【単身赴任生活】キッチン用品をぶら下げるために穴を開けて紐を通する

我が家のキッチンは以前書いたとおり、カビとの戦いです。接地しておくとあらゆるものがカビるので、道具はぶら下げることに命を懸けているのですが、ぶら下げるための紐やそれを通す穴がない道具達もいます。たとえばこいつ。。。

IMG_4648
中華鍋は柄のところに穴があるのですが、中華お玉の方ですね。若林工業製の味のある中華料理用お玉でいかにもなやつなのですが、、、。無念。


 →続きを読む

【単身赴任生活】指毛を守れ!柳宗理デザインの穴あきトングを導入する

先回は単身赴任中のキッチンを紹介しました。単身赴任生活ゆえに調理道具、カトラリーは最小限なのです。鍋は「物を増やさない単身生活・鍋類はアウトドア用品で」というエントリーで紹介したとおり、アウトドア用のポータブルのもの。容量はともかく、直径も15cm~20cmほどの小形鍋です。

この径の小さな鍋を使っていて困ったことがあるのです。例えば蕎麦やパスタなどを茹で、茹で上がった麺を取り出すため、箸を持って鍋にてを近づけると、、、鍋の底からはみ出た炎に指毛が焼かれるのです!
 →続きを読む

【単身赴任生活】カビから調理道具を守れ!我が家のキッチンの様子

先回は落ち着いてきた単身赴任暮らしのうち、書斎(PC)スペースを紹介しました。今回は我が家のキッチンの様子。

この家は仮住まいの借家なのでキッチンも当然既製品。90年代後半に建てられた家なので、まぁその頃の標準的なキッチンがついています。世帯用の家なのでキッチンは広いですし、使い勝手は決して悪くないのですが、、、一番困ったのが、カビが大発生すること!!!

我が家は谷間にあり、山やら畑に囲まれているのでなんとも湿気が凄まじいのです。
初夏の頃は台所でも置いているまな板、箸などのカトラリー、味醂や焼肉のタレのボトルの蓋の中(冷蔵庫が無かったので常温保存をしていた)、布巾にカビが生えました。台所以外でも革靴、山用のザック、通勤用カバンのポケットの中、一回も着ていないスーツ、洗っておいてパッケージに入れておいたダイビング用のフィンやウェットスーツ、、等々あらゆるものがカビたのです。特にキッチン用品は、素材が金属でもプラスチックでも木でも、置き場所がキッチンの作業台の上でも床でも棚でも、重力に任せて置いて置くと設置面からカビて、ナウシカの腐海に出てきそうなフワフワが生えてきてしまう。

なんとも凄まじい土地に来てしまったものだと思いました。それ以来カビとの戦いです。我が家のキッチンの具合はこんな様子になりました。

IMG_0885


 →続きを読む