒトデやらが同居しています。
小さな魚も暮らしていていてたまにアザラシが食べています。

 


尻尾方面から見た岩に横になっているゴマフアザラシです
彼らほどやる気の無さが似合う動物もなかなかいないと思います。

 

 

ゼニガタアザラシたち

 

動画その1(1.1MB) おすすめ!
動画その2(609KB)
餌をねだるのに柵を乗り越えてくるアザラシです。
柵に前肢を掛けていられるのは数秒のみで
その後ずりずり素敵に堕ちてゆきます。

 


動画(2.6MB)

ゼニガタアザラシのサダコさんかな?ずーっとこの体勢でした。

 

脇を他のアザラシが通り抜けてもじーっとしていました。


たまに体を掻いたり首を曲げたりしますが…

 


Jの形でじっとしていました。

 


このゼニガタは目が悪く、髭をいっぱいに拡げて餌をねだります。
人間の足音を聞くと写真のように水面を叩いて餌をねだります。
たまにカモメが寄って物音を立てると餌ねだりを開始していました。
おたる水族館のアザラシはたくましいです。

 


5月に産まれたゼニガタアザラシの赤ちゃんとお母さんです。
右上のアザラシが赤ちゃんアザラシです。
赤ちゃんに魚を与えようとしても、まだ魚には興味が無いようで、
バケツを見ても無反応でした。ここは左上の柵越えアザラシもいて、
餌の魚を手に入れるには激戦区の様相を呈しています。
ですので赤ちゃんは魚がもらえるという事がわかっていないのかも。
赤ちゃんがひょんなことから魚を手に入れ味を覚えたら、
魚争奪戦に参加してだんだん擦れた顔になるのかな。

 


おまけ・トドの赤ちゃん

 2005年6月に産まれたトドの赤ちゃんです。


なんか写真のようにぐーったりしていましたがちゃんと生きていました(^^;
真夏の直射日光をこの黒っぽい体で浴びて
熱射病にならないのかなと心配をしてしまいました

 


トドプールの前に会った掲示板です。
本文に「今年も」とあるようにおたる水族館では毎年のように
トドの子供が産まれています。

まずはご挨拶

 今日の更新でこのブログをアザラシサイトからリンクさせようと思っておりますので、まずはアザラシサイトを作ったことに関してのご挨拶です。
 さてこのアザラシサイトはアザラシをより楽しみたいと思い、また私にとっては巨大になりすぎて管理・運営がある意味「仕事」のような一面もあるマリモサイトとは違って、サイト運営も一から楽しめるサイトを作りたくてのこのこ作ったサイトです。ページ内の文と写真のバランスなんかクソッ食らえで、文章打つのに疲れたら文を打つのをやめて、よく写っている写真より気に入った写真を使っています。
 管理人の趣味に走ったコムケのコーナーなんかは近年稀に見るくらい楽しんでページ作成ができました。膨大な量の動画・写真から、どのコムケの動画を掲載し、どのシーンを見ていただくか考えるだけでもかなり時間をかけ楽しませていただきました。
 いやはや、これからも無理なく楽しんでサイト運営していこうと思います。お気に召したらとてもうれしいです。

Yahoo!のディレクトリ

 このアザラシサイトがYahoo!JAPANのディレクトリに登録されました。このYahoo!のディレクトリ、サイト数そのものが少なかったインターネットの黎明期では申請したサイトすべてが掲載されたようですが、今ではヤフーに申請し、それを受けやフーのほうで審査し、審査が通ればその後掲載されます。
 私が一番最初作ったサイトの某マリモサイトの登録には作成から登録まで9ヶ月くらいかかりました。このサイト運営の初期はサイト作りのノウハウ(サイト作成の技術的なことから人に見せるテクニックやらサイト運営に関わるものすべて)も勉強しながらでした。また技術だけあっても中身(知識はもちろん、オリジナリティやら)がなければ、こういったあるモノを紹介するような文章主体サイトとしては及第点には及ばないと思っていましたし、その拡充に努めてきた時期でもありました。
 某マリモサイト作成は大学の1~2年生でしたので時間にも余裕があり情熱もあり、技術も中身もぶわっと充実させることができましたが、それでも9ヶ月。一方このアザラシサイトがYahooのディレクトリに掲載されたのが7/11(正確には北海道/動物、ペット、昆虫ディレクトリに7/11、アザラシカテゴリに7/19)。サイト作成開始日からも3週間くらい、データをサーバに上げてからは6日という短期間でした。もちろんサイト運営のノウハウをすでに知ってたのでこれほど短期間で登録されたといえます。こんなことから自分はサイト運営に関しては擦れてしまったなぁ、と思いました。(ついでに出しておいたマリモサイトの一部コーナーの独立登録も通りましたし)おたる水族館の生まれたばかりのアザラシの赤ちゃんが餌をねだっているうちに擦れていくように。
 確かに今のほうがサイト運営のテクニックはありますし、またデジカメにしろ画像の編集ソフトにしろパソコンにしろサイト運営に携わり始めたころより良い物を使っています。(なにしろマリモサイト作成当時はデジカメすら持ってませんでしたから)
 でもサイト作成に携わりだした頃のほうが若さの勢いがむにむに煮えたぎっている暑苦しいサイトを作っていたように思います。いや、見る人から見れば画像の一つも無く、暑苦しい文が延々つづいているサイトなんか見る気をなくすでしょうけどね(^^;
 サイト運営のに関してはあのころが一番新鮮で楽しかったのかもしれません。一つの書き込みに対する重さが違いました。なんせ数ヶ月に2~3人の書き込みとかでしたから。(もちろん今でも書き込みは楽しみですよ!)
 ヤフーの登録でそんなことを思いました。昔を思い出すと感慨深いものです。