フレペの滝とエゾシカ、クラカケアザラシの開き、旅行の終わり~道東旅行 2014春⑧~

オオワシの存在感に痺れた後はフレペの滝方面へ。この滝は乙女の涙とも呼ばれる滝ですが、冬季は氷が結氷してしまう滝です。 凍った滝は、晴れた日になると不思議な青色を呈しています。妻が独身時代に冬季に知床を訪れた際に凍結したフレペの滝の青色に魅せられて、今回再訪を熱望している一方、私も冬季・夏季含めフレペの滝を何度か訪れているのですが滝自体にあまりぱっとした印象を持っていない。 この日のフレペの滝の様子は、、、  …この続きを読む

断崖から流氷の海を見下ろすオオワシ~道東旅行 2014春⑦~

流氷ウォークの後は、民宿で朝食を頂いた後、ウトロの街からウトロ崎灯台の辺りに移動し、スノーシューでフレペの滝を見てくるプランです。フレペの滝は、かつて独身時代にこの季節の凍っているフレペの滝の色に感動した妻のリクエスト。 まずはウトロの街から車で知床自然センター方面へ向かいます。途中の道路沿いで既にこんな景色!途中の高台からの眺めが素晴らしい。 写真の左上がウトロの街並み。流氷は岸から1~2kmくらい沖までに寄せられていて、その先は青海が広がっています。流氷は動いていないように見えますが双眼鏡でよく見ると西に向かって極ゆっくり流されていました。

 …この続きを読む

流氷の海に入る~道東旅行 2014春⑥~

北海道旅行も3日目。実はこの日の夜に帰るのですが、それはそれ、まだまだ最終日も遊びます。 さて、野生のアザラシを眺めていると流氷の上に乗っかっていたり、港の中に張った氷の上や真冬の海の岩場でで平気な顔で寝ていることもあります。やはりアザラシマニアとしては彼らの視線に立って流氷の海にも入ってみなければ、、、と思っていました。本当は流氷の海でダイビングをやりたいのですが、まずは潜らないもので様子見です。 知床のウトロにはこの思いを叶えられる流氷ウォークというアクティビティがあります。これは文字通り、流氷の上を歩いたり、海に浮かんでみようというものです。流氷の海は一見全面凍っているように見えてもどこに氷の割れ目があり、海に落ちてしまうか分からないので、氷の上を歩くことは絶対にやってはいけないものです。 流氷ウォークでは最初から海に落ちても良い装備をしていって流氷の上に乗っかったり、流氷が浮いている海に入ります。 能書きはこのくらいにして様子を紹介しましょう。

 …この続きを読む

夕陽の流氷の海と早朝の流氷の海~道東旅行 2014春⑤~

釧路から網走から知床にやってきて、3月8日の締めくくりは流氷の海に落ちる夕日。 流氷の上は白、陰は深い水色から青色、夕日が当たる水面は赤紫、当たらない海面は藍色。

 …この続きを読む

網走から北浜駅、知床に入る~道東旅行 2014春④~

さて釧路から網走にJRで移動してきました。駅前でレンタカーを借ります。 網走では少しアザラシを捜索します。ただし同行者がいるのでヘビーなアザラシ捜索はしない予定です。まずは網走湖に行ってその後、能取岬のアクセスしやすいところを短時間勝負で回ることにします。 ・網走湖は …この続きを読む

早朝のタンチョウのねぐら~道東旅行 2014春③~

道東旅行の二日目(2014年3月8日)です。 1日目の夜にそれなりに釧路の居酒屋を堪能しましたが、二日目も早朝から行動を開始します。まだ夜も明けていない朝5時にホテルを出発。 早朝から同行者を駆り出して向かった先は鶴居村の道道243号線に架かる音羽橋。タンチョウのねぐらになっているポイントです。学生時代にも来た覚えがあり、ブログを検索すると …この続きを読む