春の海

今日の八重山地方は予想最高気温25度の快晴!昨夜は有人の家で宴会でしたが、久しぶりにすっきり晴れた陽気に誘われて久しぶりにカメラを持って海に出ます。今日は水の中ではなく、海岸をだらだら歩きながら生物の写真を撮ることにしました。 …続きを読む

無人販売所について

昨日、所用があり石垣島の市街地から30分ほどの場所にある川平という集落に行ってきました。 県道の沿線には野菜の無人販売所があります。内地の田舎では珍しくないと思いますし、石垣島でもたまに見かけますので特に珍しいものではありません。↓の無人販売所も昔からあるものです。 …続きを読む

民宿もすら

与那国島で泊まったのは…続きを読む

与那国島「海底遺跡」について

先回のエントリでは与那国のハンマーヘッドのダイビングを紹介しました。与那国島のダイビングではハンマーヘッドに並んで有名なものは「海底遺跡」ポイントではないでしょうか。私もやはり人の子ですから一回は見てみたい。 というわけで2日間に渡るダイビングのうち一本はPowershotG12を持って遺跡に行ってきました。 こんな感じです。 …続きを読む

与那国島のハンマーヘッドシャーク

与那国島でハンマーヘッドシャークを見たいと思い機会を狙ってきました。和名はシュモクザメ(撞木鮫)と呼ばれる鮫の一種です。やっぱり冬場の与那国といったらハンマーヘッドでしょう!ということで行ってきました。2/18-21の三泊四日。18と21は移動日なので実質ダイビングは19と20日の2日間×3本です。あ、19日の一本目は「海底遺跡」ポイントなのでハンマーヘッドねらいは5本ですね。 ハンマーヘッドは1月~2月上旬くらいがシーズンらしいですが、まぁそこまで大きくシーズンは外れてないですし、5本潜れば、、、何とかなるでしょう。石垣のマンタも5本潜って見られないほうが珍しいですし。天気はずっと雨~曇りで海も暗いですが何ほどのことあらんと言う気分です。 与那国のダイビングは船を係留しないドリフトダイビングが主流(なのかな?私の店では6本ともそうでした)ハンマーヘッド狙いのポイントはそこそこ深いので係留は無理でしょうし。私の船は6本とも、船に乗って、ガイドの合図でいっせいにどぼんと潜り水深10mで集合。潜行ロープも一切なし。器材のセットもチェックもそれぞれのダイバーに任せているというか、一切チェックもされませんでした。かなり体育会系というか放置プレイというかそんな感じです。 …続きを読む

民宿たましろ

日本最南端の有人島波照間島は良い島です。観光客も少なく、と言ってよそ者が珍しがられるほど田舎でもなく、さとうきびがひろがる日本最南端の有人島。 先々週末にふらりと行きました。もちろん最南端に行くのも波照間行きの大きな目的ですが、噂に聞く「民宿たましろ」に泊まることも大きな目的でした。たましろといえば古い・汚い・ご飯の量がとんでもなく多い・ゆんたくが激しいということでその筋の人々には有名な宿で、リピーターも数多くいる様子。 …続きを読む