【単身赴任生活】丸底の中華鍋をダイニングテーブルに安定して置きたい

我が単身赴任生活、台所にフライパンはなく中華鍋で炒めものから煮物、揚げ物までこなしているのですが、男らしく調理したものをそのまま中華鍋から食べることもよくある。もう一人暮らしだと横着し放題です。

、、、ですがひとつ困ったことがありました。中華鍋は一般的なイメージ通り丸底になっています。これが見た目以上に安定しないのです。また強化プラスチックの頑丈ダイニングテーブルとはいえ、火から下ろしたばかりの中華鍋を直置きするのはプラスチックが溶けそうで気を使うのです。具体的にはこんな感じ↓

img_0808
↓撮影用に中身をいれていない中華鍋を置いた写真ですが、横から見ると不安ですよね。中身に熱々の回鍋肉とか入っていたら、落ち着いて飯も食えません。

丸底を安定的に納めるには平面の鍋敷きではダメですし、中華鍋の丸底がぴったりフィットするような鍋敷きが案外無いんですよね。

どうしたものか悩んでいたのですが、100円ショップはなんでもある。見つけたのがこれ。
img_0802
何に使うかよくわかりませんが、インテリアコーナーにあったリースのようなもの。紐がついているからぶら下げるのかな?本来の用途はともかく、木というか蔓のようなもので作られているので耐熱性も申し分なさそうです。適度に隙間もあり、鍋底も直にプラスチックのダイニングテーブルにくっつかなさそうなので具合は良さそう。

早速、中華鍋を置いてみると、、、
img_0812
安定感が段違い。鉄の鍋底も直で接地しません。これはイメージどおり。

img_0816

上から見ると安定感も格段に良い。鍋も揺れないし。

中華鍋もダイニングでようやく安住の地を得ました。

不安定感を恐れて、鍋から物をわざわざ移すこともあったのですが、これで安心して中華鍋を直接テーブルの上に置けるように。

横着さにさらに磨きが掛かるような気もしますが快適な生活になりました。

【単身赴任生活】テーブルではない我が家のダイニングテーブル!

ものを増やしたくない単身赴任生活、キッチンの様子を紹介してきましたが、ご飯を食べるダイニングテーブルも新たに物を購入せず、、、です。単身赴任が終わって家に戻るとき、妻のお眼鏡にかなわない家具や雑貨は我が家の玄関をくぐることが出来ないと思うと、家にある家具と同じ機能を持つものを買うのがあほらしくなります。

話を戻してダイニングテーブル。

我が家のダイニングテーブルはこれ。

img_0793
、、、、テーブルではないですが、テーブルの役割を与えているのでテーブルなのです。

オナゴを連れ込もうと頑張る男はともかく、そんな必要の無い既婚クソ野郎の単身赴任生活にオサレさは必要なく、これで十分。
 →続きを読む