佐渡の野生放鳥トキを見たい~その1~

新潟県の佐渡島。マリモやイリオモテヤマネコなど日本人のほとんどが見たこと無いのにもかかわらず日本人のほとんどが認知している動物シリーズの一つであるトキで有名な島です。 最近は環境省がトキの野生復帰事業を行っていることもあり、佐渡でトキの野生個体が繁殖したり、あるいは佐渡から本土にトキが渡ってきたりで、何かと話題になっております。カラスとかスズメとかカモメとかのその辺にいる鳥類を除けば、日本でもっとも認知されている鳥かもしれません。 私は新潟県で産まれて大学に入るまで彼の地で暮らしましたし、今でも時々帰省しております。が、佐渡は本土側から眺める島であって、渡ったことは一度もないのです。案外新潟っ子でも上陸経験は少なく、私の両祖父母と父は生粋の新潟っ子ですが佐渡に上陸したことすら無い。兄は小学校の修学旅行という半強制行事で一回渡っただけ。兄と私は同じ学校だったのですが、私の時は修学旅行の行き先が変わっちゃっいましたし。車ばかり乗る新潟人にとっては陸続きでは無い佐渡に行くのは案外億劫なもんかもしれません。 そんななじみが薄い佐渡ですが、これだけトキでフィーバーしているのを見ると、そのトキという生物のを見たいものです。11月の第一週の三連休、実家の法事の関係で新潟の実家から召集命令が掛かったのでついでに佐渡に上陸してトキを見てくることにしました。 やっぱり佐渡に行くからにはケージ越しやガラス越しの飼育トキではなく、野生に放たれたトキを見たいもの。調べたところ2013年11月現在90羽ほどのトキが野生に放たれ佐渡で暮らしているとのこと。まぁ閉じられた島ですし、半日くらいかければ一羽位は遠くから見られるんじゃないかな!ということで意気揚々と佐渡を目指し出発です。

 …この続きを読む

獅子ヶ鼻湿原・あつみ温泉・車中泊をして横浜へ

さて10月の三連休でやってきた福島 …この続きを読む

男鹿水族館GAOその8~ひれあし’s館のアザラシたち②~

アザラシは水の中では自由自在。陸上生活ではその不器用な動きに愛嬌すら漂う体は水の中では驚くほど俊敏な動きを行います。 あごの下(交尾のときの傷)おっぱいがついていて体色が薄いのでマリーですね。

 …この続きを読む

男鹿水族館GAOその7~ひれあし’s館のアザラシたち①~

ここからは男鹿水族館ひれあし’s館のアザラシに絞った内容です。 この男鹿水族館のアザラシ展示はすばらしく、見ていて飽きが来ません。飼育されているのは日本でもっとも多くの施設で飼育されている、つまりあまり希少さは少ないゴマフアザラシのみの展示ですが、それだけでも十分楽しめるとても良い施設です。 プール清掃用?のホースで遊ぶアザラシ。一番の年長のマリーかな?彼女はホースの水で遊ぶのが好きらしいです。  …この続きを読む

男鹿水族館GAOその6~ホッキョクグマ一家~

2013年現在、男鹿水族館でもっとも注目を集めている動物はこの動物でしょう。 ホッキョクグマ。。。 ただでさえ人気の高い生き物ですが、昨年末に赤子が産まれて可愛い盛りの子どもが見られるので人気者です。 お母ちゃんと子どもは同じプールで、走り回っていました。豪快に飛び込む母ちゃん。 ホッキョクグマも肉球が有るんですね。

 …この続きを読む

男鹿水族館GAOその5~アザラシの給餌~

給餌の時間が近づいてきたのでひれあし’s館の地上部に急いで向かいます。 ゴマフアザラシの給餌はこの日は10:40~。 水面に出てきたアザラシの写真を撮っている人が多いですが、むしろアザラシにとっては今日のお客の面はどんなもんかいな、、、、という感じで客の面構えを観察しているのかもしれません。  …この続きを読む