山バッジの飾り方

山に行くと買いたくなるのが手ぬぐいと山バッジ。私も実際に登頂した山のバッジを買ってます。どうして男はこういうコレクションものが好きなんでしょうかね。それはともかく何個か溜まってくると、綺麗に飾りたくなるもんです。

ただ山バッジも個体によって固定方法が異なっておりおり、ピンバッジのように素直にピンを刺して止めるタイプ(写真下)と安全ピンのように留めるタイプ(写真左上・右上)が混ざっている状態。なかなか統一して飾るのは骨が折れます。 …続きを読む

富士登山その6~富士登山振り返り・気をつけたほうがよさそうなこと~

さて、富士登山を自分なりの感想です。あまり登山後の評判のよくない富士山ですが、確かに山としては微妙(山小屋が狭い、人が多い、独立峰なので他の山と絡めた登山ルートに乏しいなど)な所もあるけど、やっぱり一度は登るべき山だと思いました。これらの難点があってもやっぱり日本最高峰の剣ヶ峰に立つこと、あの美しい山容の頂点に立つことはそれなりの価値を感じます。

(関連記事: …続きを読む

富士登山その5~3776mの剣ヶ峰頂上へ!→下山~

富士山最高頂の剣ヶ峰を前にブレーキがかかってしまった富士山登山。結局剣ヶ峰を前に一時間くらい休憩。いろいろ食ったり飲んだりして、その結果完全復活。最後の難関の剣ヶ峰へと通じる急斜面の馬の背に挑みます。

…続きを読む

富士登山その4~剣ヶ峰を前に大ブレーキ~

夜中に登りだした富士登山。無事に吉田口の頂上に着いたものの、頂上に着く前後から、足が重くザックも非常に重く感じだしていました。この時は高山病かと思ったのですが、今思えば明らかにエネルギー切れ(いわゆるシャリバテ)でした。考えてみれば、朝の3時から空気の薄い中ひたすら、登りつづけ、その間に食べたのは東洋館のお弁当の小さなお稲荷さん4つと、タブレット菓子数個のみ。そりゃ動かなくなるわな、、、というもんです。富士山では高山病だけでは無く通常の登山で気を付ける水切れやシャリバテにも気を付けましょう。。。 写真はお土産屋さんが居並ぶ吉田口頂上の集落? …続きを読む

富士登山その3~ご来光から頂上を目指す~

前日から登りだした富士山二日目。この日は頂上を目指し、さらに下界まで降りる長い一日です。起床は2:30。厚着をしたり用意をして出発したのは3時過ぎ。小屋の前に出ると東の空にはオリオン座が上がっており、秋が近付いているんだなぁと実感します。オリオンの左にある明るいのはたぶん木星。 …続きを読む

富士登山その2~山小屋泊について~

富士登山の続きです。「ものすごく狭い」と噂に聞いていた富士山の小屋の布団は確かに狭く一つの布団で二人。基本的に男女相部屋ですが、女性の隣は同じグループの男性か女性、といったような配慮はされているようでした。(ただかなり雑駁な感じだったので例外があるかもしれませんし、小屋によっては事情が違うかもしれません)私の隣は親近感を覚えるおっさんでした。妻と一緒だったので、妻と一緒の布団に放り込まれると思いきや、、、↓のような配置です。 |(布団①)女性客・妻||私・おっさん客(布団②)| …続きを読む