新生活スタートの季節。春から西国へ

春は何かとせわしない季節、卒業、入学、就職、別れ、旅立ち、、、、そしてそれぞれに始まる新生活。

そんなのに溢れていると思いますが、我が家にもそんな知らせが舞い込んできました。私に関東管領職から西国・九州の大宰府への国替えの命令が。石垣の放浪生活を終えて、真面目に社会人をやろうと思った途端に1年半で社宅を追い出され、息も絶え絶えに家を買ったと思ったら、新居に1年も住まずこの仕打ち・・・(;_;)家を買うとそいつはローンを背負っているから仕事を辞めにくい→無理繰りな異動をさせるという噂は本当だったのか。

社への忠誠心が揺らぎますが、自分の能力を高めもせず意識が低い暮らしをのんべんだらりと謳歌してきており、他に職を変えられるほどの才能も意識も持ち合わせていませんので、今の仕事にしがみつくしかない足元の弱さを見られている気がします。。。

まぁ石垣時代の放浪生活はともかく、それ以外は横浜より西で暮らしたことはないですし、九州地方には4回くらいしか上陸したことがないので、その辺は楽しみというのも少しあります。九州の皆さんよろしくね☆という気もなくなはい。行ったことがある福岡や熊本、宮崎は素敵な街だったし。

さて、この命令を受け、第二回家族会議が開催されました。議題は単身赴任をするか、一家で動くか、、、です。・購入した新居を他人に貸す気にはならないこと。・現代社会では西国と都とのLCC網が発達しており、往復するのもそれほど金銭的には辛くない時代になったこと。・妻が現在働いていること、西国に行っても関東ほどの条件で働く場があるとも思えないこと。・今の職にしがみつくなら西国に行っても恐らく数年で戻ってくる仮住まいであること。

 …この続きを読む

借金を背負いたくない!我が家の子供部屋の考え方

この文章を書いているのは子どもがいない夫婦だけど、子供ができたら良いなと思っている夫婦の夫です。

新築の一軒家でもマンションを購入するときも、中古のマンションや一軒家を購入してリノベーションするにしても、あらかじめスペースが確保されることが多い「子供部屋」。戸建てでは二階に二部屋くらい確保されていたり、「将来、部屋を仕切って子供部屋に使えるスペース」があったりするのかな?

我が家のリノベーションでは子供部屋の類のスペースは前提に入っていないこのような間取りにしました。我が家は子供用のスペースを確保よりむしろ、ダイニングや台所やを開放的にして、さらに小さな自分用の書斎といったものにスペースを割きました。

私の両親は私が小学一年のときに今も父母で住んでいる家を建てました。新潟の片田舎なので、父母兄私の4人で暮らすには関東基準から考えるととても大きな家です。私も兄もそれぞれ部屋を与えられました。いわゆる子供部屋です。私の子供部屋も大いに活躍しました、小学校の高学年~中高の8年間くらい限定で。さらに寂しいのは、私も兄も大学進学を機に家を出ているので、新潟の広い家には若干老いた両親が二人で暮らしており、無駄にでかい家も年をとってきて、メンテナンスが徐々に大変になっていること。

 …この続きを読む

”新築 vs 中古” 戦は何度繰り返されるのか?

かつては武田信玄と上杉謙信、最近ではタケノコとキノコ並みに、殺りあっている永遠のライバルが”新築 vs 中古”。SUUMO誌上で対戦すること幾度か・・・。

 …この続きを読む

マレーシア・ペトロナスツインタワーの日韓の建築会社の違いでテナント入居状況が異なる噂が真実なのか見に行く

先月のマレーシア行きの時の話。マレーシアの首都クアラルンプールにマレーシアの経済成長の象徴といえるペトロナスツインタワーという超高層建築があります。クアラルンプールの紹介には必ず掲載されている建築物で、これです↓

wikipediaによると、

”20世紀の超高層ビルとしては最も高い高さ452mの88階建て、マレーシアの国立石油会社 …この続きを読む

宮崎椅子製作所を訪ねる~我が家のダイニングチェア・DC09を造った会社~(続き)

先回の宮崎椅子製作所さんのショールームを訪ねた話の続きです。

静かな宮崎椅子製作所さんのショールームで完成品のいろいろな椅子に座るのも面白いかったのですが、独特な雰囲気を持つ工場の中でどのように椅子が作られているかも気になります。 木材や布などの素材がどのように椅子になるのか見てみたい、しかし、素人がいきなり覗き込んだりウロウロしたりするのもな、、、と迷っていると、「工場の中を案内しましょうか?」と声をかけられました。

 

 …この続きを読む

宮崎椅子製作所を訪ねる~我が家のダイニングチェア・DC09を造った会社~

吟味に吟味を重ねて選んだダイニングチェアのDC09を先日紹介しました。このDC09を作った宮崎椅子製作所さんは徳島県の会社です。私も徳島に多少の縁があるのですが、しかし、この”宮崎椅子製作所”を知っている人は周りにはいませんでした。海外の賞を受賞するような椅子を作る会社ですし、また製品を取り扱っている店も全国に散らばっています。徳島県は人口も少なく面積もそれほど大きな県ではないので、話が拡がりそうですが、地元では案外知られていないというちょっと不思議な状況です。

宮崎椅子製作所さんのサイトの会社案内には

 …この続きを読む