【霜止んで苗出ずる:七十二候】野菜の苗を植える

本日4月30日は七十二候の霜止出苗(霜が終り稲の苗が生長する)。

七十二候は二十四節より日本の自然の移ろい、季節の変化に合っていて私はとても好きです。

私の周りでも農家さんは田起こしを始めていますし、田植えに備えて稲の苗床も用意しているようです。この連休中に田植えを行う方も多そうです。

私が四月から住みついている家はもちろん水田は付属していないので、稲の苗は育てられませんが、本日釣りの道具を買いにホームセンターに行ってみると野菜の苗が叩き売られていました。なんと一本30円から。私の家にはネコの額ほどの庭というか何も生えていないスペースがあって、しかしここは雑草に覆われてしまい荒れ放題になっていたのでした。 叩き売られている野菜の苗を見ているうちに我が家の荒地を開墾してささやかに家庭菜園をやってみたくなりました。幸い倉庫に前の住人の方(?)が置いていった肥料が放置されているのを見つけていたので、それを使えば肥料は買わなくてすみそうですし。 野菜苗を5本ほど買いこみ、家に連れ帰って、早速植えることに。。。

しかしその前に荒地を開墾します。最初はこんな具合でした。

IMG_5479

ベランダと柵の間が苗を植えられそうなスペース。手前は駐車場でアスファルト舗装なのです。このように生命力旺盛な雑草に覆われています。一部何も生えていない空間がありますが、庭木でもあったのか、何かのペットでも埋葬された跡なのかは神のみぞ知る。

まずは草を抜きます。
IMG_5480
この写真を撮ったのはほぼ正午。しかし庭木の陰が結構な広い部分に掛かっており、正午時点で影が落ちている部分は日当たりが悪そうなので野菜は植えないことにしました。草を引っこ抜いた後は、倉庫に放置してあった肥料と発酵鶏糞を土に混ぜ畝状に盛り上げます。まぁ畝の形も肥料の量も適当です。そんな場所も広くないし。

叩き売られていた苗たちを植えます。これも倉庫に放置してあったのを見つけた農作業用の棒を添え木にします。
IMG_5490

手前から接木ナス(100円)、ナス(30円)、唐辛子(90円)、ミニトマト(90円)、ゴーヤ(90円)。合計5本で400円。もっと植えたいですがスペースが無いしな。。。あとはゲリラ的に小ネギの根も活けようと思います。

IMG_5492

安いだけあって、実はこの苗たちはかなりしょぼくれた状態で売られていました。その中でも比較的状態が良さそうなのを選んだのですが、まずはちゃんと我が家の荒地に根付くかが山かも・・・。がんばって生きて豊作になって欲しいものです。

山田工業所製中華鍋の空焼きと慣らし

単身生活に備えて合羽橋道具街で買ってきた山田工業所の中華鍋

やっぱり買ってきたからには早く使ってみたいのが人情。なので、さっそく鍋を使える状態にして慣らしを行うことにしました。まずはは出荷時に錆び止め用として塗られているニスを焼き切らなければなりません。やることは単純で、鍋をガスコンロで炙り、ニスを焼き切って鍋の鉄を剥き出しにして油を塗るのです。これを鍋全体にまんべんなく行います。そんなに難しい作業ではありませんが鍋全体を焼くという根気の必要な作業。夏はしんどそうです。

早速取りかかります。ニスで覆われている部分は黒くて、表面もツルツルしています。これを火に掛け青灰白色の鍋の地金が出るまで炙るのです。下の写真では鍋の右上の色が変わっている部分が焼けてきました。
IMG_4691

鍋を回しながら焼き切った部分の領土を広げていきます。当然、激熱暑なので持ち手にタオルを巻いて掴みながら炙っています。
IMG_4695
鍋部分が7割くらい焼けてきました。

40分くらいかけて鍋部分を焼きました。↓は持ち手部分がまだ焼けていない状態。
IMG_4709

持ち手部分も火にかけていきます。
IMG_4711

持ち手の裏側も鍋をひっくり返して焼きます。
IMG_4716

全体を焼き切りました。私の場合、前部を焼くのに1時間強ほどの時間が掛かりました。
IMG_4726

持ち手のところに、完全冷める前に濡れ布巾をまいたら、冷めていなかったんでしょうね、ジュッという音と共に変な模様が。。。
IMG_4718
もう一回焼きを入れればこれも消えるのかもしれませんが、これは私の中華鍋の個性ということにします。お店によってはこの焼き作業が終わった山田工業所の中華鍋を売っていますが、私は自分の道具なのでこの空焼きから自分でやりたかったので、さび止めニス付きのものを買いました。

鍋が冷めるのを待って全体に油を塗りつつ、多めの油でくず野菜(今回はネギのはの上の方の青い部分)を炒めてならし作業終わり!
IMG_4730

その後、早速シンプルな卵だけのチャーハンを作ってみます。、、、気分のせいもあると思いますが、いつものフライパンで作るより旨い気がします(^^)
IMG_4738

この鍋で食事を作るのがちょっと楽しみになりました。食事が楽しみになるとあまり気乗りしない単身生活も少しは楽しみになります。

↑今回出てきた道具達。まぁこんな相場ですってことで。。。

 

さて、今回のエントリーは、横浜からの編集の最後のものになります。次回以降は赴任先からの更新になると思いますが、このサイト自体は特に今までと変わることはなく、私が日々思い付いたことや旅の記録、読んだもの等を記録していこうと思っています。引き続き新年度もよろしくお願いいたします!

物を増やさない単身生活・合羽橋で中華鍋を購入

先回のエントリーでは香港・上海街で中華鍋を探してきたのですが、気に入ったものにめぐり会えず、中華鍋を購入せず日本に戻ってきたことを書きました。

結局日本で購入するわけですが、日本で中華鍋を探すといったら、中華の観点なら横浜中華街が思いつきますし、厨房道具という観点なら日本が誇る合羽橋道具街が思いつきます。今回は我が家から比較的行きやすい合羽橋へ行くことにしました、私も何回か行ったことがあり馴染み深いですし。

IMG_8315

合羽橋道具街に行く前に、、、日本で伝統的な黒くて鉄の中華鍋を買おうと思ってネット検索をすると、”山田工業所”の製品に行きつきます。これぞイメージどおりの中華鍋。山田工業所の中華鍋は単純な鉄のプレス加工ではなく、鉄を約五千回くらい叩いて作る”打ち出し”という方法で作るそうです。

合羽橋に多くの厨房器具を扱っている店が集まっていますが、中華鍋については、どこの店もこの山田工業所の製品をメインで扱っているのでした。なのであまり鍋そのものをどうするかで迷うことはないですが、そんな中、迷う点は以下のとおり。
・持ち手が両手の広東鍋にするか、片手の北京鍋にするか。
・鍋の直径。
・鉄の厚さ。(山田工業所の製品でも1.2mmと1.6mmのものがある。当然薄いほうが軽いのですが、実際手に取ったときの重さはどんなもんでしょうか。)
・持ち手を木にするか鉄むき出しにするか。
・さび止めのニスがついているか(使用前に自分でニスを焼ききる必要がある)orすぐ使えるようにニス焼き済み(ニス付きに比べ少し高い&扱っている店が少ない)のものにするか。
・店によって多少の値段の差
その辺を見極めて買うことになるかと思います。

合羽橋で山田工業所さんの中華鍋と初対面。これは、、、武骨でカッコいい。持ち手部分の溶接?も十分でさすがです。やっぱり日本製は信頼できます。中華鍋も日本製が良いのかと思うと不思議な気分・・・。

私が買ったのは、山田工業所の片手の中華鍋(北京鍋)で直径30cm、厚さ1.2mm、持ち手は鉄むき出し、さび止めニス付きという極めてオーソドックスなものになりました。やはり家庭で取り回すものなので扱いやすさも重視してそれほど大きくなく重くなくです。山田工業所の中華鍋は27cm~39cmまで3cm刻みで大きさが異なる商品がありますが、家庭用は27~33cmくらいかなと思いました。

購入したのは合羽橋にある東洋商会さん。値段が私が見た限り合羽橋でも3本の指に入るくらい安かったのと、ちょうど私が訪れた際に、昼から酒を飲んで合羽橋のいろいろな店に絡んでまわっていた酔っ払いを店長さんが一喝して追っ払っていた男気がかっこよかったから。サイトはこちらです。(おかしの森と書いてあるけど、中華鍋の売り場の方はそんなにメルヘンチックな感じじゃなかったです(^^; 私が中華鍋を買ったのは1Fの方ですね。)

買ってきた中華鍋はこんなのです。
IMG_4648
中華お玉は我が地元新潟・燕市の若林工業さんのもの。お玉は黒皮鉄、ツナギ棒とパイプ柄はステンレスでがっちり溶接してあります。やはりお玉も中華用にしたい。

IMG_4776
柄のところには富士山マークの”打出し ”と直径を表す”30”の文字。

中華鍋は料理に関しては万能選手ですが、その形状で家庭で取り回すには少し困ったこともあります。それは中華鍋は底が丸く、そのままガスコンロやテーブルなどの平面に置くと、あまり安定しないのです。↓のような具合です。
IMG_4637
ひっくり返ることは無さそうですが、グラグラするし、ちょっと怖い。おちおち炒飯を炒められません。

そこで中華鍋用の補助五徳を購入しました。モノはこんなやつ。
IMG_4632

↑に写っている我が家のガスコンロはハーマンのプラスDoですが、この補助五徳はガスコンロ市場ではハーマンの競合社にあたるリンナイ製のものです。しかし、まるで純正オプションのようにプラスDoにぴったり!雰囲気も我が家の武骨ハーマン・プラスDoとよく合います。この補助五徳は6本足、4本足の五徳のコンロと相性が良さそうです。

中華鍋を載せるとこんな具合。
IMG_4638
安定感が格段に良くなりました。

それに補助五徳をしたままでもUNIFLAMEの鍋を置けるのが便利です。
IMG_4744
新居では補助五徳はコンロに装着したままになりそうです。

そしてもう一つ購入したものがあります。中華鍋は通常、蓋をしないで使用しますが、私は中華鍋でカレーや煮物を作ることも考えていますので、蓋も購入しました。中華鍋用ではなく汎用品です。無骨な中華鍋に合うような金属の蓋が欲しかったので、アカオアルミさんの蓋を選びました。
IMG_4671
がっちりした持ち手がお気に入りです。

蓋の直径は中華鍋と同じ直径の30cmのものにしました。ちょっと内側に落ち込むような感じですがほぼぴったり。
IMG_4659
もうワンランク大き目の蓋でもいけるような気もしますが、外側にはみ出ると持ち手と干渉しそうですから、これくらいが無難だったかもしれません。(蓋のシールは撮影後、剥がしました)

そうそう、煮物やカレーといえば、鍋の容量が大切です。直径30cmの中華鍋このくらいの水が入りました。
IMG_4674

計ってみたら約3リットル。これ、5合炊きの文化鍋くらいの容量になるので、単身生活でカレーを作るには十分な容量です。

中華鍋は単身赴任用に買ったのですが人情としては早速使ってみたい。ので、鍋のさび止め用ニスを焼き切る鍋の空焼きもしたのですが、それは長くなったので次回に回します。

一応今回紹介した物をご参考までまとめておきます。中華鍋シリーズを買ったのですが、謀らずも全て日本のメーカーのものになってしまいました。

次回は中華鍋を使用する前に行う空焼きの様子を紹介します。

物を増やさない単身生活・炒め物用の道具を求めて海を越える

単身生活に備えて揃える炊事道具。鍋は先回のエントリで紹介したとおり、アウトドア用を使い回そうと思いますが、野郎の単独生活の頻出料理である”炒めもん”を作る道具は持ち合わせていませんので、購入せねばなりません。しかし、単身赴任用に我が家にあるようなフライパンと似たような物を買っても、単身生活終了時の数年後には不要になるのは目に見えているので、単純なフライパンの買い増しは気乗りしません。

何か良い手はないか考え、閃きました!我が家が持っていない調理道具で、炒め物はもちろん、揚げ物、煮物、蒸し物も出来る最強の調理道具があるじゃないか、と。。。

その調理道具こそ、中華鍋。まぁ、この閃きには最近嵌まっている漫画の”鉄鍋のジャン”の影響が多分にあるのですが。。。

中華料理は日本人にも馴染み深く、揚げ物、蒸し物、炒め物、、すべてあの中華鍋とお玉でできるようなイメージすらあります。それに私の赴任先に持っていく鍋は先回のエントリーで紹介したアウトドア用のもの。これらはあまり大きな物ではないので、フライパンより底が深めの中華鍋なら煮物やらカレーやらにも使えそうで、我ながら良い発想と思うのです。

 

そして中華鍋を買うなら、中華料理屋さんで見かける持ち手も鉄でできている真っ黒な伝統的なスタイルの中華鍋を手に入れたい。最近は軽量のチタン製や焦げ付かないダイヤモンドコーティングのものもあるようですが、やはり重くて黒くてどうしようもない鉄製を手にしたい。

 

 

そこで気に入る中華鍋を探しに旅に出ることにしました。向かった先は中国・香港。

160313-2232-IMG_4092
このネオンとむちゃくちゃな過密建設のマンションが、”ザ・香港”ってな感じです。中華の本場に来ればイカす中華鍋があるに違いない。

160313-2229-IMG_4090
安宿と怪しい両替所と「シャチョーサン、ニセモノアルヨー」と声を掛けてくる怪しいアジア人が屯するバックパッカーのメッカ”重慶大厦(重慶マンション)”の辺りは外国に来た感があります。

重慶マンションはともかく、中華鍋を探して街中へ出ます。

お、屋台の生肉屋さんがあります。
160315-1239-IMG_4562
豚足から牛タン、心臓等々、丸のままでどーんと売られています。さすが机以外の四足は全て食うといわれる中国人。

160315-1126-IMG_4539
こちらは野菜・果実の屋台。種類が豊富!

160315-1235-IMG_4557
魚の屋台。下のモノはウナギかな?なんでしょうね。右上のベロベロはマテ貝かな?

160315-1126-IMG_4538
中国の豆腐屋さんの屋台です。パックに入れず水を張ったバットにそのまま豆腐が沈んでいました。こうやって売ったほうがパックに入れるより旨そうに見えます。

160313-1548-IMG_0723
カモの丸焼き。ちゃんと丸のままというのが分かるような状態で店頭で売っていました。旨そう・・・。

食べ物ばかりじゃなくて、中華鍋はどうなったか、ですが、”香港の合羽橋”ともいえる厨房道具屋さんがずらっと連なる”上海街”へ行って参りました。中華料理の多様性が現れるようにたくさんの調理道具が売られていました。しかし、驚くことにあの鉄で出来ている無骨な黒い伝統的な形態の中華鍋が本当に少ないのです。。。これはちょっと意外でした。替わりに炒め物用の調理器具として売られているのは、日本製やドイツ製といったことを売りにしているテフロン加工とかダイヤモンド塗装をしたようないかにもなフライパンが中心なのでした。日本のホームセンターと変わらないような品揃えです。数少ない伝統的スタイルの中華鍋も無いことはないけど、売られている商品はさびが浮き出ていたり、持ち手の溶接が甘そうなものが多く、日本にわざわざ持って帰る気にはならないようなものばかり。。。

中国の経済成長は目覚ましいですが、厨房器具まで自国の伝統的なスタイルを捨てて外国に被れなくても良いじゃないかと思います。googleの画像検索で”上海街 中華鍋 香港”で検索した結果を見ても中華鍋が少なそうなことは一目瞭然。一応、上海街はGoogleのストリートビューで見るとこんなところです↓

ゲートに包丁が掲げられていたり、路の脇も厨房道具屋さんが写っているのですけどね。

気に入った中華鍋を見つけられなかったので、無理に買う必要もないかと思い、上海街を後にします。

上海街の近くはなかなか中国くさい半店舗・半屋台のような飲食店が並んでいる素敵な街です。腹が減ったのでなんか食っていこうと思います。汚い地元向けっぽい店でも客の入りに濃淡はあります。地元客が多く、店の8割くらいが埋まっているのがきっと旨い店なのです。そんな観点ではいった”四季煲仔飯”。煲仔飯というのは土鍋で作る香港の釜飯で、香港の”ソウルフード”とのこと。

160313-1927-IMG_4075
うまーい!この土鍋の風情も良い。中華鍋を買えなかった虚しさを埋めてくれるようです。

他の香港の話はまたの機会にするとして、結局、香港ではこれぞ!という中華鍋に出会えなかったので、結局、中華鍋は帰国後に、日本で探すことにしました。

物を増やさない単身生活・鍋類はアウトドア用品で

さて、4月から単身赴任が決まった我が家。数年の仮住まいと思われるのであまり物を購入したくないので、先回のエントリーでは持っていくもの、持参するものについて考えたのですが、どうしても炊事道具だけは自前で用意しなければならなそうなのです。

割り切って安い物を買って捨ててくる手もあるのですが、やっぱり物を無駄に買ったり捨てたりするのは気分がよくないものです。

どうしたものかな、、、と考えたのですが、我が家には使っていない”鍋のようなもの”があるのを思い出しました。

モノはこれです。↓
IMG_4749

アウトドア用の鍋。正確にはアウトドア用のケトル(ヤカン)とティーサーバーなのですが、見た目的にはほぼ鍋。

もちろん直接火に掛けられるし、右の大きなほうは容量1.6リットルくらいあるので一人暮らしにはちょうど良いサイズです。

IMG_4751

アウトドア用なのでこれらのケトルとサーバー自体の収納についても考えられており、大きい方に小さい鍋も入れられるので場所はとらない。。。ですが、平地の家の中で使う分にはここまで小さく収納しなくても良いか。

この商品は新潟のUNIFLAMEというアウトドア関係の商品を作っている会社の製品。外用なので結構がっちり作ってあります。残念ながら廃盤になってしまったようですが。この鍋は最近出番がなく我が家の山道具ボックスの中で眠っていましたが、コイツを眠らせたまま鍋を追加で買うこともないです。春から我が家の鍋として使い倒そうと思います。

さて、単身用の鍋はこれで良いとして、次は炒め物を作るフライパンです。男一匹クソ野郎の単身生活では、肉野菜魚その他を、油塩醤油胡椒胡麻油で炒める料理は欠かせません。鍋以上に炒めものをどう作るかは重要なのです。次回は炒め物用の炊事道具を考えたいと思います

単身生活の道具を考える。物を持たない生活へ

さて、先回は九州への国替えの命令があり、単身赴任が決定したことを書きました。単身赴任先に何を持っていくか、以下のリストのように考えを整理しました。

・まずは九州と言えばすべての県が海有り県。なので、最も大事なのは釣り道具、海道具。釣り三昧・スノーケル三昧です。早速、石垣時代に活躍した釣り道具を団地倉庫から出してきて、リールの調子や仕掛けの在庫を点検しつつ、奮発して釣り竿を新調しました。スノーケル道具は先日のパラオで使ったので問題なし。

・生物を見る双眼鏡や記録用のカメラは現在使っているものをそのまま持っていくことに。

・パソコン。これも今の家で使っているデスクトップはあまり調子が悪いけど改めて買うのも面倒だし物を増やすのもな、、、という消極的な理由で馴れたものを持っていくことにしました。

・ 大型家電類。洗濯機や冷蔵庫等々。普通の引越しならこれらが一番頭を悩ませるところですが、今回の単身赴任は数年経てばまたどこかへ国替えになると思うし、単身用の小さめな家電を買っても横浜の家では不要になることが分かっています。そこで大型家電はレンタルで済ますことに。家電レンタルは何社かサービスをし ていますが、私はクロネコヤマトの家電レンタルサービスに申し込みました。

・布団。横浜の家でほとんど使わないお客さま用布団を持っていくこと。

・服、何着か。普段の仕事は支給される社の作業着ですし、会議用のスーツ2着くらいと私服を数着持っていけば十分か。

・ 炊事道具や台所用品。美味しい物を食べるためにも、また釣った魚を食べるためにもこれは重要です。しかしこれが案外くせ者です。これも家電と同様、新たに 購入しても仮住まいを畳んだときに不要になりますが、レンタルでは炊事道具は扱っていないのです。購入しても大した額ではないですが、お金の問題というよ り、何年後かに使用可能な道具を捨てることになるのがとても嫌なのです。
食器類は今の家で私が使っているのをモノを持っていくので、我が家全体の総和は変わらないと思うのですが、特に鍋やフライパンといったもので工夫したいところです。出来るだけ横浜の本拠住まいと仮住まいのモノの総和を増やさないようしたい。次回はこの炊事道具について考えたいと思います。