2012夏送り

2012夏送り。写真は8月に私の田舎で撮ったもんです。自分が一番楽しめる写真なんだろうなぁ、と思いつつ。 ひっきりなしに蜂が訪れる夏の畑のひまわり。写真の蜂はクマバチかな。

 …この続きを読む

乗鞍岳初秋

引き続き乗鞍岳の話。 9/16は乗鞍山頂へ。2700mの畳平まで車で上がれますが、マイカー規制中なので、車を捨てて6:55ほおのき平発のバスで上がります。1時間弱バスに揺られ、畳平へ。楽ですがこんな楽に2700mに上がっていいのかなぁ、という気もします。2700mといえば富士山7合目くらいか。中には高山病になる方もいるくらいの標高ですね。

 …この続きを読む

白川郷~乗鞍岳の麓(ほおのき平駐車場)

2012の9月の三連休は飛騨高山側から乗鞍岳に登り松本平へ降りて行くことにしました。乗鞍岳は北アルプスの南に位置する3026mの山。そのうち2700mにまで車で行くことができる最も軟弱な3000m級の山の一つです。(逆に自動車道路では日本で最も高いところまでいける道路ですが) まずは9月15日に東名と新東名のコンボで岐阜羽島駅へ。岐阜羽島で京都帰りの妻を拾って、東海北陸道を北上し、高山市を目指しますが、足を延ばして世界文化遺産の白川郷に。一度合掌造りというのを見てみたかったのです。 時間の都合上、ちょろっと寄っただけですが、それでもさも「田舎の見本」という感じで残されて、生活の匂いが無いことは感じました。。。合掌造りは資料館のようになるかあるいは民宿とお土産物屋になって、立派に舗装された道路の上を観光客が行きかい。集落中が観光産業で生きているような、そういう意味では新しい「昭和型の観光地」のような感じで生活感がなくがっかりです。お土産屋も古民家を使ったおしゃれカフェも看板が雑然としているし、白川郷でやる必要ないし。 展望台からの↓の写真もよく見る構図の写真ですが、合掌造り以外の建物も雑然としているし正直微妙な感じ。足早に立ち去りました。  …この続きを読む

知恩寺手作り市のアザラシ飴

知恩寺手作り市シリーズその2です。 二つ目はアザラシの飴。ちゃんと食べられるのですが、残念ながら夏の暑さにやられて若干融け気味で流れてしまってます。形もちょっとゆがんでしまった。。。

 …この続きを読む

知恩寺手作り市のアザラシ置物

妻が一週間くらい出奔し、京都に行ってました。先日京都へ行ったばかりというのに。それはともかく、帰ってきて手渡されたものが二つあり、一つはアザラシの置物。 手のひらサイズでアザラシが寝転がっている様子を象ったもの。この置物が高いクオリティで、マニア心をくすぐるものがあります。 正面から。愛くるしい顔で寝ています。材質は陶器のような…。でも割れる感じはしないので、粘土かな?結構軽いのですが、締まっています。色は灰色基調で水玉模様。強いて言えば大人のゴマフアザラシか。体長に比して体幅が広いので越冬期のゴマフでしょうかね?その辺は実物でも個体差が有りますが、程よいデフォルメ感が心地よいですね(^^)  …この続きを読む

鰻から鮭へ

なかなか涼しくならない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 鰻はご存知の通り、土用の丑の日の食べ物。江戸時代に平賀源内によって広まったという説もありますが、まずは夏の季語として扱われる食べ物。最近は取れなくなって高騰しているのすが、先週末、静岡県三島市に行って食ってまいりました。 清水から飛び降りる値段です。  …この続きを読む