男鹿水族館GAOその2~ひれあし’s館の地下へ~ 

先回のエントリのラストでは、ひれあし’s館の内部に期待を持たせるような言い方をしましたが、いよいよその内部へ。
ずいぶん暗い廊下ですが、壁面のアザラシに誘われて奥へ進むと、、、
IMG_1282.jpg
目の前に広がっていた光景がこちら↓
IMG_1334.jpg
アザラシが目の前で浮かんで、飛ぶように泳いでいます。
この水の清澄さはちょっと感動ものです。ちょうどプールの上部から遠慮なく太陽光が差し込む設計にして、人間のいる館内は暗くすることで、水中のアザラシを見やすくするという設計もあると思いますし、この日はばっちり太陽が出ていたという運もありさんさんと太陽光が降り注いでいるという絶好の条件というのもあったと思いますが、、、
この明るくて透明な水のプールがどこの水族館でも当たり前ではないのは、経験上よくわかりますし、それだけにこの男鹿水族館はすばらしい。
このプールはいつまで見ていても飽きないだろうなぁと思います。
IMG_1316.jpg
ちょっと別角度から。解説系の展示は最低限のスポットライトで見るようにしてあり、余計な光がプールのアクリル面に反射することは無いです。
IMG_1327.jpg
アザラシもプールの壁面すれすれまで来るので、本当によく観察できます。繰り返しになりますが水がきれいで明るくて写真も撮りやすい。この写真はアザラシが浮かんでいるかのようです。
IMG_1341.jpg
アザラシのお昼寝スポットもあるようです。この時間帯はまだ昼寝をしているのはいなくてみんな元気に泳いでいました。
IMG_1302.jpg
男鹿で飼育しているアザラシが全頭写っていて4頭しかいないのに6頭も写っています。。。
2頭はアクリルの反射。水がきれいなので反射も、本物っぽく写ります。
IMG_1370.jpg
ちょっと引いた角度から。ひれあし’s館のプールはこんなに幻想的。
IMG_1380.jpg
さて、プールやアザラシに感動してしまいましたが、アザラシサイト管理人という仕事?を思い出して、お客さんがたくさん来る前に館内展示の様子を記録します。
壁面には人の高さ以上の世界地図にひれあしの分布をまとめたひれあしマップが。これはなかなかの大作。
IMG_1542.jpg
その脇にはひれあしの特徴をまとめた絵本風の展示があり、、、
IMG_1540_20131021185956b8f.jpg
↑を開くとアザラシの特徴がまとめられていました。
IMG_1533.jpg
これはちょっとぶれてしまったが、ひれあし’s館を作る際の経緯。
IMG_1395_20131021183038b50.jpg
面白かったのは、ひれあし’s館を作る際の手書きの設計図の写し。明確なイメージがあった段階か分かりませんが、きっと担当職員さんは熱い想いを持ってこのひれあし’s館を作られたのでしょう。うまくいったことや理想通りにならない点もあったのかもしれませんがその辺のお話もいつか伺いたいものです。
IMG_1387.jpg
ひれあし’s館はアザラシたちだけの施設ではなく、アシカも一頭暮らしていました。カリフォルニアアシカのようです。
IMG_1325.jpg
アザラシプールの前にはベンチがあり、座りながらぼんやりとアザラシの動きを眺めることが出来ます。これはアザラシマニアには嬉しい配慮。ひとしきり水族館を回ったあとは、ここでぼんやりすることにしましょう。
IMG_1543_20131021185334df0.jpg
ひれあし’s館にもだいぶお客さんが入ってきたので一度、外に出て本来の水族館の順路に従い、水族館全体を見てくることにします。これがひれあし’s館の出口。
IMG_1397.jpg
では男鹿水族館の他の展示を紹介していきましょう。通常展示もなかなか興味深い水族館でした。

男鹿水族館GAOその1~ひれあし’s館~

いわきから男鹿に移動し、時間は9時ジャスト。
開館したばかりの男鹿水族館に入館します。
外見はずいぶんシンプルな館。建物本体には館の名前すら掲げられていない。日本海に面しており風が強いから?
IMG_1262.jpg
さて、先回の記事に書いたとおり、ほぼ開館時刻の9時に入館しますが、この日は10月13日。つまり三連休の中日で、朝一からなかなか混雑しています。順路の最初の水槽では既に子どもたちの歓声で結構なにぎやかさになっています。
いつも水族館に来ると、私ははささっと順路通りに見てその後にアザラシなり気になる生物をじっくり見るのですが、今日はどうするか。この男鹿水族館はひれあし’s館というアザラシとアシカ専属の施設を作ったところ。せっかくなのでこの施設は人のいない時間帯に写真を撮っておきたい、、、というアザラシサイトの管理人魂を発揮し、今日は順路をすっ飛ばして、ひれあし’s館の「取材」を先に済ませます。
ということで、ひれあし’s館の玄関にワープ!
IMG_1266.jpg
ひれあし’s館のエントランスにはゴマフアザラシの剥製が。
IMG_1267.jpg
カリフォルニアアシカの剥製&骨格標本も。
IMG_1268.jpg
エントランスを進むと図鑑が!背表紙が飼育しているアザラシの名前だったり、生き物の特徴だったりでなかなか観点が面白く秀逸。
IMG_1271.jpg
ついにひれあし’s館への扉が開け放たれるときが!!
IMG_1272.jpg
・・・あ、アレ??
扉の外には案外殺風景な通路が続くのみでした。
IMG_1273.jpg
意表を付かれた感はありますが、通路の先にはちゃんといました。ゴマフアザラシです。
IMG_1274.jpg
暮らしているのは4頭のゴマフアザラシ。マリーが年長で後は2008~2009年頃生まれた若いアザラシです。
IMG_1278.jpg
ゴマフアザラシのプールの隣には階段席上になったスペースが。ショーでもやるのかな?まぁ、あとでイベントの時間を調べればなんか分かることでしょう。ここはひれあし’s館を回るのを優先します。
IMG_1280.jpg
ひれあし’s館のプールは屋内からも見られるようです。館内へ誘う表示があったので、それに従って、ひれあし’s館の内部へ。
そこに広がっていたのはアザラシ暦の長い(と、自分で言うのもアレですが、このサイト自体では2005年くらいからいろんなアザラシを見ているのでそこそこ目が肥えてきたなぁと思います・・・)私でさえ感動するアザラシの世界が拡がっていました。
ひれあし’s館の本領発揮は次のエントリーです!!

いわきから男鹿へ

さて、アクアマリンふくしまの訪問を終え、いわきから秋田の男鹿水族館へ移動します。太平洋側から日本海側へ。北上距離もなかなかです。携帯電話のナビで調べたらアクアマリンからGAOまで506km。東名高速でいえば東京から神戸の西宮ICくらい。まぁいわきから秋田まで全線高速道で動くつもりですから、どうってこと無いですが、さすがに17時半にアクアマリンふくしまを出てすぐに高速へ、、、とやると、ぶっ続けで時速80km/hで運転したとしても秋田に着くのは24時近くになってしまう・・・。
ので、そんな時間に着いても、翌朝まで時間を持て余すし、お風呂用の温泉も開いていないだろうし、しかも日本海側は天気が悪く気温も下がる予報が出ているので、寒い車内で車中泊というのも勘弁願いたい。
そんならいわきで風呂や夕飯、明日の朝の買出しくらいやって、道中で適当に寝てしまえという気になり、いわきの街をうろうろします。
いわきは炭鉱で栄えた町。今も工業の盛んな土地で、そんな街の奥座敷とも言える東北太平洋側最大の温泉街である湯本温泉が市内にあります。1200年の歴史を誇る名湯です。最近のボーリング技術の進歩による無理やり化石海水を掘り起こし湯を循環している温泉とはきっと違うことでしょう。
こちらがいわき湯本温泉の共同浴場「さはこの湯」。風変わりな外見の建物です。
東北地方の温泉の公衆浴場らしく源泉かけ流しで入浴料は210円だったか220円。この安さが公衆浴場の基本。東北や新潟に住んでいた頃を思い出します。ただしシャンプーとかボディソープは備え付けが無いので持ち込みになります。(さはこの湯では売っていましたが)
この手の浴場は入ったらいきなり脱衣所で無人の料金徴収箱にお金を入れるというシステムも多いですが、さはこの湯はちゃんと立派に管理されている方がいました。
IMG_1232.jpg
お湯はさすが。長居してしまい、もう21時半。温泉街に掛かる三日月を眺めつつ秋田に向けて出発です。
IMG_1229.jpg
磐越道のいわき湯本ICから郡山ジャンクションを通って東北道へ。福島市を通り宮城県に入ります。仙台宮城インターは実に2009年3月末に仙台を離れるときに新潟の実家まで車で運転して以来4年半ぶり。仙台時代が懐かしく一瞬高速を下りようかどうしようか迷いました。
が、今回は秋田が目的ですのでスルーします。また近々来ることもあるでしょう。仙台なら。
さらに運転して宮城と岩手県境近く。そろそろ日付が変わるので仮眠場所を探します。金成PAに入ったものの、エンジンをかけたままの大型トラックが多くうるさいのでスルーし、前沢SAへ。ここで一日目の日程を終えます。車の後ろのほうへもぞもぞ這って行ってあっという間に就寝。いわきでベッドメイクをして置いてよかった。。。
さて、明けて13日。空が白んでくる頃もぞもぞ起きだします。今回の旅のお供はハダカデバネズミ2匹。
IMG_1237.jpg
どうやら今日はいい天気。日本海側も晴れているといいのですが。。。
IMG_1241.jpg
男鹿水族館は9時に開館。どうせなら開館と同時に入館し、誰もいないさわやかなアザラシを味わいたいものです。前沢SAから男鹿水族館まではちょうど200km。6時頃に出たので、高速を使っているし大体9時くらいには着くでしょう。
東北道を少し北上し、北上ジャンクションから秋田道へ。秋田道は片側一車線も多くスピードが出せないですが特に渋滞も無く昭和男鹿半島ICで高速を下ります。ここからは一般道ですが、高速のICから男鹿水族館は離れているんですね。男鹿半島の大きさを侮っていました。とはいえ8時50分には男鹿水族館の駐車場へ。
海沿いの水族館で、駐車場の目の前が海ですが、なかなか波高いっ。
IMG_1256_20131021002402a20.jpg
水族館へは歩いていきます。たいした距離では無いですが、これだけまともに日本海に面していると、真冬の荒れたときは水族館にまで行くのが大変なんじゃ。。。
IMG_1260.jpg
水族館は開いたばかりのようで、自分も早速入館。三連休の中日だけあって朝から既になかなかの賑わいです。

アクアマリンふくしま~その6 夕暮れのアザラシプール~

アクアマリンふくしまの一連のコーナーも本記事で最後です。
さて感心したり驚いたりしながらアクアマリンふくしまを一通り見たころには日も傾きほぼ夜。時間は17時前なのですが、秋は日が短い。。。屋外施設の水族館には辛い季節です。
ただ夜のほうが動く生き物もいますし、お客さんも少なくなるのでゆっくり生き物を観察できるのもこの閉館間際の時間。アクアマリンふくしまも閉館まで30分以上あるのにお客さんもまばらになっています。
せっかく来たので、出てしまうのももったいない。アザラシをもう一度見に行くことにしました。
アザラシプールは夜の雰囲気。ライトが灯っています。
IMG_1163.jpg
アザラシの様子はというと、、、いました。昼間と同じように3頭でグルグル泳いでいます。
IMG_1016_20131020172855ef0.jpg
他にもお客さんがいないせいか、夜のせいかわかりませんが、子供のみらいが不意の訪問者に興味を持ったのか寄ってきます。手を出したら追っかけてきます。まだまだ好奇心に満ちている顔をしています。
IMG_1029.jpg
拳を出してもこの通り。
IMG_1046.jpg
大人のアザラシは我関せずで泳いでいますが、みらいはカメラやそのぷらぷらするストラップや人が気になる様子で追いかけてきます。やはり好奇心が強いのは人間もアザラシも子どものほうです。
水面から半分頭を出して怖い。。。

携帯電話で動画を撮ってみました。
携帯電話画質ですし、片手で写真用のカメラを持ちながらなので見難いですが、みらいがカメラを追いかける様子がわかると思います。


写真のほうは、、、カメラを追いかけるのは可愛いですが、あまりにも近すぎるので写真を撮ってもこんな写真ばかりになってしまいますが・・・(^^;
IMG_1073.jpg
カメラを水槽から放すとプールのアクリルの壁に鼻が潰れるほど顔を押し付けてこっちを探ってきます。
IMG_1081.jpg
カメラを水面の上に掲げても首を伸ばして追っかけてくる。宇宙人みたいな顔になって怖い。
IMG_1104.jpg
こちらの動画は水面より上に掲げたカメラを追いかけてくるみらいの様子。一生懸命首を伸ばしたり回転したりしながら追っかけてきます。


たまにみらいもお父さんかお母さんのほうに行ってひとしきり泳ぐ。
IMG_1117.jpg
で、またプールの壁面にやってきて私の相手をしてくれます。アザラシはおっさんにも子どもにも優しい動物です。
IMG_1139_20131020173004b69.jpg
振り返るとエトピリカプールでは職員さんが潜ってプールの清掃?をしておりました。そろそろ寒くなる10月の夜ですので頭が下がります。私もやってみたいなあ。。。
IMG_1161.jpg
このアクアマリンふくしま特集も長くなってしまいましたが、そろそろ本当に水族館が閉館の時間。アザラシプールもだいぶ暗くなってしまいました。
IMG_1178.jpg
急いで出口に向かいますがアザラシプールは順路全体の前半に位置し、山でたとえたら2合目くらいの位置。走るようにして出口を目指します。それにしても人いない・・・。無人の水族館に紛れ込んだようです。
IMG_1213.jpg
タコは一人ですみかのプールで元気よく足を広げたりしていました。相手をしたいが時間はもう無い。。。
IMG_1218.jpg
お土産屋さんも既に閉まっており。
IMG_1219.jpg
最後の展示の金魚コーナーのひょうきんな顔の金魚に見送られ出口を出ます。
IMG_1221.jpg
お昼過ぎに入館して、すっかり暗くなってしまうくらいまで施設を堪能させていただきました。アザラシ的にはゴマフアザラシのみのシンプルな館ですが、好奇心大盛な子どももいるし、アザラシ以外にも豪快なトドやシーラカンス、カツオなどの生きものも面白いし、水槽の前に寿司処をオープンしたり、俳句コンテストを開催したり、熱い心意気が伝わる水族館でした。
さてさて次はいわきから500kmのかなたにある秋田の男鹿水族館GAOを目指して出発します。

アクアマリンふくしま~その5 バックヤードツアー・カワウソ・屋外施設・シーラカンス・・・・~

アクアマリンふくしま特集も「その5」まで来てしまいました。いやー、盛りだくさんな水族館で、載せたいことがたくさんありまして・・・。
さて、次はバックヤードツアーの話です。アクアマリンふくしまのバックヤードツアーはボランティアの方が解説を担っていました。大体10人前後の申込者が集まると随時出発という感じでしたがいつもそうなのかな?この日(10/12)は三連休ですので来館者も多く、大して待たずに参加できました。
水族館の裏方の様子にくわえ震災発生時の様子や被害も教えていただきました。なかなか受け止めるには思い話もあります。どちらかというと飄々と語られていましたが、それが帰ってリアリティーが増します。
濾過槽や配管など地味な場所の紹介が多かったのであまり写真は無いです(^^; このパネルは濾過方式の違いを説明したパネル。なかなかマニアックです。個人的には非常に面白かったのですが。。。
IMG_0536.jpg
これもバックヤードツアーで見せていただいたゴマフアザラシの剥製やアンモナイトの化石。ボランティアのおじさんが相棒のように剥製を扱っていたのが印象的。
IMG_0539.jpg
バックヤードツアーのあとは別棟にあるアクアマリンえっぐへ。
ここには愛くるしいカワウソ一家がいました。ユーラシアカワウソとのこと。泳いだり走り回ったりせわしない。
IMG_0975.jpg
すっとぼけた顔で泳ぐユーラシアカワウソ。動きが激しい。
IMG_0569.jpg
水の中で取っ組み合いをするカワウソたち。多分両親だったり兄弟だったりすると思いますが何がなにやら分かりません・・・。アザラシよりはやっぱり陸に適応した生きものです。
IMG_0994.jpg
アクアマリンえっぐは水族館本館よりは子供向けの展示。子どもが好きそうな体を動かしたり転がって遊べるようなスペースにも魚の展示があったりしてなかなか楽しそう。とはいえ、でかいおっさんが転がるわけにはいかないのでぐっと我慢。こういうときは子どもがいたほうが得だなぁ・・・と思います。
写真は「生まれる・死ぬ」の展示。森の中で朽ちるウシガエルの遺骨。子供向けとはいえ侮れません。
IMG_0571.jpg
アクアマリンえっぐの外には家族連れが釣りをしていました。釣った魚をその場で食べられるそうな。生き物の尊さや美味しさを体験させる施設とのことです。福島ほど豊かな自然を持つ地域なら水族館で釣りをしなくても、、、と一瞬思いましたが、広い県ですから内陸の子どもたちは海釣りはしたこと無いかもしれません。面白い試みだと思います。
IMG_0543.jpg
人工的に砂浜・磯・干潟を再現したゾーン。子どもが裸足になって中に入って遊べます。生き物も放流しているのかな?
IMG_0579.jpg
人工砂浜に波を再現させている装置。2つの枡があって常に上のパイプから水が供給されています。満杯近くになると自重で枡が倒れ一気に海水を放出し、それが波になって砂浜に押し寄せます。それが二つの枡交互に起こされます。
写真の手前の枡は波を起こすべく水を放出中、奥は水を溜めている最中。
分かりにくい説明ですが、ししおどしのものすごい版のようなものですね。よく考えるな~、と感心します。一方でこれはもちろん電気を使っているでしょう。自然の海はエネルギーも使わずあの広範囲で波を起こすので、たいしたもんです。小さな人工の砂浜に小さな波を起こすのにこれだけの仕掛けがいるのですから。
IMG_0577.jpg
アクアマリンふくしまの裏側から水族館の全景。楽しんでいるうちに既に夕暮れ。。
IMG_0580.jpg
水族館本館から見える穏やかな海。目に見えないところでは震災の影響というのは残っているのかもしれませんが、一訪問者としてみる分には、被災したことが分からないくらいきれいな施設になっていました。震災直後の当時の状況のレポートなどを拝読するとその苦労は想像を絶します。関係者の皆さんの心には頭が下がります。
IMG_0894_2013102017234810a.jpg
日も暮れて寒くなってきました。館内に戻ります。
アクアマリンふくしまの目玉の一つはシーラカンスの研究。名前はよく聞くこの魚。日本人の大半がなぜか知っているけど見たことがある人は少ないという生き物の一つでは無いでしょうか。マリモに共通するものがあります。私も今回はじめてその標本を見ました。
改めて眺めると背びれが二つ、腹側にも鰭が二つあり、えらの所にも鰭がついている。魚類が進化して両生類になり爬虫類哺乳類になってきたと頭の知識では知っていますが、この魚を見ていると鰭がそのまま陸上脊椎動物の前足や後足になってものでは無い。。。?何でこんなにたくさんの鰭があるんでしょうかね、シーラカンス。
IMG_0583.jpg
シーラカンスの8つの鰭の動きを再現している電動模型。見ていても複雑な動きで不思議な気分になります。シーラカンスが深海に引きこもらずにもうちょっとやる気が出る個体が出てきて、進化していけば600億年後くらいにはシーラカンスから進化した8本の手足がある陸生生物が出てきたりしないでしょうかね。
IMG_0589.jpg
さてさて、これで水族館を一周してきましたが、だいぶ暗くなってきました。秋は日が落ちるのが早い。水族館自体は17時半まで開いているのでまだ時間があります。せっかくなのでアザラシの様子をもう一度見にいくことにしました。
IMG_1010.jpg
アザラシプールへ移動です!

アクアマリンふくしま~その4 ふくしまの海~

アクアマリンふくしまのテーマはふくしま沖の潮目の海。暖かい黒潮と冷たい親潮がぶつかる海のこと。多様な魚が取れる豊かな漁場です。
IMG_0442.jpg
この潮目の海を再現した水槽がアクアマリンふくしまの最大の水槽。写真左に移っている三角のトンネルを境に右側はマイワシやカツオ・マグロが泳ぐ黒潮の海。左側は冷たい親潮の海。親潮は冷たいほう。「親は冷たい、と覚えろ」といってた中学の社会の先生、元気かな。そろそろ定年くらいの年齢になっている気がするけど。
IMG_0505.jpg
マイワシの群れ。これだけの立派なイワシの群れを飼育する水族館はなかなか無いのでは。魚影がとても濃い。
IMG_0443.jpg
水槽の前のアート・カツオ展。個性豊かなカツオが本物のカツオを背景に並びます。私が作ったらアザラシ柄のカツオにする。
IMG_0939.jpg
親潮側の水槽にいたオオカミウオ。いろんな水族館の北の海の展示では定番であり、なかなかの面構えの魚ですが、たいてい岩のくぼみなどから凶悪な面構えを覗かせているのが多いのですが、アクアマリンのオオカミウオは違った。長い体をくねらせ泳いでいます。オオカミウオの泳ぐシーンは私も初めて見たような気がします。(しかも2匹も泳いでいた!)
IMG_0920.jpg
潮目の海水槽の前では寿司処が2013年9月21日にオープンしたとのこと。魚は見るだけではなく食べることも大事な視点。やっぱり食べるというのは動物である人間の根源です。アザラシを眺めているだけでは生きていくことは出来ません。
IMG_0508.jpg
寿司は職人さんが握ってくれます。この日のお品書きは戻り鰹、秋刀魚、真鯵、北海赤海老、烏賊、鰤。漢字で記したい。
IMG_0514.jpg
寿司カウンター。豊かな漁場を再現した水槽の前で食べるということも、生きている魚を食べているということを改めて考えさせます。海の漁業資源管理のありかた、先の震災で大きな被害を受けた東北の漁業からのメッセージが込められている思いがします。
IMG_0510.jpg
潮目の海の大水槽の周りにはふくしまの海を再現した小さな水槽も。これは沿岸部の再現展示にいたアメフラシ。なかなか立派なサイズ。
IMG_0447.jpg
あざやかな赤はホヤ。東北での太平洋側では馴染み深い仙台時代はよく食べた懐かしい生物。しかし見れば見るほどグロテスクな生きものでもあり、先人はよくこんなもんを食べる気になったなぁという気もします。味は好みが分かれる味をしていますが私は大好きです。貝やなまこなどの無脊椎動物系が好きな方には受けると思います。
IMG_0451.jpg
アンコウ。これもなかなか食欲が湧かない面構えのフォルムの魚ですが、美味しい魚であることはご存知の通り。
IMG_0530.jpg
潮目の海を抜け出て、魚水槽はちょっと休憩。
ふとガラスの壁面にあった俳句コンテスト。最優秀賞はアザラシの句。
IMG_0478.jpg
熱帯系の魚展示は温室となった屋上部で。葉っぱに妙にぎざぎざ模様がついたシダがいる。こいつはぞわぞわっとなるチャンス!
IMG_0486.jpg
葉っぱを裏返すと胞子嚢がびっしり。ぞわぞわっと鳥肌が立ちます。
IMG_0489.jpg
ぞわぞわっとしたあとは熱帯系の水槽。石垣時代に馴染み深い亜熱帯の海の魚たちがいる水槽です。
この水槽は震災で大打撃を受け、復旧に時間がかかり、最後に復旧した水槽だそうです。写真のブレがひどいですが、元気にチンアナゴが出たり引っ込んだりしていました。
IMG_0902_2013102016315842c.jpg
同じサンゴ礁の水槽のキンメモドキの群れ。これも石垣時代に何度も海で見た懐かしい魚。圧倒的な数の群れは海の豊かさを感じさせてくれたものです。
ありがたいことに私は北海道から沖縄の海まで何かしらの縁があり、海の中にも潜っているおかげで、展示生物の野生の状態に思いを馳せることができるというのは幸せなことです。
IMG_0500.jpg
まだまだアクアマリンふくしまの話は続きますが、だいぶ長くなってしまったのでこの辺で。。。
次はカワウソやら何やらの話を予定しています。