1/27横浜みなとみらい夜明け

引き続き1/27の横浜のみなとみらい。夜が明けて朝。
ベイブリッジの右すそから日の出。冬の関東らしいよく晴れた冬晴れ。
IMG_7216.jpg
港町の横浜を支えるクレーンも朝日を浴びて輝きだしました。
IMG_7219.jpg
観覧車も目を覚ましたようでご苦労様です。動いていない観覧車も新鮮。
IMG_7224.jpg
朝飯、味噌汁美味い。完全に西洋チックなホテルなのに。ビュッフェ形式の朝食なのに。洋食のほうが品数多いのに。ケツが割れてしまうくらい味噌汁美味い。
IMG_72v65.jpg
だしには富山県氷見市の手作りの煮干しを使っているそうです。
IMG_7v264.jpg
部屋に戻ってから一眠り。
アザラシのケツを追っかる旅行だと朝も暗いうちからごそごそするのが常で、優雅に朝ごはんを食べたあとに部屋に戻って一眠りとかは全く無いですが、まっとうな大人はこのように泡のようにお金と時間を使うのかもしれませんし、それをなかなかいいもんだなと思った私も一歩一歩着実におっさんの道を歩んでいるのかもしれません。贅沢な時間です。
部屋の外にはおもちゃのような遊園地。営業に向けて準備しているような。
IMG_7275.jpg
だんだんみなとみらいの人通り・車通りも多くなって日曜日の賑わいになります。
IMG_7292.jpg
みなとみらいの横浜美術館で『ロバート・キャパ、ゲルダ・タロー二人の写真家』展をやっていたのでコレを見て帰りました。事件(戦争)があると出かけていって写真を撮って世に伝えていた二人ですが、代表作となっているセンセーショナルな写真より兵士のふとした表情や町の様子を写した写真が面白かったです。特にロバートキャパが亡くなる直前に撮った日本の写真が、私が日本人ということも多分にあると思いますが、当時の日本人の自然な表情が印象に残る写真展でした。

1/26 パンパシフィックホテルホテル東急ベイ

毎年1月26日は無駄に贅沢をする日。
昨年のこの日は横浜みなとみらいのロイヤルパークホテルに泊まり、今年はパンパシフィックホテル横浜ベイホテル東急。普段の旅行ではフィットの後部座席で野宿しているとは思えない身分。
部屋のバルコニーからは横浜ベイブリッジとインターコンチネンタルホテル。もうなんか高級そうなホテル臭がぷんぷんします。
IMG_7136.jpg
部屋のバルコニーからその2。よこはまコスモワールドの大観覧車。
IMG_7150.jpg
やけをおこしてうひゃひゃひゃーー。
IMG_7118.jpg
やっぱりこういうとこにきたら、バスローブをきてオサレワインを入れてワイングラスを弄びたい。
IMG_7187.jpg
みなとみらいは家から車で25分くらいですが、そんな近場でわざわざ泊まって、遊んで家に帰る人たちを部屋から眺めながらぼんやり酒を飲むのが、無駄な贅沢を実感。

新潟かまくらその後(1/29)

お正月の新潟のかまくら、その後です。1月29日の様子。
本日も新潟は雪で10時の積雪が250cmを越えたようです。
かまくらは再び雪の中へ。

家の前もこの通り。このくらい雪が積もっちゃうと、もう雪の壁をよじ登ろうという気力も萎えてしまいます。

1/19のエントリにほぼ同アングルの写真がありますが、道路わきの雪が相当高くなってきました。

一月下旬~二月中旬は最も雪深い季節。雪祭りも間もなく開幕のはずです。

新潟のかまくらのその後のその後(1/23)

正月に作ったかまくらの続報が1/19に続き、1/23にもまた新潟の母から届きました。
かまくらはこんな感じ。

先回に比べ入り口が再び顔を出してきました。コレは雪が解けているというより、雪が潰れてきたおかげで入り口が顔を出したのでしょう。雪も積もりたてはふんわりしていますがその自重でだんだん潰れてきますからね。
ちなみに1/23の15時の積雪は189cm。1/19に比べ30cmくらい低くなっています。
今回はかまくらの中の様子も送ってくれました。(指がかぶっちゃっているけど・・・)

雪だるまの姿は見えませんね。旅立ってしまったか・・・。

新潟のかまくらその後

1/1に新潟に帰省して作ったかまくら
その後の様子が母から届きましたので紹介します。新潟の雪の量が伝われば幸いです。
まず1/2に私が関東に戻ったその日の夜から雪が降り始め、1/3の午前9時頃に撮影された写真での家の周りはこんな感じ。(携帯で撮影された小さな写真で恐縮です。)
だいぶ積もったようで、最寄のアメダス測候所「十日町」のデータでは1/3の午前1時の積雪が99cmだったのに、午前9時で132cm。
P2013_0103_075103.jpg
かまくらは突貫工事の安普請で作ったので、雪が降ったらすぐに潰れると思っておりましたが、なかなかしぶとく生き残ったようです。
P2013_0103_075033.jpg
屋根の上がふっくらしたような印象。
それから半月、1/19に久しぶりにかまくらの写真を母が届けてくれました。「十日町」の積雪データは1/18についに200cmを越え、1/19日午後九時現在で215cm。正月時の倍以上の積雪量です。
我がかまくらはどうなったと思います?
雪の重みで潰れてしまった、、、かと思いきや、そのままの姿でいる感じでもない。。。。
正解は↓
P2013_0119_113101.jpg
そのままの姿のまままるごと雪に飲み込まれつつある。。。
このかまくら、大の大人が入られるくらいのそこそこの大きさです。
作成作業中の写真が残っていて↓作業中の男が写っていますが、これの身長は180オーバーですので男性平均よりでかいです。それに比べてこの大きさのかまくらなわけです。
IMG_7163.jpg
そんな大きさのかまくらが半月程度で飲み込まれる。入り口の上部がかろうじて見えるくらいの深さまで雪が積もっています。やはり大したものだと思います、新潟の降雪量。この雪解け水がやがてコシヒカリの苗を育てることになるのですがそれはまだ先の話。
かまくらのほうは安普請だったものの、昼間に少し解けて水になったものの、夜間の低温で、再度がっちり凍結してしまい、コレを繰り返しているうちに耐久性が向上して現在に至っているのではないかとの推論が母より届きました。このかまくらは出来る限り崩壊まで見守りたいと思います。春には崩壊すると思いますが。。。

冬の富士山撮影~夜の富士山~

夕景の富士山の次は夜の富士山。本日は雲ひとつ無い晴天なのできっと星も良く出ることでしょう。せっかくですので夜の富士山の写真も撮ることにします。
コメツガの林の中からの夜の富士山。やっぱり冬は星空が綺麗。
IMG_5634.jpg
日本最高峰の剣ヶ峰の富士山測候所に降り注ぐ星たち。幾星霜という言葉が思い浮かびます。
IMG_5567.jpg
富士山の右肩から上がる星たち。
IMG_5582.jpg
しかし、寒かった。防寒靴&目だし帽、上着を3枚くらい着るという怪しい格好でいますが、撮影中は体を動かさず、体温を奪われるのみなので寒い。。。気温は-5~10度以下になっているようで、カメラの液晶も写りが悪くなってきましたし電池の減りも激しい。あ、PowershotG12のほうは寒さのためか、起動しなかったりズームの可動が辛そうな音を立てるようになってしまいました。
私のほうも北海道で使っていた防寒靴を履いてきて手袋を二重にしていますが寒い。筋肉がこわばってきているのが感じますし、頭も痛くなってきました。この感覚北海道以来の久しぶり!頭では動かなきゃと思っているけど体が思うように動かないのです。
ついに日暮れから2時間半でギブアップ。だいぶ寒さ耐性が落ちたような気がします。。。寂しい腰切塚展望台からヘッドランプを点けて駐車場まで戻り、横浜に逃げ帰ってまいりました。。。