北海道・稚内でクラカケアザラシが見られるようです

昨日から研究のため阿寒湖にやってきています。森や湖の豊富な土地は私の性にあっています。
湿地帯には水芭蕉が咲いていました。内地の尾瀬の水芭蕉というと可憐な小さい花のイメージがありますが、北海道の水芭蕉は巨大で20cm以上になっているのもざらです。
さてさて、北海道のアザラシというサイトの名前通り北海道のアザラシの情報を提供します。
本日は稚内のアザラシに関する小ネタです。情報元は北海道宗谷支庁発行のメールマガジン。
---------------------------------------------–
◆アザラシベビー、子どもたちに人気
  稚内市の市立ノシャップ寒流水族館が今季の営業を始め、かわいらしいアザラシの赤ちゃんに人気が集まっています。
アザラシの赤ちゃんは、4月の季節はずれの流氷などに乗り、道北地方の沿岸に漂着したもので、
ゴマフアザラシや、北海道近海では珍しいクラカケアザラシなど6頭がお披露目されました。
来館者からは、「かわいい」、「こっち見て」と歓声が上がっていたとのことです。
なお、市立水族館の今季の営業は11月末までとなっています。
----------------------------------------—
あまり飼育施設では見られないクラカケの赤ちゃんがいるとは見に行きたい。子供ゴマフも一緒に暮らしているようですね。
稚内もとっかりセンターのようにある程度回復したら放流するのでしょうか?
近隣の方は訪れてみてはいかがでしょうか…、といってもこのブログを見ている方の中に稚内近隣の方がいるのかな。
もうひとつ極小道内アザラシネタ。出展は同じく宗谷支庁発行のメールマガジン
----------------------------------------—
◆ 利尻ぐるり 観光バス運行開始
  利尻島を周遊する定期観光バスが、今季の運行を開始しました。
  鴛泊港発は午前9時40分と午後2時35分。午前と午後で見学地が一部異なりますが、
逆さ富士で知られるオタドマリ沼や、奇岩、アザラシが見られる島最南端の仙法志御崎公園などを巡り、
途中、人面岩、寝熊の岩などを車窓から見学し、同港に戻るルートになっています。
島内の観光スポットを効率的に回れるとあって人気も高いとか。
所要時間は2時間20分から3時間5分で、いずれもフェリーの時間に接続しています。
料金は大人2800円から3300円。運行は10月8日までの予定ということです。問い合わせは宗谷バスまで(TEL:0162-23-5510)
---------------------------------------------------
仙法志御崎公園のアザラシも気になっているのですよね。
何とか今年は離島のアザラシたちにちょっかいを出したいと思っております。

皆さん、お久しぶりです。
最近は東京や札幌をうろうろする日々が続いている管理人です。
なかなかネットに触れる時間も少なくなっています。先月の小樽のも作らなきゃなぁ。
そうそう、東京に行ったときに兄の家を訪問し甥に会ってきました。
甥はお土産のサッポロソフトをいたく喜んでくれたようです。
我が家も義姉の家も酒飲み一家のようなので、きっと大酒飲みに育つのでしょうね。
IMG_1311.jpg

もうちょっと大きくなったらおじさん直々にアザラシの洗脳英才教育を施したい所です。
アザラシの写真集を買ってあげたりアザラシの着ぐるみを着せてとっかりセンターに連れて行ってみたり。
また水族館や動物園のイベントにおいて、周りはみんな家族連れなのに自分だけで大人のソロで参加するのには気恥ずかしいものがあります。
そういうときに甥を連れて行って「子供をつれてきて参加させているんだよ」臭をむんむんさせればカモフラージュにも使えます。
「おじさーん、早く帰ろうよ~」とか言われそうですが。

札幌も桜が咲きましたよ~

東京の開花を過ぎるとめっきりテレビにも出てこなくなる桜前線が札幌にやってきました。
社会人の皆さんは今週末あたりは盛大に花見かな?そういえばうちの研究室は何かにつけ飲んでいるのに花見はしないです。
大学構内にあまり桜がないですし、内地人が多い研究室なのでソメイヨシノではないエゾヤマザクラで花見をするのに抵抗があるのかな。
さてさて、私はアザラシ界とは先月おたる水族館に行って以来、とんとご無沙汰です。ですのでアザラシ仲間のサイトを見てアザラシ界の動向をつかんでおります。
そういえば釧路動物園から魚津水族館にうつったアザラシの赤ちゃんの名前が「クウ」に決まったそうな。釧路の「く」と魚津の「う」からとったそうです。実はこのアザラシの名前は公募していたので私も応募しました。
恥ずかしながら私が応募した名前を発表すると「クスリ」。釧路市のアイヌ語の語源が「クスリ」だったことと、魚津→富山県→薬→クスリ。でも応募した時から思ってたけど「クスリ」ってあんまりかわいくないし呼びにくい…。予想通り不採用でした(^^;
「クウちゃん」のようなかわいい名前が採用されたようで何よりでございます。このアザラシは去年釧路で見たアザラシなのかな。いずれ見に行きたいものです。

急ですが…

東京に来ております。
関東地方の皆さん、こんばんは。
私が東京にきたのは大学二年のとき以来でして、羽田空港に降りたのは
高校の修学旅行以来二度目。やっぱり東京は都会だなぁと思いながら
田舎もん根性丸出しで背の高いビルを見上げたりしております。
今日の15時ころ東京行きを思い立ち、19時千歳発の飛行機に乗り、
20時半に羽田に着き、品川で去年まで札幌にいた友達と飲み、
大森のカプセルホテルに泊まり、
明日は某社を訪問し明日14時半の飛行機で千歳に帰ります。
札幌から釧路や阿寒に車や鉄道で行くより、飛行機で東京に行くほうが
時間がかからないというのはなんともはやです。
飛行機代もAIR DOの道民割引で片道9500円でしたし。
せっかくこちらにきたので去年産まれた甥にも会ってみたかったし、
しながわ水族館を表敬訪問したいと思っていたのですが、
明日は連休前でして夕方~夜の羽田発新千歳行きの飛行機は全部満席。
3日、4日も新千歳行きは満席。さすが連休です。あわただしくも
東京を離れなければなりません。無念。

旧道庁(赤レンガ)のアザラシ剥製

20060501002703
昨日所用があり道庁(県庁の北海道版)に行ってきました。ついでに寄った赤レンガ庁舎にはアザラシの剥製が置いてあったので紹介します。
赤レンガ庁舎は観光名所でもある由緒ある建物ですが中はちょっとした博物館になっていてなかなか楽しめます。
アザラシの剥製は北海道の自然を紹介するコーナーにありました。種類はゼニガタアザラシとゴマフアザラシ。ゴマフは子供ですね。
今回は他の用事で行ったのでデジカメを持っていなかったので携帯電話で撮影した画像を載せておきます。
ここは入場料無料ですし駅からも近いので札幌観光の隙間時間埋めにおすすめです。
さて旧道庁の前はちょっとした広場と池になっていいます。ここに北海道らしくエゾシカとアザラシを放ってみてはどうかなと思いました。
エゾシカは奈良公園の鹿みたいに。アザラシのほうも動物園のプールの数倍の大きさの池なので問題ない拡さだろうし。
札幌市のど真ん中の道庁前にエゾシカとアザラシがいたら楽しそうだなーとぼんやり考えながら道庁から帰ってきました。。
さて話は変わるのですが、私のパソコンの調子が悪く起動しなくなってしまいました。参った参った。
サイトのパスワードもわからないし、一連のサイト管理作成ソフトも使えないので、サイトを管理できない状態です。
修理に出すにも連休で時間かかりそうですし。そんなわけで今日のブログも携帯電話から打っております。
写真が変な位置にあったりPCで見ると改行が変な位置にあったりするかと思いますがそんな理由です。すみません。