香港に行こうと思う~香港旅行1~

2月のマレーシア出張のお陰で代休が溜まり、3日間ほど休めそうです。いわゆる代休です。

最近ようやく海外への抵抗感もなくなってきたので、どこか近場の外国に行きたいな、と思いました。近場の国で気になっているのは、中国、台湾、ベトナム、フィリピン、、、マレーシアも気に入ったところです。まぁ3日間程度の弾丸旅行なのでお金はかけずにペロッと見てまわるくらいで惜しくない旅行にしたい。LCCで行けるくらいがちょうど良い。

諸々検討の結果、行き先は中国、、、といってもちょっと特殊な立地の香港・マカオになりました。ここに行こうと思った唯一の理由らしきものは、日本のバックパッカー・貧乏旅行者や旅に出る者に絶大な影響を与えたと沢木耕太郎著「深夜特急」のスタートの地だったから。深夜特急は文庫本では6冊からなるアジアからユーラシアを横断しイギリスまで行く旅を描く長編ですがその最初の一冊は、出発の地の香港とマカオに費やされています。

深夜特急の旅の最初なので主人公(私=沢木氏)自身が旅に慣れていなかったり、日本の常識に縛られていたりしたものから香港やマカオの熱気によって徐々に解放されて、この長旅の方向や姿勢がみえてくる様子が魅力の巻です。

沢木氏が深夜特急の旅をしたのは80年代半ば。今から30年前で香港・マカオはまだ中国に返還されておらず(深夜特急一巻では中国と香港の国境を見に行くパートがある)、また日本から中国本土への旅行は今ほど自由ではなく、中国が現在のような経済発展をしていなかった時代です。深夜特急に描かれている香港と今の香港の様子がどのように違うかにも興味があったのです。

 

さて、香港と日本を結ぶLCCは何社かありますが、日程に合致し安い会社を探したところ、行きはジェットスター、帰りはバニラエアが都合が良いようでした。 旅の始まりはいつも海外に出掛けて行くときに慣れ親しんだ成田空港。ただし成田ではLCC専用のチープな第三ターミナルから出発です。登場口から地上に降ろされて、階段で飛行機に乗る辺りがLCCっぽい。

160313-0814-IMG_3992

わずか二泊三日の短期旅行なので私と妻がそれぞれデイパックを一個ずつ背負って身軽に出発です。香港へは成田から5時間余。 香港が辿ってきた歴史的な背景もあり、中国であって中国ではないような土地ですが、妻との海外旅では昨年のパラオに続いて2国目です。 深夜特急では成田から香港に行くインド航空の飛行機の機内食のひどさについて書かれていますが、LCCは飯すらオプション扱い。飯が出るだけ深夜特急が若干うらやましい。香港で旨いものでも食べようと思っているので、機内では持参のお菓子くらいで凌ぎます。

香港上空の天気は悪く、地上が見えたと思ったら、もう地上100mくらいで、あっという間に着陸。よく着陸できたなと思いますが、完全に計器誘導だったのでしょうね。


 →続きを読む

我が家の魚の貯蔵庫、その後。

電気冷蔵庫を置かない代わりに、鮮魚は海が我が家の貯蔵庫として必要な分を持ってくる(釣ってくる)生活について先回書きました。

その後、貯蔵庫の調子(釣れるタイミング・餌や仕掛け)などに進歩が見られた結果、鮮魚、特にアジは量産体制に移行し、安定供給が出来つつあります。

IMG_0203

↑調子が良かったとき19:00~21:00くらいで65匹の小アジが釣れました。食べきれないものは干物へ。

さらに魚の安定供給だけではなく魚は港で締めて、解体できる体制へ。(単に出刃包丁とまな板を車に積み込んだだけですが)

DSC_0070

刺身醤油の小瓶を持ち歩き、その場で漬けや刺身にして、ご飯といっしょに頂きます。海は魚の貯蔵庫食堂に移行しつつあります。

 

今日も海へ。18:30にアジポイントに到着。最初に大きめのアジが釣れて、型の良い20cmのアジが釣れた!と思ったらどんどん釣れるアジのサイズが下がっていく・・・。19:40くらいになると5cmくらいの釣る方が申し訳ないようなサイズばかりになる。針を飲み込んだ2匹は仕方ないのでもって帰ることにして、それ以外は釣れる度に針を外して海にお帰りいただいくことに。しかし、それもめんどくさくなって撤収。何故どんどん釣れるサイズが小さくなるのでしょう。。。

IMG_6729

左上が一番最初に釣れたやつ。右下が最後の方。。。同じアジなのに。

今日は大から小のアジをた12匹。家に帰って大きい方から9匹(上の写真の右下3匹を除くやうら)くらいは頭を落とし三枚に下ろし、身は刺身で。骨は片栗粉をはたき、油で揚げて骨せんべい状に。下ろすにはちっこいやつらもまとめて油で揚げます。

 IMG_6737

今日の夕飯!大皿に新鮮なアジの刺身満載です。そうそう、一番大きいアジは卵を持っていました。大皿の左上付近にあるオレンジのものが卵。これもとろりとして旨かったです。刺身もプリプリして弾力もあるし、骨せんべいはカリカリ。充実した食生活。しかし最後の方になるとアジの刺身に若干飽きてくる。贅沢な話です。アジ以外の魚の安定供給にも取り組んでみようかな、と思います。

アブラサス(abrAsus)小さい財布3年モノとクアトロガッツ小さいふ2年モノの様子

2015年3月21日に投稿した”abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」の使用開始2年後の様子”では私が使用する財布であるabrAsusから出ている”小さい財布”の2年間の使用感を、2015年3月31日に投稿した”abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較”では小さい財布と妻の財布であるクアトロガッツが作る”小さいふ”の様子や使用感の比較を書きました。

この2つの記事はこのサイトの中でもトップクラスの人気記事で、検索サイトでキーワード検索をかけて訪れる方が非常に多いのです。小さい財布や小さいふの使い心地や様子、この二つの財布の比較を気にされる方が多いのではと思います。先述の昨年の記事から約1年経ち、その後の財布の様子を紹介しましょう。

私の財布は小さい財布のブッテーロレザーエディションのキャメルで2013年3月の購入、購入後約3年が経過しています。妻の財布は小さいふのポキート、トリコロールカラーで2014年4月の購入後2年が経過しました。使用状況は相変わらず二つとも日常の財布として毎日手に取ってポケットや鞄に突っ込まれています。

ではさっそくその様子を紹介します。まずは私が使用する小さい財布の様子から。 写真にすると1年前とあまり見た目は変わらないかもしれませんが、表面の革の色の濃さは若干濃く、そして表面の艶も強くなったかな。
IMG_4766

革の表面の光沢と強調するとこんな具合になります。↓
IMG_4585

そしてお約束の購入当初の色。ブッテーロレザーエディションのキャメル色の新品のときの色具合はこんな感じです↓(購入したての写真は撮ってないので、amazonのサイトから引用です。)

今の財布の色と比べると似てもに似つかない色ですが、確かに私の財布も購入当初は明るい色をしていました。若干安っぽく見えるくらい明るい茶色で光 沢も弱かったです。革が癖が着いてないので今より丸っこい感じでした。色はものすごい変わりました。

糸のほつれは若干あるものの昨年と比べてもそこまで増えたという感じではないです。まとめてしまうとあまり変化が無いのですが、落ち着いてきたということでしょうか。
IMG_4591

留め蓋を開くと内側にabrAsusの刻印があります。これは先回紹介しなかったような。
IMG_4589

ボタン強度に難がありそうなので外蓋の留めボタンは相変わらず使っていません。
IMG_4590

そうそう、この一年の間に普通の財布ではあまり見舞われない事故も経験しました。それはパラオに行ったとき。滞在最終日前日のこの日はクラゲ泥パックに行くツアーに参加を申し込んでいたのですが、ツアー会社からは”ホテルから水着を着て、すぐに海にはいれる格好で参加して欲しい、、、との指示を受けていたのでした。なので水着のポケットに直接小さい財布を入れてツアーに参加したのですが、、、ご想像通り水着に財布を入れたままパラオの海に飛び込んできてしまいました。しかも最初のアクティビティは美肌効果のある泥パックの海、、、。このエントリーに写っている写真を撮っている頃、私のブッテーロエディションの革で出来た小さい財布も一緒に泥パックの海に飛び込んでいたのでした。

海に浸かってしまったものは仕方ないので、ホテルに戻ってから、財布の中身の米ドル紙幣やカード類も合わせてザブザブと水道水で洗い(洗剤は使っていない)、タオルの上に広げて乾かしたのでした。財布内側も外側も洗浄した水道水をできるだけタオルで拭き取り、乾いた紙幣を何回か入れて水を吸わせては入れ換え、一昼夜タオルの上で乾燥させました。乾かすのにはドライヤーは使わず、日光にも当てず、エアコンの効いた部屋で置いておいただけです。これで財布はほぼ乾きましたし、海に浸かる前と比べちょっと柔らかくなったような気もしますが、色が褪せたり3年間育てた革の艶が失われたりということはなかったのでよかったです。泥パックの美肌効果は多分ない(^^;)

続いては妻のポキート。これも特に1年前とあまり見た目は変わりません。ちょっと色が落ち着いたかな、、、という程度です。縫い目も頑丈です。
IMG_4605

2つの財布を並べてみるとこのとおり。一年前とあまり変わりません。
IMG_4612

両財布とも気に入って使っていますので、おすすめできる品です。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

*追伸この約1年後の二つの財布のレビューをこちらに掲載しています!小さい財布4年目、小さいふ3年後の様子が気になるかたはぜひご覧ください。

 

 


私が使用して↑に出ている「小さい財布」のブッテーロ レザーエディションのキャメル。

「小さい財布」のレギュラーバージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションより豊富で、しかも安い。機能やサイズも一緒です。

「小さい財布」を出しているabrAsusが出している「薄い財布」。これもアイディアに富んだ製品で私もこっちを買うか悩みました。

本文にも出てくる妻が購入した極小財布はこちら。大阪のクアトロガッツさんが造る「小さいふ ポキート」。abrAsusの「小さい財布」サイズはほぼ一緒です。

電気冷蔵庫が無いので常温で魚を保存するために干物を作ってみる

先日は電気冷蔵庫を持たない生活の話を書きました。電気冷蔵庫は持たないですが、我が家の”魚専門の貯蔵庫”から魚を取り出しに行ってきました。

連休で休日が続きます。午前中に家庭菜園の野菜の苗の手入れを行った後は、良い天気だったので、昼寝をして17時頃起きて近くの魚の貯蔵庫の海へ。夕飯を調達です。我ながら良い生活です。

海について周りを見るとエギでアオリイカを狙っている方(いわゆる”エギング”ですね)多数ですが、こっちは生活が掛かっているので手堅く夕マヅメの小アジを狙います。しかし、アオリイカを釣るのも面白そうだなぁ。。。余裕が出来たらチャレンジしてみたい釣りです。

さて私のほうは最初はサビキでアジ狙いの釣りをしていたのですが、すぐに手持ちの常温でチューブに保存可能なコマセ(値段が高い上に量が少ない!)が尽きてしまい、オキアミを一針ずつセイゴ針に刺す釣りに切り替えます。
(そうそう、電気冷蔵庫が無い生活の唯一の不便は釣り餌の安くてよく釣れる餌の冷凍オキアミを家で保存できないことです。そんなに私は釣り餌を使用しないので、一番安くて小さいサイズの冷凍オキアミを購入しても絶対余らせるんですよね。なので常温保存も出来そうな売られていたチューブ入りのオキアミ入りの餌を買ったんですが、防腐剤か何か入っているのか匂いが変で、釣った魚もその餌の匂いが着く始末。。。なんとか工夫しないとな、、と思っています。今のところコマセのブロックで買ってサビキで釣りまくるより効率は落ちますが、体積が小さくて値段も多少安い通常の冷凍オキアミを一針ずつ刺し餌にしています。体積自体が小さくそこまで匂わないです。が、これから暑くなるとこのオキアミでもちょっと心配。究極的にはルアーや疑似餌の釣りテクニックを身に付ければ、保存方法が悩ましい餌を使った釣りをしなくて済むのですが・・・。)

この日はコマセのサビキとオキアミを刺した釣りて、17時半から約2時間で以下のとおりの釣果。19:25になったらパタッと釣れなくなりました。

IMG_5499

結果手の平サイズのアジが27匹。釣っていたときは全部マアジかと思っていたのですが、今写真を見て一匹だけマルアジが混ざっているのに気付きました。最右列上から4匹目。背中がちょっと青いやつがマルアジです。左上の3匹はササノハベラ。アジ以外の釣れた魚は逃がしていたのですが、この3匹だけは針を深く飲み込みすぎて海に帰っても生き延びられそうにないので、ありがたく頂くことに。

 

さて、この魚たち、釣ったものの困った問題があるのです。我が家は上述のとおり電気冷蔵庫が無いので冷蔵保存は出来ない。我が家の魚の貯蔵庫(=海)は気前が良くて、ついつい釣りすぎました。こんなに一度に食べられないですし、とはいえこのまま置いておいたら腐ってしまいます。今日中に保存のための加工をしないといけません。

頭をひねります。多分、江戸時代の人たちは電気が無くてもそれなりに魚を保存していたはずですし、今の時代でも世界では電気冷蔵庫を持たない暮らしをしている人が相当いるはずです。私も彼らに習って電気冷蔵庫を使わない魚の長期保存を研究してみたくなりました。

電気を使わない魚の保存方法で思いつくものとなると、塩漬けか干物。塩漬けのほうは、北国で造る塩鮭が分かりやすい例。ただ最近は冷蔵技術が発達したのと、塩分の取りすぎが気にされるのか、そこまで多くない気がします。一方、干物は現代でもスーパーマーケットで売られていますし、これも馴染み深い。生で焼いて食べるより、むしろ干物にしてからた焼いたほうが旨くなる魚も多いです。今回釣ったアジはよく干物にされて売られている魚ですから、今回はアジの干物加工を試すことにしました。

インターネットでアジの干物の造り方を調べて、早速取りかかります。といってもやることは単純で、腹を開いて内臓を取って、綺麗に掃除して濃い目の塩を利かせて干すだけ。干し網はホームセンターで購入済。

しかし実際にやって見るとこれが難しい。。。手の平サイズのアジですし、開くまで細かな作業でした。失敗しまくりながらもなんとか形になったやつは開いて、濃い目の塩水に1時間ほど浸けて干しネットの上へ。

IMG_5506

干し網に載せたばかりのアジの開きたち

なんとか形になった合計16枚のアジの開きをネットの上へ。開くのに失敗したものは、、、超新鮮な刺身だー!!と言い聞かせてそのまま食べたり(真似をされて何かあっても責任は取りませんが超旨かった)、塩と片栗粉だけをまぶしてシンプルなから揚げに。

から揚げも高温の油で揚げるのできっと保存食になるはず。脂っこくなるし、家中が揚げ物くさくなるし、油の後処理が面倒で、時間が経つと油も変な臭いになるので敬遠しがちですが、、、。あ、ササノハベラも干物には向いていない身が厚く丸っこい体なので、頭を落とし内臓を出し、から揚げにしました。

 

さて、、、一昼夜干し網に置いて我が家のベランダで干したアジはこんな具合です。天気はよくて風もそこそこあ絶好の干物日和の穏やかな日でした。
IMG_0184
おお、干物っぽい形になっている!初めて作った干物の割りには上々だと思いました。

IMG_0187
アジが新鮮だからか、身が飴色の旨そうな干物に。あまりにも旨そうなので生で干物を齧ってみましたが、、、

ちょっと塩がきついけど、香ばしくて旨い!我ながら。これは売れる気がします、一匹40円くらいならいける、、、という気がします。自家製干物は思いのほか旨かったので、増産体制に持っていきたいですし、また、どのくらいの期間を常温で保存できるかも実験したい。

 

そこで、もうちょっとアジが欲しくなり翌日も貯蔵庫へ。着いたのが19:10。日の入りは18:55くらいですので、日は水平線の向こうに落ちて、アジは昨日と同様19:25にパタッと釣れなくなります。粘ってもつれないことが分かっているので10分くらいでさっさと撤収します。

IMG_0181
この日は体の割りには口が大きいネンブツダイ(写真右・背びれの黒い点が特徴)が掛かります。しかしこいつは邪魔くさい。針を乗り込みすぎ、海に戻しても生きていけなさそうなた二匹は回収しますが、そのほかは全てリリース。↑の写真では左上のアジは体の真ん中辺りに切れ目が見えます。これはアジの特徴で側線に入る硬いうろこのような「ゼイゴ」が干物にすると歯ざわりを損ねることが分かったので丁寧に切り取りました。から揚げなどは面倒なのでまるまる揚げていましたが。。。

この日の獲物は開きにして、塩ではなく醤油で干物にしてみることにしました。
IMG_0192

 

さて、この干物たちを晴れている日は屋外で、雨のときは屋内で干し網で干します。

初めて作った塩水の干物は作成から3日、醤油のほうは2日経ったのがこちら。
IMG_0197
奥が塩水3日もの、手前が醤油で2日もの。醤油の方が身が赤っぽく仕上がっています。

軽く焙って食べてみますが、、、うまい!!醤油の方が絶妙な柔らかさと塩加減です。塩のほうはちょっと乾かしすぎたのかぱさぱさしてきてしまいました。保存食としては優秀でカビが生えたり腐ったりする気配は無い。

これは量産体制に入りたいと思います。そして一週間常温保存ができれば上々なので、ちょいとこの方向で研究してみようと思います。

 

※↑に書いてある釣った魚を生のまま齧ったり、干物を熱を通さず齧ったりは、衛生的にあまり良くない気もします。ここに書いてあることを真似されてお腹が痛くなっても責任は取れませんのでご了承ください。。。

 

電気冷蔵庫を置かない暮らし、はじめています。

単身赴任生活が始まって約一ヶ月。職場の往復や食料・生活物資の調達先も覚えてようやく日常生活のリズムを掴んできました。

赴任前にあまり物を持たない生活を目指そうと「単身生活の道具を考える。物を持たない生活へ」というエントリーを書きました。ここに書いたことはほとんど実現させましたが、大型家電類だけは結局置かなくてもなんとかなるんじゃ??無理ならその時点でレンタルでも購入でもすれば良いし、、、と思い、結局単身赴任の我が家には大型家電を置かない生活をスタートさせました。特に電気冷蔵庫は現在も家に置いてありません。(電気洗濯機はタダで知人から貰った)

冷蔵庫を置かない生活。横浜では考えられなかったですが、結構なんとかなるものです。勘違いして頂きたくないのですが、私はオーガニックでエコでロハスな生活を送ろうとか、ミニマリストになろうとか、原発反対だから節電しようとか、そのような高尚な精神は全くなく、単身赴任前に家電類を購入せずに赴任してしまい、生活を始めているうちになんとなく面白くなってきたのと、買って運んできたり、単身赴任終了時に処分するのがめんどくさく、冷蔵庫を持たない生活を続けられるかチャレンジしてみようか、と思ってるくらいです。なので、そのうち冷蔵庫を購入するかもしれません。。。

電気冷蔵庫の無い生活。全部外食で済ませれば、なんてことは無いかもしれませんが、私はこの一ヶ月で外食したのは職場の歓迎会くらい(出張時は除く)。そしてコンビニなども近くにないので弁当などの出来合いのものは買えないし、そもそもコンビニ弁当は脂っこいし、少ない上に値段が高くあまり好きではないのです。つまりほぼ100%自分で料理する自炊生活を送っています。

主食は米を持ってきたのでそれを炊く(横浜では鍋で炊いていましたが、ここでは学生時代からの相棒の電気炊飯器を持参)か、蕎麦かうどんかラーメンを茹でる毎日。

問題は主に以下の3点で、
・タンパク質(肉や魚)
・野菜
・冷たいビール

原則は購入即消費。その日か次の日くらいまでに食べるだけ購入してその日のうちに消費。計画的に買えば問題ないですし、常温保存ができる食品も今の時代はとても多くいざというときのため、3日分くらいの保存食は家においてあります。

タンパク質は常温でも日持ちする鶏卵は必需。卵かけご飯にラーメンの具にまさに獅子奮迅の活躍。肉や魚は常温ではそれほど長期は持たないので、買ってきたら即調理が原則。煮るか焼くか揚げるか炒めるか、、で保存可能期間を延ばします。幸い車で5分のところに海とスーパーがあるので、新鮮な魚を釣ってくるか、肉を買ってくるかなので、今のところ冷蔵庫が無いという問題はクリアしています。特に魚については家から5分の海そのものが我が家の冷蔵庫で、新鮮な魚が保存されていると思えるのはスケールが大きく幸せな話です。海を見たら我が家の冷蔵庫と思うことにします。

IMG_5274

我が家の冷蔵庫(魚専門)

野菜も購入したら即調理が原則ですが、タマネギは常温保存ができるし、キャベツも今の季節の気温なら3日くらいは常温でもいけるので、肉や魚よりハードルは低い。それでも夏はちょっと怖い。気温が高い夏になると死んだ野菜は保存が出来なくなりそうですので、”生きたまま野菜を保存する”ことを目的に家庭菜園に手を出し始めたわけです。夏を凌ぐには苗5本では心許ないので、もう少し苗を植えるか、よく育ち菜園の防虫効果もありそうな小ネギも植えなきゃです。。。

IMG_5490

我が家の野菜専門冷蔵庫(候補地)

冷たいビールを飲むには、さすがに冷えたビールを買ってきてすぐ飲むしかないですが、6缶パックとか買うのが好きなので、5缶がぬるくなるのはどうしようもない。案外ぬるいビールのほうがビールそのものの味を楽しめて案外悪くないことに気付きました。あと私の場合は酒はアルコールが入っていれば何でも飲む、要するに意地汚いので、九州らしく本場の麦芋米焼酎も飲んでいるし、日本酒もワインもウィスキーも何でもありです。冷たいビールだけが人生ではないのです。

その他、砂糖、塩、醤油、料理酒、油など調味料の類は常温で保存できますし、にんにくや生姜などの薬味も丸のまま買ってくれば長期保存できるし使う分だけ摩り下ろすので、チューブ入りのものに比べても香り高く旨い。コショウなども常温保存でミルで挽いています。

このように電気冷蔵庫が無くても、気を働かせれば、それほど不便なことは無いのです。これ以上何を求めるのか。。。と思いますが、やはり真夏はきついかなぁ。きつくなったらあっさりと小さい冷蔵庫を買います。