早春の鳥取砂丘と日本のハワイ~鳥取・島根旅行③~

未踏の山陰旅行の2日目。一人酒盛りをした鳥取温泉をチェックアウトし、朝の鳥取砂丘へ。

昨夜の訪問とは違う、観光シーズンには早すぎて観光客もいない寂しい雰囲気の砂丘西側(子供の国側)の無料駐車場に車を止め、海まで歩くことに。 足元の砂の上にはちょろちょろと草の新芽が出ております。春です。鳥取砂丘は砂丘の維持のため植物を抜いている作業を行っています。世界的には砂漠化や土地劣化で植生の衰退に喘いでいる中、豊葦原の国は恐ろしいものです。

 …この続きを読む

夜の鳥取市街~鳥取・島根旅行②~

未踏だった山陰をめぐる今回の旅行。兵庫県から西進して、鳥取砂丘で日暮れを迎えたので、今夜は鳥取市内で宿泊です。

鳥取といえば砂丘(とそこで栽培されるらっきょうや梨)のイメージが強いですが、鳥取は泊まるにはいい街なのです。なぜなら県庁所在地にもかかわらず駅前に温泉が湧いているから。この温泉は、最近の掘削技術の進歩によって深々と井戸を掘って温泉というか地下水を無理くり出す温泉ではありません。100年以上の歴史があるらしい由緒正しい温泉です(詳しくは鳥取市のサイトを)。紀行作家の宮脇俊三先生も”鳥取駅で長時間停車をする各駅停車列車に乗ったなら駅前で一浴することも可能”といった趣旨を書かれていたような・・・。

私もこの日は鳥取駅が徒歩圏内の温泉旅館に泊まることにしました。夕飯もまだなのでチェックインしてから夕食を求めつつ街をうろうろしてみることに。

 …この続きを読む