網走湖湖口の野生のゴマフアザラシ 2007年2月28日

 

2007年2月25日、ちょうど一年前に野生アザラシが転がっているのを見た網走湖にそろそろアザラシが転がっているかなと思い見に行ってきました。実は2週間前の2007年2月11日にもここを訪れていたのですが、そのときはアザラシを見ることは出来ませんでした。

今回の訪問は夜行列車で札幌を発ち、2月25日(日)の早朝6時15分に網走駅に着き、その後レンタカーを借りて網走周辺を周り、その日の札幌行き最終 列車で帰ってくるというなかなかの強行軍日程です。ちなみに今回はJRの切符・網走の流氷砕氷船おーろら号・夜行リフレッシュクーポン(朝食バイキング・ 入浴)がセットになっている切符(13500円)を使いました。網走~札幌を往復するならバスの往復のほうが安いのですが、おーろら号のチケットに加え、 シーズン中は6時30分から営業している駅レンタカーを割引料金で使えるのもこの切符の魅力です。レンタカーがないと早朝の網走での移動の手段が無いです から…。ただ、せっかく早朝 からレンタカーを予約したものの、携帯電話を特急の中で落としてしまいそれを探していただいて出発が7時30分くらいになるという失態を管理人はしてしま いましたが…。(携帯電話は無事に見つかりました。)

何はともあれ朝ごはんを食べて、網走湖湖口に向かいます。湖口に着き遠めに見ると去年アザラシを見た付近に何かモコモコしているのがいっぱい群れていました!
アザラシかと思い近づいてみると…。


早朝の網走湖。
まだ太陽が昇りきっていないので湖面には影があります。氷の上になにやらモコモコしたのが転がっています。

近づいてみると首を体に突っ込んで寝ているハクチョウでした…。アザラシマニアはがっかりします。鳥マニアにとってはハクチョウのほうがありがたいかもしれませんが…。

網走湖の下流にある塩水溯上阻止実験ゲート。
網走湖に高潮時に海水が入って来るのを阻止するためのものらしいです。去年もあったけどアザラシはいました。今年はこいつが活躍しアザラシの溯上も阻止しているのかと疑いました。

辺りを見回してもアザラシの姿は ありません。ここは網走湖と網走川の湖口の境にアザラシがいなければアザラシは見られません。粘るのも手ですが網走川~オホーツク海の間にいるかもしれな いですし、それほど数は見られない場所ですし、この日は流氷砕氷船にも乗る予定ですし、アザラシが見られる可能性の高い同じ網走の能取岬にも行く予定ですので、一回この場所を離れます。

能取岬で野生のアザラシを見てから、おーろら号で流氷のほとんど無い海を航海した後、再び網走湖を見に来ます。2週前に来たときもアザラシはいませ んでしたし、今年は「アザラシが網走湖に溯上してきた」という話を全く聞いていなかったので、8割方「いないだろうな…」と思いながら到着します。

しかし、ハクチョウとは明らかに違うモコモコしたのがごろんと転がっていました。車の中からでも「アザラシ」とわかりました。ハクチョウも起きて凍った湖の上を歩いていました。


動画(3.31MB)

網走湖上に転がるアザラシ。
ころがっとるだけなのであまり動きの無い動画です。
網走湖は幹線国道に面しているので車の音が動画に入っています。

動画(599KB)

本日転がっていたのはこの一頭だけ。
体の上半分は乾いていました。これも動きの無い動画…。

網走湖のハクチョウとアザラシ(奥)。
お互いに無関心のように見えました。

飛び立つハクチョウを眺めるアザラシ。

カメラの広角側で撮るとこんな具合です。
去年より氷の張り具合が甘いせいか若干アザラシが遠かったかも。

一頭で転がっていました。
哀愁が漂っていました。

この日は夕方近くまで網走にいました。
日没の網走湖。

夕暮れの中、一頭で氷の上に転がるアザラシ。
そのはぐれっぷりに、ちょっと親近感。

札幌~網走発着の特急の車内から網走湖を林越し見ることが出来ます。アザラシが転がっている付近も通るので、帰りの列車の車内からその付近 を撮った見ました。もうほぼ夜でアザラシは鮮明に写っていませんが、生息地付近の確認は可能でした。アザラシが見られるのはおそらく2~3秒ですが、網走発着の 特急に乗った際は網走湖に注意してみてはいかがでしょうか。
双眼鏡があったほうがいいかな?

2007年2月28日作成

網走アザラシ旅行

先回のブログにも書いたとおり網走に流氷やアザラシを探しに来ました。
土曜の昼間に用事があったため昨夜の夜行で札幌を発ち朝からレンタカーを借りて網走を回り、ただ今札幌行きの特急の車内です。
おそらく札幌に着いたらパソコンを立ち上げる気力も無くそのまま寝てしまうでしょうから、列車内から今回の旅行の釣果を報告します。
1)流氷-流氷本体は沖に出てしまい流氷は見られずでしたがはぐれ氷や浜に押し寄せた氷は沢山ありました。
2)アザラシ-能取岬と網走湖で野生のゴマフアザラシを見ました。網走湖は昨年のレポと同じ場所に転がっていました。能取岬は今まで見た野生アザラシの中で最も遠くにアザラシいて、しかも上陸個体はおらず、遊泳しているアザラシのみ、流氷の残骸や水鳥がアザラシの頭っぽく見えるという観察にはかなり厳しい条件でした。写真のほうもおそらく鮮明には写ってないでしよう(^_^;
3)その他-流氷砕氷船のおーろら号からはオオワシを二羽、おーろら号から見かけました。オオワシは線路・道路端にもいました。白鳥も濤沸湖、網走湖、能取岬でたくさんみかけました。カモ、カモメの類も沢山見ました。鳥の種類をよく知らないのがちょっと悔しい。勉強したくなりました〓
ざっと振り返るとこんなとこです。強行軍日程にしては実りの多い訪問でした(^ー^)
明日からは普通に平日生活です。三週連続して週末はアザラシの尻を追い掛けています。過労死しないようにしないと、自分。

能取岬の流氷とゴマフアザラシ 2007年2月25日

 2007年2月25日、網走の流氷と網走湖の野生アザラシを見に行ってきました。その際、網走市の能取岬でもアザラシを見たのでその様子を紹介します。

 今回の訪問は夜行列車で札幌を発ち、2月25日(日)の早朝6時15分に網走駅に着き、その後レンタカーを借りて網走周辺を周り、その日の札幌行き最終 列車で帰ってくる日程でした。
 網走に到着後、朝食を食べ、網走湖を回った後に能取岬に向かいます。

 能取岬は去年の2月にも来ていましたし、今年の2月11日、つまりこの日の二週間前にも訪れていたのですが、これまでアザラシは確認していませんでした。ネットや 本で調べてみるとアザラシが生息しているかも、という情報は多いようですが、これまでは2連敗。私にとってはなかなか思うようにアザラシを発見できない戦地です。

 さてさて今回はどんなもんかという思いで到着します。能取岬は断崖上になっており、崖上から海を眺めます。この日は流氷シーズンの日曜日で時折観光バス も やってきますが、普通の観光客の皆さんは駐車場周辺を散策してすぐバスに戻ってしまいます。寒いですし、風景以外に特に見るものも無いのですが崖下の野生動物を無視するのは少しさびしい…。この日は晴 れて風は無いものの、崖上は雪が積もったり凍りついたりしているので、私は長靴を履いてうろうろします。断崖は数百mに渡りつながっているので、その上を歩 き、時折止まり双眼鏡で丹念に海を見て行きます。

 この日の能取岬から見た海は流氷の切れっぱしやカモ・カモメ・ハクチョウなどの水鳥が浮いていました。流氷帯ははるか数キロ沖にあるようでしたが、能取岬の崖下には押し寄せて打ちあがった氷が堆積していました。


能取岬に押し寄せている流氷。


能取岬の崖上から崖下を見てみると流氷が堆積していました。


左が能取岬灯台。
なかなか綺麗な灯台です。

能取岬の崖です。

 ぱっと崖下の流氷を見ると、氷の上にアザラシの姿は無く、いい加減寒くなって帰りたくなってきたのですが、ふと双眼鏡の視界に海からひょこひょこ顔を出して泳いでいるアザラシの姿見つけました!訪問三回目にして漸く見つけました。
 泳いでいたのはおそらくゴマフアザラシ。2007年2月現在このサイトで紹介している野生アザラシ生息地の中で最も遠くにアザラシがいました。距離は200~300mくらいか な?肉眼ではもちろん見えません。双眼鏡を使っても「ここにはアザラシがいるかも」ということが頭に入っていないと気付かないのではと思います。特に水の上に浮かぶ水鳥と氷のきれっぱしとアザラシの頭が同じくらいの大きさに見えて紛らわしいことこの上なかったです。

 アザラシに目が馴れると結構な数のアザラシが泳いでいることに気付きました。ぱーっと海上に顔を出しているアザラシを数えただけでも20頭以上はいました。


動画(751KB)

赤丸で囲ったのがアザラシの頭。
動画はアザラシが確認できる代物ではないのですが雰囲気が伝わるかもと思い置いておきます。

 


等倍で切り抜くとこんな写真。
ひょこひょこ海にもぐったりするのでなかなか写真は撮れませんでした。連写して数うちゃあたるの理論で撮りまくりです。


写真奥を見ているアザラシですね。


こちら側を向いているアザラシの頭部

この写真には5頭のアザラシが写っています。


3頭のアザラシの頭部。
上陸してほしかったなぁ。

これも赤丸でアザラシ部分を囲っておきました。
左上に紛らわしい鳥が写っとります…。アザラシは4頭。


写真の一部を切り抜き
アザラシの背中です。

 1時間位アザラシを見たあと、正午の網走港発の流氷砕氷船を予約していたので、一回能取岬を離れます。
この航海ではアザラシは見られなかったのですがかなり近い距離で氷の上に止まるオオワシを見られたので個人的には満足しました。この航海の様子はこのページの最下部に一部の写真を載せています。

 さて朝の能取訪問ではかなり遠くのアザラシしか見ることが出来なかったので砕氷船を降りた後、再び能取岬を訪れます。今度はアザラシが氷の上にでも上陸していればいいなという想いです。

  が、午後の能取岬は干潮で岩礁が露出しており、かつ風が強くなっており午前とはずいぶん様相が違っていました。波も高くなってきていました。それでも波間 を泳いでいるアザラシを見つけることは出来ました。上陸しているアザラシは皆無。アザラシまでの距離は朝とあまり変わりませんでした。

午前の写真と比較して、波が高くなっている様子がお分かりいただけるかと思います。


写真の切り抜き。
アザラシの背中が写っていました。

このサイズまで縮小すると何が何やらですね(^^;


写真の切り抜き

上と同様


上と同様に写真一部の切り抜き

上と同様


今度は二頭写っていました。
手前を向いているのと横を向いているアザラシです。


二頭が向かい合っている姿です。
しかしアザラシまで遠かったなぁ。


この写真は午後撮影。岩礁が露出しているのがお分かりいただけるかと思います。

 

 

以下おまけ~網走港発の流氷砕氷船~

 アザラシも流氷も見れませんでしたが、網走後発の砕氷船の様子も紹介します。オオワシを何羽か見かけることが出来ました。


網走港港内の様子。
港内で結氷した氷が浮かんでいました。


流氷砕氷船おーろら2号。
網走の砕氷船はおーろらとおーろら2の2隻体制。


流氷のはぐれ氷の上にオオワシが止まっていました。
後ろは網走の住宅。


上で紹介した能取岬の断崖を船上から撮影してみました。


はぐれ氷の上にいたオオワシ。
距離は30~70mくらいかな?結構近かった。


本日の網走沖。
流氷はありません。左上の写真や上の能取岬を撮影した写真にも写っていますが、たまにはぐれ流氷が浮いていたりしました。

2007年2月28日作成

札幌発流氷バスツアー。

札幌から日帰りで流氷を見る日帰りバスツアーがあります。
コースは札幌を朝出て、紋別のがリンコ号に載って、お弁当を食べてそのまま札幌に帰るというコース。
何社かが開催しているようで(例えばこちらやこちら)値段の相場は6000円程度。すんごい安いです。
まともに札幌から自家用車で行く際の料金を計算してみました。、
札幌~紋別のガソリン代・日帰りなら高速代・ガリンコ号代がかかります。
札幌~紋別は282kmで往復564km。20km/lで走ったとしても28.2lのガソリンが必要です。
先週給油した時は113円/lだったのでガソリンだけで3200円ほど。
高速料金は札幌北~比布ジャンクションで普通車4000円。往復8000円。
ガリンコ号は大人一人3000円。
計14200円。
高速をケチっても計6000円程度はかかるでしょうから、
私なら冬道を運転をしなくてもよく、お弁当も出るバスツアーのほうを選びます。
ちなみに札幌~紋別間の路線バスは片道4790円。
こんなに安くてやっていけるのか心配になりますが、
やっていけるからこういったツアーが組まれるのでしょう。
日帰り紋別でも結構な強行なツアーですが、もっと過激な流氷バスツアーを見つけました。
【夜行バス】「二大砕氷船に乗るぞ!紋別ガリンコ号Ⅱと網走砕氷船おーろら乗船」http://www.new-holiday.com/rainbow/d2_shousai.php?id=493 
値段はガリンコだけのより若干高めですが、それでも十分安い。
その日程は私のような流氷マニアのためにあるような夜に札幌を発ち一日で網走と紋別の砕氷船に乗って帰ってくるという超強行軍0泊2日。早速今週末のツアーを申し込みました。
、、、が、その濃すぎる日程ゆえか最少催行人数が集まらずツアーは中止になったとのこと。
2月の週末に中止になるということはかなり開催されにくそうです(^^;
そこまで気合の入って流氷を見る人は少ないのかな。そういえば札幌出身の友人は流氷を見たことがないと主張する人が多かったです…。
さて今週末の紋別日帰りツアーは満席のようでしたし、一泊以上の旅行でツアーに参加するのも時間の無駄が多そうなので、
今週末はバスではなくJRの夜行で0泊2日網走流氷旅行に行くことにしました。
これも企画型切符で行き帰りのJRの切符と網走の砕氷船のおーろら号のチケットを渡されただけのほぼ個人旅行ですね。
値段は大人一人で13500円。バスより高いですがおーろら号のチケットに加え、
ホテルでの朝食バイキングがついています。自由に使える時間も多いしレンタカーも安く借りられたし。
流氷はもちろん濤沸湖近辺でワシ・カモ類を見たいなと思っています。
上記のバスツアーだと流氷がなかったら目も当てられないですが、この旅行は自由時間が多いのでいろいろ好きに動けるのはありがたいですね。
あとは流氷が北に行かないように、風が南に回らないことを祈るのみです。

新しいアザラシ用のデジタルカメラを買いました

2月9日にあたらしいデジタルカメラを買いました。
2月9日は修士論文の提出日・翌10・11日は紋別へ行って流氷を見る予定だったのでそれに合わせてカメラを新調しようと計画をしていました。
今まで使っていたのはCanonのPowershotS1ISというカメラです。
バリアングル液晶・単三電池・10倍ズーム(38-380mm)・手ぶれ補正機能付きという野生のアザラシを撮るには使い勝手のよいデジタルカメラでした。
サイトで載せている静止画はもちろん動画もこのカメラで撮っていました。
動画撮影中にズーム機能も使えるし動画自体も640×480px・30fpsと綺麗に撮れました。
(サイトに上げているのは容量の関係上かなり圧縮をしていますが)
しかし、画素数が320万画素と今の基準ではかなり寂しい数字ですし、天売・宗谷漁港など遠くのアザラシを撮る時はもう一つ遠くまで写るのがいいなぁ、と思っていました。
というわけで自分の修論提出を祝って新しいカメラを買いましたよっ。
買ったのはCanonのPowershotS3IS。名前の通り今までのカメラの2代後の後継機種です。
現在S4IS発表の噂も流れていますが、アザラシシーズンは今が真っ盛り。
旬を逃すわけには行かないので決断しました。
DSCF3859.jpg
左が新しいS3IS、右が今までのS1IS
私がデジタルカメラを買う際に想定するのは、北海道の海岸で遠くのアザラシを撮るという状況です。
ですので高倍率な望遠は必須機能です。
電池も専用電池よりは、万一の場合、田舎の商店でも買える単三電池が使用可能なほうがいい。
望遠をぶわっとして撮ると手ぶれをしやすいので手ぶれ補正も欲しい。
S1IS並みの動画機能(映像の質はもちろん撮影中のズームが可能であるとか…)が欲しい。
ということで絞っていくと結局S1ISの後継のS3ISしか残らない訳です。
S1ISが使いやすくて気に入ったというのもS3ISを選んだ理由の一つです。
先代との主な違いは光学ズームが10倍から12倍になり焦点距離が38-380mmから36-432mmとなり、また画素数も320万→600万画素に増えました。
よって以前より遠くのアザラシをより鮮明に記録できるのではないかなと思います。
さらにOLYMPUSのTCON-17という1.7倍のテレコンもあわせて買いました。これを組み合わせると最望遠時の焦点距離は734mm。
DSCF3866.jpg
S3ISとテレコン。
DSCF3868.jpg
テレコンを装着してみるとこんな感じ。ずいぶん重くなりました。
DSCF3877.jpg
カメラを横から見ると、本体よりレンズ部のほうがでかいです。
こんな焦点距離のコンパクトデジタルカメラでまともなアザラシの写真が撮れるか心配でもあり楽しみでもあります。使いこなせるのかな…。
画像に出てこないような使用者にとってありがたい改善も一杯あり、先代の機種より快適に撮影できるようになっていました。
ピントが合うまでの時間がものすごく短縮されておりびっくりしました。シャッターのタイムラグも短くなっていましたし、動物を撮るにはありがたい改善です。
電源を入れてからの立ち上がりも早い。今のデジタルカメラってここまで進歩しているのですね。いやー快適です。
実際に撮影した写真をお見せしたいと思います。
先週行ってきた積丹半島で野生アザラシを見てきた際、新旧のカメラを持っていって撮影してきたので比較してみました。
三脚を持っていかなかったのでぶれがつらかった。
IMG_1098.jpg
↑S3ISのテレ(望遠)側で最高・最大画質で撮影した画像からアザラシ付近を等倍(350px×262px)で切り抜いて30KBに圧縮した画像焦点距離は432mm。
IMG_1138.jpg
↑3ISに1.7倍のテレコン(OLYMPUS TCON-17)をつけてテレ側で撮影し同様に等倍で切り抜き圧縮した画像。

が、コンパクトデジタルカメラのレンズにテレコンをはめておりレンズに無理をさせているのか色収差がひどく画質はご覧の通り。写らないと話にならないわけですし、サイト用に等倍で切り抜く場面はほとんど無いのですが…。
また734mmで三脚を使わずに撮影したせいもありぶれているのかな?さすがに手持ちはきつかったです(^^;
撮影者的にもファインダーを覗いていると、自分の手ぶれで酔いそうになるという嫌な初体験をしました。カメラに載っている手ぶれ補正もおっつかないのでしょう。
もうちょっとカメラ自体の設定やフィルターを探ってみようかなと思いますが、現在のコンパクトデジカメの限界な気もします。
よくわからんですがデジ一眼で300mm程度の良いレンズを使ったほうが綺麗に写るのではないかな?
でもそれよりはるかに安い投資でここまでアザラシに寄る事のできる日本のカメラメーカーの技術力も大した物だと思います。
これ以上となると一眼でしょうか…。一眼レフもいろいろあるし、何より良い望遠レンズとなると、ヨドバシカメラのガラスのケースに赤い布を敷かれて置いてあり、私の現在の3ヶ月分の生活資金より高い値札がついているようなあいつ等ですよね。うひゃ。
高級な一眼レフのデジタルカメラを一回くらいはレンタルして使ってみたい気もしますが、知らないほうがいい世界な気もします(^^;

石狩湾新港の野生オットセイ? 2007年2月22日

本日、札幌は快晴でして、部屋に篭っているのが嫌になったので午後から海のほうに行ってきました。平日の真昼間からこういうことができるのも学生ならではです。
目的というほどのものはなかったのですが、最近新しいデジタルカメラを買ったのでその練習で何か動物を撮りたかったのと、海ワシでも見られたら良いなという気持ちで札幌市の北にある石狩方面へ行ってきました。

まずは港に行けばカモメがいっぱいいるからカモメ達でカメラの練習をしようと安易に思い、石狩湾新港という港へ。思惑通りカモメがうようよいます。で、車 の中でデジカメをセットしているとなにやら黒い動物が泳いでいるのが視界の隅に入りました。しかも車を止めた堤防から5mほどのところを。
泳いでいたのはおそらくオットセイ。キタオットセイかな??私が来る前からうろうろしていたのでしょう。


動画(1.03MB)

泳いでいたオットセイ。目の前を悠々と泳いでいました。

耳たぶが写っていますからアザラシではありません。
アシカの仲間ですね。キタオットセイだと思いますが
専門ではないのでちょっとわかりません(^^;

堤防の脇を泳いでいます。右下のテトラがこちらの岸。
非常に岸近くを泳いでいました。

石狩湾新港は釣り人でにぎわっていましたが
オットセイを見ている人は皆無でした。
オットセイは5分くらいうろうろしてから姿を消してしまいました。

オットセイは港に迷い込んじゃったのかな?定住はしていないと思いますが…(^^;

2007年2月22日作成