鶴岡市立加茂水族館 山形旅行②

7月21日の海の日は鶴岡市の鶴岡市立加茂水族館を訪問しました。クラゲの飼育数日本一でクラゲの展示「クラネタリウム」で有名な水族館です。小さいながらもクラゲという個性を出している水族館です。アザラシで言えばゴマフアザラシのみを飼育している水族館ですが、ここ数年は毎年子供が産まれており飼育の質の高い水族館です。個人的には2005年の3月21日に訪問しました。この時も生まれたてのアザラシの子供を目的に行った覚えがあります。あれからもう3年経ちましたか。長かったような短かったような・・・。あの頃はまだ学生で楽しかったなぁ、このサイトもまだ開いてないしってなもんです。
さて、現在に時間を戻します。この日は海の日。たくさんの人が水族館にて館内はごった返していました。天気も快晴で日差しが強く暑い日でした。アザラシプールは屋外にあり日光をさえぎる物は無いのでお客さんもあまり長居しないので私には好都合でしたが、私自身も強烈な日差しにかなり参りました。
それでもアザラシたちは元気一杯に泳いでいました。
IMG_1054.jpg
加茂水族館のプールの水はきれいでした。きれいな水にに泳ぐアザラシ。涼しげでいいですなぁ。
IMG_1256.jpg
加茂水族館のアザラシ。ゴマフアザラシのみの飼育です。腕の短いアザラシって素敵ですね。
IMG_1159.jpg
こいつは今年生まれたまちこ。てるてる坊主みたいになっていました。アザラシ自体海坊主みたいなもんですが。いずれにせよ坊主です。
IMG_1323.jpg
この写真もまちこ。水の中で魂のような物体になっていました。
IMG_1368.jpg
今年産まれたけんた。まちこと同い年です。けんたはプールの隅で居眠りしているようでほとんど泳いでいませんでした。じーっと沈んだり、たまに息継ぎのため、ぬぼーっと水面に顔を出してまたじーっと沈んでいく。そんな繰り返しです。
IMG_0964.jpg
加茂水族館の代名詞クラゲ。じーっと見ていると規則的な動きに吸い込まれます。見とれて痛いのですがこの日は大混雑でおちおちクラゲを眺めてもいられません。人のいない時期に着てみたいです。初冬の平日の朝とか。
ちょっと混雑しすぎる館内と強烈な夏の日差しに追われるように館内を後にします。もうちょっとじっくり見たいところでした。先年にお世話になった職員さんにも少しお会いしたかったのですが、混雑しているのでお忙しいだろうと思いそのまま出ます。
鶴岡からは仙台へ戻ります。時間もあまりなかったので高速をすっ飛ばして仙台に帰ります。今回の旅行は行き当たりばったりなわりになかなか充実した旅行でした。東北は奥深いです。自然も多いし、民俗も面白い物が多いです。食べ物も良いし、温泉も豊富。これからは青森ねぶたに秋田の竿灯など夏祭りも続きますし。次はどこ行くかなー。
おまけ。
IMG_0737jpg
これは来る途中にあった道の駅「月山」で買ったソフトクリームです。山ぶどうソフトクリーム。なかなかです。山形はラフランスからさくらんぼにはじまりだだちゃ豆(枝豆)などのソフトクリームがありました。そういえば加茂水族館ではクラゲソフトクリームとかあったなぁ。

紅花と流しそば、石畳参道と杉並木 山形旅行①

先週の三連休は山形県に行ってきました。
土曜の朝早くに仙台を出て、高速で山形へ。山形の今の花といえば紅花ですね。県の花でもあります。山形市の近郊にはヘ紅花畑が広がっております。紅花は満開をちょっと過ぎた辺りでしたが、まだまだきれいでした。
IMG_0660.jpg
立派なかやぶき屋根の民家の前の畑の紅花
続いて山形県を北上し信仰山の出羽三山へ。まずは湯殿山。湯殿山はご神体の周辺は撮影禁止なので写真はありません。でもレストハウスで面白げな流しそばを発見。その昭和臭さを感じるシステムに思わず腰掛けてしまいます。
IMG_0723.jpg
湯殿山の流しそばシステム。奥のすだれの向こうからそばが流れてきます。ざるにそばを盛ったほうがいろいろと効率が良いのはわかりますがそこをあえて流します。でもすだれ越しにそばを流してくれるおばちゃんが見えるほどの距離からの流しです。侘び寂びの世界です。私は昼時にレストハウスに入りましたが、流しそばはレストランの片隅の一角に構えています。レストランの普通のいす席はそれなりに埋まっているのに、流しそばをやっているお客さんは皆無でした。しかし私が流し蕎麦をやっているとそれを見た小学生低学年の子がお父さんに「流しそばをやりたい」ともうアタック。一家5人が席に着くとそれを見た修験者姿の3人連れも流しそばコーナーへ…という具合にあっという間に大盛況です。
IMG_0728.jpg
この流しそば、味はなかなか良いです。流す水は月山から引いている自然水とのこと。いい味の冷たい水で流してくるわけですからそりゃ美味いわけです。つゆが無くても美味しく食べられそうでした。水って重要ですね。流しそばは一人前600円。ただのイスで食べる暖かいそばもそのくらいの値段でしたので湯殿山を訪れた際には流しそばをおすすめします。
湯殿山の次は月山に行きたかったのですが、月山には雲がかかっており微妙な天気だったので羽黒山へ。麓からは2400余段ある階段の参道を登って本殿へ向かいます。参道の両脇は太い杉並木が続き緑が濃く幽遠な雰囲気です。山頂への途中には国宝の五重塔があり、なかなか見所も多いです。
IMG_0811.jpg
羽黒山杉並木参道。並木の間を縫うように登っていきます。
IMG_0759.jpg
国宝の五重塔です。杉林の中に立っており威厳があります。羽黒山は神社ですが普通は寺院にある五重塔があります。これは出羽三山が神仏習合の修験道の場だった影響だそうな。あんまり詳しくないですが。
五重塔は正面よりも斜めから見たほうが美しいと思いますが、この五重塔の両脇には電柱が立っております。。。(ライトアップ用?)斜めから写真を撮るとどうしてもこの電柱が入ります。仕方ないので電柱を杉の幹で隠したのがこの写真。
この日は私が訪れる少し前に雨も降ったらしく羽黒山全体に靄がかかったような荘厳な雰囲気。草木の葉は伸び、苔も濡れ、山の緑は色の深さを増していました。
IMG_0902.jpg
参道の石段。時折このような急登があります。昔から何人もの修験者が登っていったのでしょうね。私もひいひい言いながら登っていきます。
IMG_0782.jpg
参道の石段。苔の生え具合、石段の磨耗具合からも年季を感じます。雨が降った後なので苔が美しいです。でも石段が滑ることこの上なかったです。
IMG_0827.jpg
石段には時折文字や絵が刻んでいる物があります。これは徳利とお猪口の絵でしょうか?
羽黒山の本殿へは麓から山頂の本殿まで道路が付けられており、大型観光バスも頂上まで乗り入れております。大半の人は車で頂上に行っているようです。でも、羽黒山の最大の魅力は本堂でも五重塔でもなく、修験者の香りが残る石畳の参道とそれをとりまく杉並木が織り成す清冽な空気だと思います。体力と時間とお金のある方は山形の鶴岡の羽黒山まで行って麓から山頂まで歩いてみてください。気分を一新できます。
さて、この日はここまで。翌21日海の日は今年の3月にゴマフアザラシの子供が2頭生まれた鶴岡市立加茂水族館に向かいます。

地震~!

だらだらブログかいてたら地震が来ました!今回は炊飯器が落ちなかったので先回の地震より仙台は揺れなかった気がしますが、揺れの時間は長かったです。おそらく先日の宮城岩手の地震より遠くで大きな地震が起こったのではと思います。心配です。
先ほどヘリが北を目指して何機か飛んでいきました。パトカー?消防車のサイレンも鳴り響いておりますが、仙台は特に被害は無いようですからこれも被災地に向かうのかな?
私も明日からまた地震の対応に追われそうです。被害が無いと良いのですが…。
今日はもう寝ます。おやすみなさい。

スーパーカブ

 (今回のエントリは下書き状態のものが公開されていたようです。失礼しました。)
 最近忙しくて更新の頻度が開いてしまいました。皆さんお久しぶりです。暑い日々が続きますね。まだ真夏の前だけども。先月はボーナスが支給され、本日通常の給料が支給されうはうはです。貯金通帳の残高が過去最高を記録しております。
 話は変わりますがガソリン高いですね。私の車はリッターカーなので燃費はいい方なのではと思いますが、市街地でも1lで15kmくらいは走るんじゃないかな。まともに測った事無いけども。
 ガソリン高騰は痛いのですが、(私の車で空タンクから満タンにする場合、4月から比べると2000円くらいは違う。)週末に好きな所に行くくらいのことはしたい。公共交通機関が便利ならそれを利用してもいいですが、わたしの行きたがる場所は僻地も多く、なかなか思うようには行きません。それでも山や海への遠出はともかく、職場への通勤や買い物など仙台市内の移動では自転車を使うのが最近では多いです。仙台もなかなかの街なので車や原付での移動よりも信号がうるさくない自転車のほうが速い。自転車は自動車やバイクの一方通行でも大抵逆走できますし、二段階右折もないし。。。自転車の利点はなによりお金もほぼかからない。(メンテナンスのオイルやパンクした時の部品、磨耗したタイヤの交換費用くらいはかかりますが微々たるモンです。)
 ただ仙台駅前に行くと一部の駐輪区域を除いて、ほぼ全てが駐輪禁止区域になっているのはびっくりしました。自転車を駅前に放置すると撤去されるらしいです。道が狭く自転車が溢れると歩行者の通行に支障が出る首都圏ならともかく仙台の広い道路でそこまでしなくてもと思います。(仙台は戦災で焼けているので道は広い)自転車を撤去するにも人件費はかかるわ、撤去した自転車をどこかに運ぶためにトラック等が必要なわけでこいつを動かすのに油を使いますし。自転車を撤去しても無駄が多いような気がします。
 二酸化炭素も出さず(正確には漕いでいる人間から出ますが…)大して場所もとらない自転車の駐輪くらい何とかして欲しい物です。片側3車線の駅前の道路のうち、一車線まるまる駐輪と自転車用のスペースにしてくれても良いのではと思います。
 仙台では放置自転車を取り締まるより、明らかに供給過多なタクシーを減らしたほうが良いと思います。仙台の繁華街につながる道路では運転手が座っていてアイドリングしているタクシーが客待ちのために数百メートルに渡って連なり道路の一車線潰している状態ですから。。。昨今の燃料高、それに伴う諸企業の景気の後退から体力の無いタクシー会社から潰れていくと睨んでいるのですが今日も数百mに渡ってタクシーが連なっていました。客待ちのためにタクシーが並ばなくても、昨今の回転寿司の客捌きシステムのような物を作って、客待ちは共通システムに登録性にすれば大体何時頃に出動とかわかって良いんじゃないかなーと思います。
 よっぱらってブログを書くと雑多な話題になって結局何を書いていたのかわけわかんなくなりますね。