新生活スタートの季節。春から西国へ

春は何かとせわしない季節、卒業、入学、就職、別れ、旅立ち、、、、そしてそれぞれに始まる新生活。

そんなのに溢れていると思いますが、我が家にもそんな知らせが舞い込んできました。私に関東管領職から西国・九州の大宰府への国替えの命令が。石垣の放浪生活を終えて、真面目に社会人をやろうと思った途端に1年半で社宅を追い出され、息も絶え絶えに家を買ったと思ったら、新居に1年も住まずこの仕打ち・・・(;_;)
家を買うとそいつはローンを背負っているから仕事を辞めにくい→無理繰りな異動をさせるという噂は本当だったのか。

社への忠誠心が揺らぎますが、自分の能力を高めもせず意識が低い暮らしをのんべんだらりと謳歌してきており、他に職を変えられるほどの才能も意識も持ち合わせていませんので、今の仕事にしがみつくしかない足元の弱さを見られている気がします。。。

まぁ石垣時代の放浪生活はともかく、それ以外は横浜より西で暮らしたことはないですし、九州地方には4回くらいしか上陸したことがないので、その辺は楽しみというのも少しあります。九州の皆さんよろしくね☆という気もなくなはい。行ったことがある福岡や熊本、宮崎は素敵な街だったし。

さて、この命令を受け、第二回家族会議が開催されました。議題は単身赴任をするか、一家で動くか、、、です。
・購入した新居を他人に貸す気にはならないこと。
・現代社会では西国と都とのLCC網が発達しており、往復するのもそれほど金銭的には辛くない時代になったこと。
・妻が現在働いていること、西国に行っても関東ほどの条件で働く場があるとも思えないこと。
・今の職にしがみつくなら西国に行っても恐らく数年で戻ってくる仮住まいであること。

などを勘案した結果、春からは単身赴任になることになりました。久しぶりの単身生活です。しかし、生活道具で何を持っていくか、何を揃えるかは慎重に考えようと思います。できるだけものは増やしたくないですし。次回はそんな考えをメモしておこうかなと思います。

借金を背負いたくない!我が家の子供部屋の考え方

この文章を書いているのは子どもがいない夫婦だけど、子供ができたら良いなと思っている夫婦の夫です。

新築の一軒家でもマンションを購入するときも、中古のマンションや一軒家を購入してリノベーションするにしても、スペースが確保されることが多い「子供部屋」。戸建てでは二階に二部屋くらい確保されていたり、「将来、部屋を仕切って子供部屋に使えるスペース」があったりします。

我が家のリノベーションでは子供部屋の類のスペースは前提に入っていないこのような間取りにしました。我が家は子供用のスペースを確保よりむしろ、ダイニングや台所やを開放的にして、さらに小さな自分用の書斎といったものにスペースを割きました。ただ、今住んでいる団地の一室に部屋に子供部屋を作る気はありませんが、本当に子どもが産まれてその子がそこそこ大きくなったら、子供部屋があってもいいかなとは思います。

私の両親は私が小学一年のときに今も父母で住んでいる家を建てました。実家ですね。新潟の片田舎なで、当時同居していた父母兄私の4人で暮らすには関東基準から考えるととても大きな家です。私も兄もそれぞれ部屋を与えられました。いわゆる子供部屋です。私の子供部屋も大いに活躍しました、小学校の高学年~中高の8年間くらい限定で。さらに寂しいのは、私も兄も大学進学を機に家を出ているので、新潟の広い家には若干老いた両親が二人で暮らしており、無駄にでかい家も年をとってきて、メンテナンスが徐々に大変になっていること。 (とはいえ、実家そのものには愛着がありますし、私が何か荷物を置いておくのをお願いすれば大抵は私の部屋に放り込んでおいてくれるこの無駄な広さはありがたいです。) 、、

と、我が身を振り返って、子供が育って家を出ることまでを考えると、子供部屋を予め確保するのは無駄も大きい気がするのです。子供が家を出たら、大きな家を売り払ってもう少し小さい家に引っ越すという考えもできますが、それはそれでめんどくさそう。なので我が家は夫婦二人を前提としたスケール感の先ほど紹介した間取りの家にしました。

とはいえ、中学高校生期の子供のためのスペースが必要というのもわかります。ある程度閉じられた空間で一人で寝る、勉強する、物を整理するなど、空間を管理するというのは、やがて独り立ちするのに有効な気もしますし、両親に隠れてエロ本を読むのもそれはそれで男子中高生には必要な儀式ですな。

では、実際に子供部屋をどうするかですが、、、。団地の良いところは私が暮らしている団地内でも売買されていたり賃貸に出されている部屋がごろごろしているところ。なので子供が部屋を欲しがりそうな中高生時代になったら、団地の一部屋を追加購入するか、賃貸に出ている部屋を中~高校生時代くらいの数年間限定で借りようかなと思います。さらに親の住む団地(=今の団地部屋)と子供の住む団地が同一団地である必要は無いので、近郊のバス便の電車通勤には不便だけどもっと安い団地を狙う手もあります。(まぁ出来るなら同じ団地内が良いかなと思いますが)
子供部屋なので多少内装がぼろい物件でも我慢させましょう。気になるならDIYで壁塗りくらいはさせる。便所掃除も子どもの役目。ガスは契約せずインフラは水と電気のみ。なので風呂に入るのとご飯を食べるのは本国の両親が住む団地に来て、ちゃんと家族が集まるようにする。子供に団地の一部屋をまるまる与えると、近隣のクソガキ共のたまり場になって変なことが起こったりご近所の迷惑になったりしてもたまらないので、オヤジの作業スペース兼母ちゃんからの避難先も植民地部屋に移設します。ダイビング用品やカメラや双眼鏡、防寒具に登山用具も植民地部屋に持ってこよう。 無事に子供が独り立ちしたら、子供部屋という名の植民地部屋は私の作業部屋兼物置として使ってもいいし、必要がなければ売り払って老妻とともに元々の部屋に収まる(もしくは植民地部屋を残して元の部屋を売ってしまう)ことも考えられます。 問題は団地の老朽化ですが、わが団地の場合、建替えまであと20年くらいは掛かる気がしますので何とかなるかなと。そうこうしているうちに子どもも大学に行くくらいになれば親の家から放り出せるでしょうし。

オンボロの団地で暮らすメリットはそれほど借金を背負わずとも家が手にはいるということ。借金を背負わない暮らしは、その経済的な自由自体が財産だと思うのです。莫大な借金を背負って新築の物件を手にしたその瞬間から、資産価値が恐ろしい勢いで減っていく不動産にローンを支払い続ける、そのため辞めたい仕事も辞められない、というのは私ちょっと頂けないと私は思いました。 私の場合、フラット35を背負ったら完済するのは定年も過ぎた70歳近くですぜ、、、(実際には35年もかけないで返済するとしてもそれなりの年齢にはなってしまいます。)

それよりは部屋本体の価格が安い団地を購入してリノベーションするという、そこそこの手で凌ぎ、その分、旅に出たり、美味しいものを食べたり、趣味にお金を突っ込んだり、余裕がある暮らしがしたい。子供部屋のある膨張したマイホーム信仰から離れて、もっと経済的にも家のあり方にも自由があるのじゃないかな、と思うのです。

まぁ偉そうなことを言っても、そもそも子供がいない上に自分の妻が↑のような考えに賛成してくれるかはあまり自身が無いですが。。。 (^^;

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_danchi_interior

”新築 vs 中古” 戦は何度繰り返されるのか?

かつては武田信玄と上杉謙信、最近ではタケノコとキノコ並みに、殺りあっている永遠のライバルが”新築 vs 中古”。SUUMO誌上で対戦すること幾度か・・・。

DSC_0001
数号ごとにSUUMO紙上で新築と中古の対決が繰り返されているので、それだけこのテーマで悩む方が多く、ニーズが高いのでしょうね。SUUMOは家探しを始めた方が手にしそうな雑誌ですから、常に読者が入れ替わり、マンネリとは無縁でしょうし、私もこのテーマでは大いに悩みました

しかしこの対決、SUUMOが無料で大量に配られているのはなぜか?から考えると、SUUMOの厚さのうち8割くらいを占める新築マンション広告の収入があるからで、それなら新築 vs 中古の企画で中古が勝つような結論になったら、スポンサー様全否定になってしまわないのか、、、と大人な心配もあります。

まぁこれまでのこの戦の戦績ですが、私の感覚では7対3か6対4くらいでやはり新築優勢な感じかなーと思います。決して新築が一方的に勝つわけでもない絶妙なバランスで優勢。その辺はいろいろな方が大人なのでしょうから!

中古にとっては、サッカー日韓戦ソウル開催の日本チーム並みのアウェイ感のある企画ですが、この手の企画の場合は、新築に有利なようにバイアスがかかっても良いと思うのです。この手の記事どおり新築を買うか、ひねくれて中古の購入を検討するかの選択権は家を買う人にありますから。

SUUMOは新築マンションを売りたい人が出している雑誌ということを頭の隅に置く必要はありますが、家を買うときの重要ポイントを繰り返し企画している素敵な雑誌です。 SUUMOの定番勝負企画として”購入vs賃貸” と”マンションvs戸建” もあります。これらも一長一短ですから、いつまでも勝負がつかない。あとの定番企画は”資産価値の下がらない街ランキング(新築マンションを多く建設中な街を推す?)”、”年収別の住宅購入費用算出的な特集(他人の収入と家の価格を知りたいという人間のスケベ心が疼きます。)”、”マンションのオプションで導入して良かったもの・いらなかったもの”特集あたりかな?

これらの合計6つの企画をローテーションで回していけば、”それっぽく”なる気がします。

しかし、対決企画は一方が絶対的な勝者になることは無いでしょうから、明日も新築と中古は戦い続けるのでしょうね。中古界の本多忠勝とか新築界の真田昌幸とか出てきて欲しいところです。

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_rino1 banner_danchi_interior

マレーシア・ペトロナスツインタワーの日韓の建築会社の違いでテナント入居状況が異なる噂が真実なのか見に行く

先月のマレーシア行きの時の話。マレーシアの首都クアラルンプールにマレーシアの経済成長の象徴といえるペトロナスツインタワーという超高層建築があります。クアラルンプールの紹介には必ず掲載されている建築物で、これです↓

DSC_0015
wikipediaによると、

”20世紀の超高層ビルとしては最も高い高さ452mの88階建て、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築された。この塔はイスラム様式であり、マレーシアのモスクに似せて作られており特徴的な尖塔を持つ。建設当時は(中略)、超高層ビルとして世界一を誇っていたが、2003年10月17日に中華民国(台湾)の台北101に世界一の座を譲り渡した。ただし、二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さを誇っている。”とあります。そして”日本のハザマがタワー1を、韓国のサムスン物産建設部門がタワー2を、それぞれ建設した。”

とあります。この2つのタワーが異なる会社が建てたという違いが興味深い噂を振りまいています。簡単にいうとペトロナスツインタワー 手抜きとかで検索すると出てくると思います。)韓国側が建築したタワーが傾いており、入居者が入らずで、夜になると日本が建設したタワーは明るく、韓国側のタワーは暗い、、、というもの。近年の日韓関係の難しさも相まって実しやかにインターネット上では語られています。この噂を知ったときから、”クアラルンプールに行ったら是非自分の目ん玉で見て比べてこよう”と思っていたのですが、今回、念願叶ってクアラルンプールに行けたので実際に見くらべてきました。

実際の夜のタワーの様子を紹介する前にペトロナスツインタワーの位置関係を紹介しておきます。Googleマップで現地を表示するとこんな具合↓

ちょっと分かりにくいので以下の地図で解説すると、、、

petro
①が日本のハザマ建設が建てたタワー1、②が韓国の現代建設が建てたタワー2。このサイトでは正面玄関がある北側を”表・正面”として扱い、 池のある公園側を”裏”として扱います。ペトロナスツインタワーは表からみても裏から見ても美しく、表・裏のデザインがとても似ています、このデザインの対象性が”例の噂”の検証には曲者になります。つまり、正面から見れば向かって右側が日本の建設したタワーになりますが、裏側から見れば日本のタワーは左側になります。ネットに出回っているタワーの写真もそこに留意しないといけません。実際のタワーはよく見ると表・裏でデザインが微妙に違っており簡単に見分けられますのでその辺も少し解説しながらと思います。

 

さて、いよいよやってきました夜のペトロナスツインタワー。2016年2月の日曜の夜21時頃です。

DSC_0182

こちらは正面側から撮影した写真。左がタワー2の韓国側。右側がタワー1で日本側。タワー全体がライトアップというかタワー自身が発光していますが、色濃い光が 明かりが電灯の点いている窓でしょう。若干右側(日本側)が明かりが多いかなぁ、、、という気がしますが、そこまでの差ではないような。

DSC_0191

こちらは裏側の写真。左の写真とひっくり返って、左側が日本建設のタワー1、右側が韓国側のタワー2。こちらは両方ともほぼ明かりが消えていますが、韓国側に数個の明かりがついているか?

正直な所、明るさの差はよく分かりません。少なくともどちらかが一方的に明るいということはないような。。。なお表側と裏側のデザインの見分け方ですが、表側には下層階から途中階まで半球状のフロアの出っ張りが前方に突き出ておりましてこれの有無で表側・裏側が見分けられます。

 

しかし、↑を見に行った日は日曜日。ツインタワーの高層階の大半はオフィスと思われるので、やはり平日での比較も必要であろう、ということで翌月曜日も見てきました。時刻は作日と同じ21時~22時頃。

DSC_0227

月曜夜の正面側から見たタワー。左が韓国、右が日本の会社が建築。下層階は日本のほうが明るいけど、中層階はそれほど差が無いかな?

DSC_0239

裏側からみた風景。左側が日本。右側が韓国。これもほぼ差が無いか。なお、真ん中下から上がっている白い線は裏手にある公園の噴水です。

正直なところ、この辺でタワー1とタワー2でそれほど明るさに差が無い気がしてきます。実際にタワー周辺を歩いたり内部の様子を見たりしてもタワー1とタワー2の扱いに差があるように見えないですもん。。。しかしある程度サンプルを集めないと統計学上は問題がありそうなので、翌火曜日も行ってきました。

DSC_0268

正面側から。左が韓国、右が日本。右側が若干明かりの数が多いですね。

DSC_0263

裏側から。左が日本、右が韓国。あまり差はないですが低層~中層階では韓国側(右)が若干明るいか。

 

もう日課になりつつあるので、水曜の夜も見に行ってきました。

正面側。油断したらぶれた写真になってしまいました。左が韓国、右が日本。ライトがついている位置がほぼ昨日の夜と変わらないような。。。まぁ忙しい会社は毎日忙しくて夜まで電気がついているでしょうし、暇な会社や空いている階は毎日暗いままだと思われますし。

裏側。左が日本、右が韓国。こちら側は韓国側(右)の方が明かりがたくさん点いていました。この日は表側は日本側が明るいのに、裏側は韓国側が明るい結果。表側は昨日とほぼ変わらない位置が点灯していたのに裏側は明かりの位置が昨日と結構異なっているのはなぜでしょうか。

 

そして木曜の夜。

左が韓国、右が日本。ライトがついている位置はやはり昨晩ほぼ変わらないような。。。日本側が多いか。

裏側。左が日本、右が韓国。昨夜と同じく裏側は韓国側の方が明かりがたくさん点いていました。

 

そして金曜の夜。この日はちょっと遅くなって23時頃の様子です。

表側。左が韓国、右が日本。ライトがついている位置はやはり毎晩ほぼ変わらず右側が賑やか。

裏側、左が日本、右が韓国。今夜はほぼ互角か。金曜で昨日より遅目の時間だったからかも?

こんな具合でした。少なくとも完成から20年ほどたった2016年現在、タワーの夜の明かりがついている窓の数にそれほど顕著な差は無いような。。。

 

そしてもう一つ韓国側のタワーは閑古鳥で日本側タワーが盛況とされる根拠に使われるのが、テナントの入居状況を記した看板。日本側はたくさんお企業名があるのに韓国側は企業名が少ない、、、というものです。やはりこれも自分の目ん玉で見てこなくてはと思いまして、写真に収めてきました。 まずは日本側のタワー1の入居テナントの看板。

 DSC_0247
三枚の看板に列挙。
 DSC_0252
一番左の板。上部にはタワーを建設した「PETRONAS」を関した企業が多い。

 

続いて韓国側のタワー2のテナントの入居状況。


パッと見、確かにタワー1に比べると少ない。。。

入居者数の看板から入居テナント数を単純に見ると、日本側の圧勝。これは噂通りでした。

ただ日本側のタワー1はタワーを作ったペトロナス系列と思われるペトロナス~という会社がやたら多く列挙されているのと、フロア番号まで書かれていないということが気になりますし、韓国側のタワー2にしてもこの看板にあるテナントしか入居していないないとすると、韓国側のタワー2は88階建てのうち半分以上が入居していないことになります。
夜の明かりからはタワー1と2で明かりの数にそれほどの差があるように思えなかったので、もしかしたら看板に掲載されていないテナントもあるのかな、、と思ってしまいました。このタワーはクアラルンプールの象徴でもあるし、空き室・空き階があるなら賃料を下げても埋めるような気もしますし、実際立地も良いのですぐ埋まるような気もします。 実テナントの入居数は実際に両タワーの中を登って様子を見るのが確実だと思うのですが、展望階以外のオフィス部分は厳重に警備されており、用もない外国人が立ち入ることはできなさそうだったので調査はここまでです。

 

まとめると、 ペトロナスツインタワーの夜の明かりは日本の会社が建築したタワー1側と韓国の会社が建築したタワー2で、顕著な差はなかった。 入居テナントを掲示している看板は日本側のタワーのほうは入居テナントは多く記載されてあり、韓国側のタワーの入居テナントは記載は少ないのは事実。しかし実際に入居テナントの数と看板が一致しているのかは疑問が残る。 といったところでしょうか。

 

テナント数や日韓の違いはともかく、タワー裏側の公園には熱帯っぽい植物や鳥が暮らしており、日が落ちた夜にはライトアップされたタワーの麓でマレーシアっ子が池の畔に座って夕涼みをしており、そんな彼らに混ざってみるのも異国情緒があり良いものでした。タワーも美しいですし、クアラルンプールに言ったら一見の価値ありだと思います。

 

旅日記ブログランキングに参加しております。参考になった・面白かった内容がありましたら、
↓をクリックいただけると幸いですm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

 

我が家のダイニングチェア・DC09を造った宮崎椅子製作所を訪ねる(続き)

先回の宮崎椅子製作所さんのショールームを訪ねた話の続きです。

静かな宮崎椅子製作所さんのショールームで完成品のいろいろな椅子に座るのも面白いかったのですが、独特な雰囲気を持つ工場の中でどのように椅子が作られているかも気になります。
IMG_3777
木材や布などの素材がどのように椅子になるのか見てみたい、しかし、素人がいきなり覗き込んだりウロウロしたりするのもな、、、と迷っていると、「工場の中を案内しましょうか?」と声をかけられました。
 →続きを読む

我が家のダイニングチェア・DC09を造った宮崎椅子製作所を訪ねる

吟味に吟味を重ねて選んだダイニングチェアのDC09を先日紹介しました。このDC09を作った宮崎椅子製作所さんは徳島県の会社です。私も徳島に多少の縁があるのですが、しかし、この”宮崎椅子製作所”を知っている人は周りにはいませんでした。海外の賞を受賞するような椅子を作る会社ですし、また製品を取り扱っている店も全国に散らばっています。徳島県は人口も少なく面積もそれほど大きな県ではないので、話が拡がりそうですが、地元では案外知られていないというちょっと不思議な状況です。

宮崎椅子製作所さんのサイトの会社案内には

■ショールーム
工場併設のショールームにて、ほぼ全ての椅子をお試しいただけます。

とありますので、”行ってみたいな、、、”と思っていました。我が家にやってきたDC09がどんなところで作られているか、という点でも興味があるのですが、素晴らしい椅子を作っているのにあまり地元で知られていない宮崎椅子製作所さんそのものに興味があったのです。
 →続きを読む