また反捕鯨団体が騒いでいます

http://www.afpbb.com/article/1282703(ソース)
【シドニー/オーストラリア 30日 AFP】「捕鯨船への体当たりも辞さない」という攻撃的な活動手法で知られる反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」が、このほど、日本の捕鯨船の居場所に関する情報提供者に2万5000ドル(約300万円)を提供すると発表した。
~中略~
 「シー・シェパード」は、同団体が所有するFarley Mowat号の他にも、高速船とヘリコプターを投入し、14か国からの総勢70人という布陣で、日本の捕鯨船6隻を追跡している。しかし、追跡は3週間にも及んでおり、今後2-3週間で発見できない場合は燃料の補給のため港に帰還せざるをえず、焦りが見え始めている。
 ニュージーランド政府は19日、日本の捕鯨船がクジラの殺りくを行っている映像を公開。同政府は日本の捕鯨には反対する立場をとっているものの、捕鯨船の位置情報の公開は拒否している。クリス・カーター(Chris Carter)環境保全相は、先だって、同団体の追跡が暴力に発展する可能性への危ぐを表明している。
~後略~
捕鯨を止めさせるために船をぶつけるのですか。
船をぶつけて油が漏れたりしたら、それこそ海を汚して動物に悪影響を与えてしまうような気もします。
環境保護団体というのは高額な懸賞金を出せるほど潤っているんですねー。いいなー。
環境・動物保護団体がアレなことはさんざん触れてきたので今回はスルーします。
今日はニュージーランドについて書きましょう。(ニュースからは、なんとなくニュージーランド政府もこの反捕鯨団体にはどん引きになっているような気もしますが…)
>ニュージーランド政府は19日、日本の捕鯨船がクジラの殺りくを行っている映像を公開。
 捕鯨の映像は日本ではさんざん公開されていますし、日本には捕鯨に関する博物館さえあります。わざわざニュージーランド政府が公開しなくても日本は文化的背景を含めた資料を用意しています。
 捕鯨に反対するニュージーランドの環境政策が素晴らしいのかと言うと首を傾げざるをえません。例えば南氷洋に暮らすクジラとも関連がふかーーい温暖化防止政策について紹介しましょう。
 京都議定書ではニュージーランドに対し温室効果ガスの削減は課されていません。先進国ですけどね。
 その理由はこちらが詳しいですが、かいつまんで紹介すると「ニュージーランドは、発電に石油を使っていないから一切下げない!」という主張です。
 ニュージーランドの発電に石油は使ってないかもしれませんが、天然ガスや石炭といった化石燃料は使っています(比率は小さいですけどね)。また二酸化炭素の排出源は石油だけではありませんし、石油の使い道も発電だけではありません。例えば車を動かすガソリンや捕鯨船を追いかけるヘリと船を動かす燃料も石油な訳です。
 そういうのを無視して「発電で石油を使わないから、二酸化炭素の排出量を下げない!」と主張するのはなかなかな国だと思います。
 またニュージーランドは牧畜が盛んな国で二酸化炭素排出の半分は牧畜業から排出されるといいます。牛を食べることに反対な人たちが「牛は可愛いしゲップには温室効果ガスが含まれるし、さらに大量の穀物を食ってそのほとんどをウンコで排出するというものすごーーーく無駄が多いから、商業的な牛の飼育及び屠殺に反対」と言ったらこの国はどういう対応をするのでしょうか?ちょっと見てみたいです。
(この文は急いで書いたものです。後日管理人の手により変更が加えられるかもしれません。)

抜海港~アザラシ観察所の移転と簡易バリケードの設置~

抜海港のゴマフアザラシに動きがあった模様です。ソースは北海道宗谷支庁のメールマガジン。
該当部分の一部を引用します。(改行は私が適当に入れました))
◆ 抜海漁港でアザラシをもっと観察しやすくなります
 稚内市では、抜海漁港に設けているゴマフアザラシの観察所を岸壁の近くに移設しました。
 ゴマフアザラシは岸壁から数十メートル離れた消波ブロック付近で見ることができ、1月18日現在で144頭が確認されています。観察所は、これまで海から約50メートル離れた陸側にあったため、ゴマフアザラシを見るためには観察所から外に出なければなりませんでした。
今回の移設後は、観察所内から肉眼で確認できるようになるため、強い寒風に凍えることなく、ゆっくりと観察ができることになります。
観察所の開設は3月までで、時間は午前9時から午後4時まで。観察用の望遠鏡や双眼鏡の貸し出しはしていないため、持参してください。
 また、抜海漁港では海の近くまで行き、アザラシを眺める観光客や市民が多いことから、稚内市、稚内警察署及び稚内開発建設部で協議を実施。
路面凍結や強風による海中転落事故を防止するため、簡易バリケードの設置を決定しました。これにより、岸壁の幅12m、長さ約50mが原則として立ち入り禁止とされました。
各機関では、事故無く安全にアザラシ観察を楽しむよう、注意を呼びかけています。
 重要な点は観察所の移設と簡易バリケードの設置。
 観察所の移設は確かにありがたいです。私もこの観察所に行ったことがありますが、ちょっと海から離れているので、観察所から直接アザラシを見るには厳しい物がありました。
ですので観光客の面からは歓迎なのですが、変な物が岸壁にできたなぁと、アザラシが驚かないかちょっと心配です。すぐ慣れてしまうような気がしますが…。
 もうひとつの簡易バリケードに関して。確かに路面凍結や強風がふくと岸壁に立つのはかなり危険なような気がします。アザラシを見つけてはしゃぐ子供もいそうですし。よってアザラシが見難くならないならばこの処置は歓迎です。
 ただ「岸壁の幅12m、長さ約50mが原則として立ち入り禁止」という部分がちょっと気になります。
岸壁から直接アザラシを見ることが出来なくなったのかな?岸壁から見ることができるのは移設された観察所からのみ?観察所の窓越しにしかアザラシがみられないのかな?
メールだけではどのような状況か分かりませんが、現地に行く機会がありましたら確認して報告いたします。
 もひとつ宗谷支庁のメールマガジンで小ねたがあったので紹介します。
◆ 「わっかない南極物語」開催
 稚内冬季観光振興実行委員会では、冬季イベント事業として2月2日~3月11日まで、稚内青少年科学館及び寒流水族館と合同のイベント、「わっかない南極物語」を開催します。
期間は、2月2日から3月11日までの毎週金・土・日曜日。午後4時~午後6時までの2時間をイベント時間として開放。
(中略) 
 一方、水族館では、フウセンウオとクリオネの拡大展示や、アザラシ池のライトアップ、アイスキャンドルゲートなどで幻想的なイメージに飾り立てます。
(後略)
 アザラシ池のライトアップ。アザラシが闇夜にヌボーっと浮かび上がるのでしょうか。ちょっと見てみたいです(^^)

FENEK 2007年2月号にアザラシ記事を書きました

大学院の論文発表会が先週の金曜日に終わり、一昨日は朝方まで飲んでました。
あとはこの勢いで論文をどぼっと提出すればいいのですが、微妙にやる気が萎えています。
提出が終わったら楽しい楽しいアザラシ旅行に出る予定なのでそれを楽しみに、もう少しもふっとがんばります。
さてさて、ここ最近忙しくてお知らせすることができなかったのですが、
講談社が出しているFENEK 2007年2月号(1月10日発売)にアザラシに関する文を書きました。
FENEKという雑誌は編集部の方の言葉を借りると「アウトドアとクルマの月刊誌」とのこと。
その新年一発目の発売号の「1年12ヶ月のアウトドア計画」という特集の二月の部分に私が書いたアザラシの記事が小さく載っております。
見本誌がまだ私の手元に届いていなく、私自身も忙しくて書店でぱらぱらと記事を確認した程度なのですが、小さい記事とはいえ、自分のアザラシの写真や文が載っているのは嬉しい物でした。
私は記事用にかなり硬い文を送った記憶があるのですが、編集の方が雑誌の色に合わせたのか、私の文がかなり軟らかい調子に改められていたのがちょっと面白かったです(^^)
記事の内容は野生アザラシの生息地に関する話と、網走湖のアザラシの写真・あととっかりセンターのコムすびの写真が載っていたと思います。
他の月の「アウトドア計画」の話も面白そうだったので見本誌が届いたら読んでみたいと思います。
追記)掲載誌が届いたので記事の画像を掲載いたします。
IMG_4383.jpg

こちらは表紙↓
IMG_4392.jpg

甥を洗脳したい

以前ブログに登場したことのある私の(1歳3ヶ月)が鴨川シーワールドでデビューをしたと兄からメールが来ました。
甥はイルカを見て大興奮したとのこと。アザラシではなくイルカであったのが若干気にかかるところですが、まずは海獣好きなようでこっちの世界に住む素質はありそうです。今後は叔父さんとしてイルカからアザラシにシフトしていくようにいろいろモーションをかけていこうと思います。
さてさて紋別ではとっかりセンターの子供アザラシたちが海に帰ったそうです。詳細についてはpramonさんあや☆さんのサイトをご覧ください。
たくましく育っていってほしいものです。

センター試験の話

今日・明日はセンター試験ですね。受験生の方がここを見ているとは到底思えませんが、実力を出しきってほしいものです。
私の大学も試験会場なので、受験生・報道陣・不動産の広告配りがいっぱいいました。不動産の広告配りというのは大学の出口のところで、大学近くの物件を載せた冊子状のパンフレットを配るのです。センター試験の受験生に私の大学近辺の物件の載ったパンフレットを配っても意味の無いような気がするのですが、それはそれ。私も構内をうろうろしていたらいっぱい受け取りました。まだまだ受験生と間違われるくらい若いってことなのでしょうか。それとも修論に追い詰められている私の顔が6浪くらいで追い詰められている受験生っぽく見えたのでしょうか。うーん…。
大学受験とかセンター試験とかはもう遙かな思い出の域です。7~8年くらい経ったかな。懐かしいです。受験生の皆さんに素敵な春が訪れますように。
これほしいなぁ→これ

流氷速報の進歩

(改訂のお知らせ:従来の流氷速報に使われている衛星画像へのリンクを張り、記事に大幅に加筆を加えました。タイトルも変えました。)
北海道北東岸に流氷が近づいてきているようです。流氷情報サイトを載せておきましょう。
おすすめ流氷分布速報サイトはこちら。
オホーツク海の海氷分布(毎日更新)

赤い場所が流氷が厚い場所を表します。
これは日本の宇宙開発事業団(NASDA 現在はJAXAに統合)が開発したAMSR-Eセンサで流氷を観測しているそうな。
従来の観測方式よりこいつの観測がすごいところは、「夜間でも雲が出ていても観測ができるということ」です。
AMSR-Eによる観測の原理は「地上からの微弱な電波(マイクロ波)を複数の周波数帯で高精度に観測する」とのこと。
また流氷の他にも黒潮の状態やエルニーニョ現象の状態、水蒸気量、雲水量、降水、海面水温、海上風速、積雪、土壌水分なんかもわかるそうです。
この技術を突き詰めていけば宇宙から全ての気象情報がわかってしまうのですかね。風速・降水もわかるとしたらAMEDASがいらくなるかもしれませんね。
アナログチックなAMEDAS好きな管理人としては寂しい限りですが…。AMSR-Eは気温観測は無理なのかな?でもAMEDASの存在価値が気温だけというのも寂しいですし、気温も衛星から観測できそうなもんです(^^;
去年もこのブログ辺りで紹介したかもしれませんが、現在のところ、一番メジャーな流氷分布速報といったら第一海保の流氷情報センターのものでしょう。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/1center.html
ただ、ここのデータは「雲の影響で観測が不可」ということが多く、もどかしい思いをすることもありました。
ここの流氷分布図は衛星に搭載された人間の目に近い(マイクロ波という怪しい物を観測するAMSR-Eよりはという意味で人間の目に近い…)MODISという光学センサの観測データを用いているので雲の影響を受けるわけです。
流氷情報センターの速報図の基になるMODISが捉えている画像は、以下のサイトで見られます。
Terra衛星MODISによるオホーツク海の海氷観測(毎日更新)
人間にとってはAMSR-Eよりとっつきやすい画像だと思います。さすが光学センサ。(かなり補正されているはずですが…)
今日(1/16)の画像だとサハリンの東に流氷があるのがはっきりと写っています。
でも雲の影響で見えなくなっている部分もあります。
冬は雲が出る日も多いので、流氷マニアにとっては雲の影響を受けないAMSR-Eのもたらす情報はありがたいです。
専門ではないのですが、AMSR-Eの凄さはなんとなく伝わってきました。観測機器も進歩して流氷速報の精度もよくなって欲しいです。
各観測用センサについては、私が怪しい説明をするのも気が引けるので、詳細については下記サイトをご覧ください(^^;
NASDA内 AMSR-Eとは
http://www.nasda.go.jp/projects/sat/aqua/index_j.html
JAXA内 AMSR、AMSR-Eのページ
http://sharaku.eorc.jaxa.jp/AMSR/index_j.htm
JAXA内 MODIS Near Real Time Data MODISのいろいろなリアルタイム画像が見られます。
http://kuroshio.eorc.jaxa.jp/ADEOS/mod_nrt_new/index.html
MODISとは?
http://www.fisher-info.com/info/modis.htm