抜海のゴマフアザラシとばんえい競馬廃止

皆さんお久しぶりです。更新しなくてはと思っているうちに11月も終わりです。
先週末は就職先の集まりで東京に行ってきました。で、12月に入ったら、そろそろ修士論文の仕上げの季節。のんびり構えていたのですが、ここに来てお尻に火が点いたように作業に取り組んでいます。そうこうしているうちにいつの間にやら札幌もうっすらと雪化粧をし、朝は薄氷が水溜りに張るようになりました。これからあっという間に真冬です。
そんな近況なのですがどうしても気になる情報が二つあったので、更新です。
一つ目。抜海港のゴマフアザラシが本格シーズンを迎えているようです。
本日の宗谷支庁メールマガジンより。
「◆ 稚内市抜海港にゴマフアザラシ登場
 稚内市郊外の抜海港に、今年も野生のゴマフアザラシの群れが姿を見せました。
 抜海港には、例年11月から4月下旬まで、ゴマフアザラシが集まり、消波ブロックや砂たまりの上で愛らしい姿を披露してくれます。港内には、ゲートで仕切られて人が入れないようになっている部分があり、神経質なアザラシにとってゆっくりとくつろげる場所になっているようです。
 12月下旬のピーク時には300頭以上が集まることもあり、冬の間の観光スポットとしてツアーバスの巡回コースにもなっています。11月13日現在のアザラシ確認頭数は、177頭。
 11月からは、稚内市と観光協会が、寒風を避けながらアザラシを観察できるプレハブの「アザラシ観察所」を設置しており、週末は家族連れなどでにぎわいを見せています。」
また昨日北海道新聞を読んでいたところ抜海のアザラシ情報が載っておりました。
何やらかなりの数のアザラシが押し寄せている様子です。特に大きな問題は、今のところ起こってないようですが増えすぎると漁業被害が起こるのではと心配されているようです。
詳しい情報は北海道新聞のサイトにどうぞ。http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061129&j=0047&k=200611289174
2つ目。ばんえい競馬の廃止がほぼ決定しました。
ばんえい競馬というのは馬がそりを引っ張るレースで、通常の競馬とは大分趣が異なる世界でも北海道だけでしか行われていない競馬です。そりは時には1000kgにも及び、馬もサラブレッドとは違う脚のぶっとい種類の馬が走ります。北海道遺産の一つとしても認定されています。北海道では旭川市・帯広市・北見市・岩見沢市の4都市による市営で行われてきました。しかしながら近年の運営は赤字。道内の地方自治体の財政状況はかなり厳しいのでしょう。今年度をもって廃止になる見込みが強いようです。でも北海道遺産にまで選ばれ世界で北海道でのみ行われているばんえい競馬をあっさり切り捨てるこのはいかがなものかと思います。
旭川市-市営旭山動物園でウハウハなら、その客をばんえい競馬に向くようにしてみてくれても良かったのではと思います。動物園が扱う動物と同じ動物の馬を扱うわけですし。今回のばんえい競馬の廃止でばん馬が馬肉になると思うとさびしいですね。
帯広市-存続に一番前向きで、ばんえい競馬の盛んなI市との二市開催の道を最後まで模索した姿勢は高評価です。「民間企業の支援があれば単独開催も」との市長の言葉もあります。良いスポンサーが見つかればいいですね。
岩見沢市-今回の廃止で一番がっかりした街。街の顔である中心駅のホームにこんな像を飾っていましたよね。
IMG_1875.jpg

その岩見沢市があえなく廃止に同意したのは非常に残念。私の中で岩見沢=ばんえい競馬の街でもありましたし。廃止の時も「ばんえい競馬のあり方を考える有識者会議」が「文化遺産を継承していく姿勢は必要だが、残した方がいいという意見はなかった」「財政再建団体になる夕張市の現実を見ていると、子供たちに借金を残していくことになるのは困るとの意見が大半」とあっさり結論を出した様子。
北見市-昨年のふるさと銀河線廃止といろいろ赤字物を抱えているようですから、残念ながらここの廃止は仕方ないかなと思っていました。競馬場もばんえい競馬のみの小さな競馬場で開催期間も短いし。
なんとか帯広市に良いスポンサーが付けばよいですが厳しい北海道経済を見ると見通しは明るくはないかな。でも名乗りをあげる企業は北海道の英雄になれる気がします。
いっそのこと帯広市と北海道庁と農水省と札幌市辺りがぐるになって中央競馬(JRA)に協力を求めて札幌競馬場にコースを作ってそこでやってくれないですかねぇ。札幌なら道内の地方よりはお客さんを呼べるだろうし。JRAの札幌記念の後にばんえいのレースを見れるようにしたら面白そうですし。同じ競馬文化なんだから、JRAも協力してあげて欲しいなぁと思います。
外部リンク)
ばんえい競馬
橇を引っ張るレースの様子はこちら。(動画で見られます)

日本のイルカ猟が批難される

「日本のイルカ漁に批判=「残酷で非人道的」-米紙
20日付の米紙ワシントン・ポストは、日本で伝統的に行われているイルカ追い込み漁への批判が海洋学者らの間で強まっているとする記事を1面に掲載した。
記事は、漁が「残酷で非人道的」とする専門家の見方を紹介。環境保護や動物愛護の活動家に加え、「有力な学者や水族館の専門家も一致して漁を非難している」とし、中止を求める反対運動が広がる可能性があると伝えた。
在米日本大使館は同紙に対し、重要な伝統行事だとして漁を擁護。イルカが死ぬまでの時間を短くするなど人道的な取り扱いに努力してきたと反論している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061120-00000085-jij-int&kz=int」
結局こういうのってどうすればいいんでしょうね。アメリカ人が国を上げて日本のイルカ猟に反対しているとは思えませんが…。
日本人でもほとんどの方はイルカを食べたことが無いのではと思います。(私も無い)それどころか日本のイルカ猟という存在そのものを知らない日本人もかなり多いような気がします。
残酷で非人道的なイルカ猟ですか…。動物の狩猟に人道的?という気もしますが、アメリカのイラクへの攻撃は現地のイラクの人々はもちろん、派遣されたアメリカ兵・その他の国の軍にとっても人道的だったのかな?という気がします。またイルカだの鯨だの騒ぐ前に、アメリカには京都議定書に調印してほしいところです。小規模な漁より大国による環境破壊のほうがよほどイルカの生態を脅かすような気がします。
イルカは個人的には苦手な生物です。(あくまで個人的に、です)
野性のバンドウイルカは同じバンドウイルカの子供を激しい集団リンチで殺すそうですし、小さなネズミイルカを襲って殺すこともかなりあるようです。野生の世界では子殺しは珍しくないのでその辺は良いとしても、水族館の人気者のイメージとは違う面をもっています。そしてあの正面から見たときの小さな目の離れ目は何か腹に黒いものを抱えているような気がして私はなじめません(^^;水族館ではアザラシより人気者なのはもちろん認めますが…。
食材としても、目黒の寄生虫博物館で鬼のようにアニサキスに寄生されたイルカの胃の展示を見たり、厚生労働省が有機水銀が大量に濃縮蓄積している可能性があると発表したりしているので、あまり食欲もわかないです。
 でも猟が「残酷だから」止めろというのはちょっと違うと思います。
関連)ドイツ:グリーンピースによる病死した鯨の死体を使った反捕鯨デモ

野生アザラシの魅力について考えてみた

本日、野生アザラシを見るときのルールや見に行く前の準備について触れたコーナーをサイトにアップしました。
それに関連して野生アザラシを見に行く魅力とはなんぞやということについて考えてみました。見に行くものが同じアザラシとはいえ、水族館等の飼育アザラシを見に行く面白さとは全く違うと私は思います。
温泉(巡り)という普通の感覚の方にもわかるような趣味を例に考えてみましょう。温泉(=アザラシ)とすると、水族館・動物園というのは温泉旅館・ホテルのようなものだと思います。
温泉旅館は、宿泊料(=入場料)を払い、宿それぞれの料理・もてなしの工夫(=各水族館の展示やイベントの工夫)を楽しみ、快適な大浴場で温泉に入る(=至近距離でアザラシを満足するまで居座る)ことができます。浴場の清掃時間や深夜は入っちゃダメなど、開館・閉館時間がある点も水族館と共通です。何より天候に関係なく確実に温泉に入る(アザラシに会う)ことができます。
一方野生のアザラシを見に行くというのは山の中にひっそり湧いている温泉に入り行くようなものでしょう。
 温泉までの道すらよくわかっていなく(=生息地の位置・経路)、地図や本で自分でいろいろな情報を収集し検証してから(地図はもちろんや天気情報・潮汐・波の高さ等の情報を検証し)温泉まで行かなければならない。それでも温泉に入られるかわからない(=アザラシがいるかわからない)。温泉があったとしてもドンと温泉が湧いているだけ(=ドンとアザラシが転がっているだけ)で、湯船や脱衣所(=観察できる用の施設や案内)があるわけでもありません。
じゃ、何でそんな物を追いかけるかというと、結局秘湯探しの方も、野生とっかりハンターも何物にも代えがたいモノに魅力を感じているからではないかと思います。
その魅力というのは、温泉の場合は広い湯船を掘って一人だけの温泉に飛び込む瞬間かもしれないですし、湯船の底が土である温泉に入る感触かもしれないしですし、大自然の中で一人ぼっち温泉に入る寂寥というような感覚かもしれません。
野生アザラシの魅力は(私の場合ですが)、双眼鏡の視界にアザラシが飛び込んできたときの「いたーーーーーーーーーーー!!!!」というあの感覚、周りに誰もいない断崖や海岸といった大自然の中、体育座りをして「うふふ…」と一人で微笑みながらアザラシを見るときのあの寂寥感、泳いだり寝転がったり欠伸をしたり後ろ足を振ってみたりよだれをたらしてみたり、気ままに生きている(ように見える)野生アザラシたちの群れ、それと…このくらいにしておきますか。その辺に毒されています。動物園や施設では味わえない感覚です。
趣味というのは他人には理解できなくてその道に生きるものにとっては麻薬並みの魅力があるわけです。同好の士はお分かりいただけると思いますが…。
同じ温泉が趣味でも、その楽しみ方がいろいろあるように、アザラシ道にもいろいろあるように思います。もちろんどの楽しみ方が上でどれが下という事もないでしょう。私自身、アザラシに関しても、飼育も野生もどちらも楽しんでいます。とっかりセンターの面白さと焼尻島の面白さは全く別物として。これからも己のアザラシ道を精進するのみです。以後見苦しき面体お見知りおかれまして、恐惶万端引き立って、よろしくお頼み申します。

津波が来る~~~

千島列島で地震があったようで、北海道東岸に津波が来るようですね。
住んでいる方はもちろん、とっかりセンターのアザラシたちも海を泳いでいるであろう野生のアザラシたちも心配であります。
アザラシを見に行ったなじみのある市町村でも沿岸部には避難勧告が出ているようですね。大きな被害が出なければいいのですが…。

まりもっこり続報

以前のエントリで紹介したまりもっこりの雌バージョンですが正確にはまりもっこりモンローバージョンと言うそうです。阿寒湖では相変わらずの品切れの様子。人気なのでしょうかね~。
そういえば九州ではむらさきいもっこり、千葉ではまめもっこりが出ているそうな。さらには沖縄にはべにいもっこり、長野にはもっこりりんごですか。北海道にもじゃがいもっこりがいます。
各地のもっこりコレクターとか出てくるのかな?

寺沢孝毅さんの写真展に行ってきました

昨日、寺沢孝毅さんの写真展に行ってきました。
寺沢さんは天売島に在住し、天売島以外にも知床・千島などで生物の写真を中心に活動されている写真家です。「アザラシに会いたい」(たくさんのふしぎ2005年3月号)や「知床のアザラシ」という著書もありアザラシ好きには縁のあるお名前かと思います。
その寺沢さんの写真展が10/30から11/7まで札幌の紀伊国屋で開かれていました。先週は阿寒やら道北方面に行っていたので、ようやく最終日の昨日に行くことができました。
私としては寺沢さんの写真が見れて、何かアザラシの関連本やポストカードでも買えればいいなぁと思って行ったのですが、写真展には寺沢さんご本人がいらっしゃっていましてちょっとびっくりしました。「うわ~」ってなもんです。私は人見知りもしますし、さらにfauraとかで寺沢さんの作品を見てすごい写真を撮る方だなぁと思っていたので緊張もします。
「私はアザラシが好きなもので9月に天売島まで行ってきたのですが…」という話から切り出し、天売のアザラシや知床のアザラシ、その撮影の様子などいろいろ聞かせていただくことができました。体のでかい変なアザラシマニアの話も聞いてくださった寺沢さんに感謝。
写真展で展示されていたアザラシの写真もポストカードになって販売されており、クラカケアザラシの赤子の写真、ゴマフアザラシの写真のポストカードを入手することができほくほく顔で帰宅しました。