新日本海フェリー・小樽~新潟便から見たオットセイ? 2007年3月27日

七年間暮らした北海道を離れ、内地に向かう小樽→新潟の新日本海フェリーからオットセイ(トドかもアザラシではない海獣)を見かけたので紹介します。

写真に撮るのは難しかったのですが数は数十頭はいたと思います。フェリーで奥尻島沖を航行中に2~30分に渡って見えていました。もちろんフェリーはずっと動いているわけでその間ずっとひょこひょこ頭を見かけたのでかなりの数がいたのではないかと思います。

フェリーからは一番近くて50mくらいのところを泳いでいました。


海面には何かいることはすぐわかったのですが、
写真に撮ろうと思うとなかなか難しい。
シャッターが切れるまでのラグの間に潜ってしまうので。
この写真には運良く2頭の頭部が写っていました。

左記写真の拡大その1。
この頭の型はアザラシではなくアシカ科の動物だと思うのですが…。オットセイの仲間ではないかと思います。

上記写真の拡大その2
海面から出ている頭部。
アザラシっぽくない頭部だったけど…。

海獣の頭部を見たの奥尻島沖でした。
この写真の右奥に見えているのが奥尻島。

同じく奥尻島沖。


この日の日没。
フェリーから見る日没もまたいいものです。

日本海側のフェリー航路は風や波の影響で何通りかの航路があるようです。今回は奥尻島と北海道の間を抜けるルートでした。

私は肉眼で確認しましたが、慣れていないと結構きついかも。大海原でどこで頭を出すかわからない相手には、視野の限定される双眼鏡は使いにくいです し…。甲板で血走った眼でカメラを構えたり双眼鏡を覗いたりしていると何人かのお客さんに何を見ているか聞かれましたがオットセイを見ていると説明しても皆さんなかなか見つけられない様子でした…。それでも時折フェリーに急接近し てくるようなやつもいてはっきり見えるときもありましたので、機会がありましたら探してみてください。

個人的には今回の航海は7年間住んだ北海道を離れる時でした。北海道の海獣たちに見送られているような気分になり、ちょっとしんみりしました。

2007年4月8日作成