荘厳な朝焼けと虹に見送られて海へ~西表島ダイビング・3日目~

楽しい時間はあっという間、本日のダイビングが八重山ダイビング最終日で西表最終日。今日の夕方には石垣島に戻ります。

昨日は仲の御神島に行ったりカツオドリを眺めたり夜の海に潜ったりと盛りだくさんで、宿に戻る時間も遅く、体も疲れきっているはずなのですが、どうして旅行に出ると頭がスッキリと冴えて、朝早く目が覚めてしまうのでしょう。

この日も薄明かるくなり始める時間に目が覚めたので、物音を立てないように宿を抜け出ます。

外に出たら、雲の少ない夜明けの空。今日も良い天気になりそう。東の空が白んでいるので、太陽が上ってくる海の方に行ってみます。風は全く無く無風、海の上は波が立たずベタ凪ぎも良いところ。雲はやがて顔を出す太陽を反射し夜明け前特有の穏やかな金色で、それを海が反射しています。このような荘厳な夜明けを見るのは富士山以来かもしれません。

毎日夜明けは来ているのにもったいない話です。横浜にいると夜明けが来ないならいつまでも寝ていられて良いな、と思って暮らしているのですが。

1509050704_IMG_6952_G12

手前の島は鳩間島。直ぐに手が届きそう。雲が立っている奥の島は石垣島ですね。この南の島の海がこんなに穏やかなのは珍しい。

 

1509050705_IMG_6957_G12

堤防の上を散歩する父、娘、息子。話を聞いていると地元の子ではなく旅行者のようです。こんな朝を迎えたことは素敵な冒険の思い出になるでしょうね。

 

私も満足して宿に戻ります。

 

さて、この日のダイビングの行き先は二択です。一つは昨日と同じく仲の御神島に行くか、もう一つは一昨日と似たパターンで西表の近場で潜るか。好きな方を選んで良いとのこと。うーーん、迷いますが、仲の御神島は面白かったけど、海の中は私のダイビングの嗜好とはちょっと違ったし、一日で海況がダイナミックに変わるとも思えず、一方、今日の近場船は一昨日とは違うポイントに行くようで、ちょっと気分も変わりそうです。最終日なのでのんびり近くできれいなサンゴを見るとかでもいいかな、、と思います。

ということで、本日は、西表島周囲で綺麗なサンゴ中心のポイントに行く船に乗り込みます。

1509050908_IMG_6962_G12

お、行く手に虹が出ています。今日は朝陽もきれいだったし、そして空も晴れ、海はベタ凪ぎでも掛かるし自分が聖人になったかのよう(^^)

船は西表の西側を回りこみ、島の南側へ。

 

本日一本目は西表の南側の鹿の川湾にて。ここのポイントのシンボルである富士山型のアザミサンゴを見ます。このアザミサンゴは私も何かの雑誌か図鑑で見たことがある有名人!こんなところにいたのか、、、とちょっと感動します。

1509051029_IMG_6968_G12

サンゴだけを撮るとスケール感が伝わりにくいですね。人間を入れて撮影するとこんな具合。

1509051033_IMG_6976_G12

なかなか立派なアザミサンゴです。

鹿の川ではマンタも見られるポイントということで、マンタが出てきそうなところで待機していたら。今日のいろんなものとの遭遇率は聖人のような豪運をもっているのか、ちゃんとマンタがやってきました。ここでのマンタは遠かったのと濁りが強かったので、写真を撮りませんでしたが。石垣でマンタを見ると贅沢になるものです。

海から上がって船が少し移動。

二本目と三本目のダイビングは西表最南西部の崎山湾です。

1509051304_IMG_7033_G12

ちょっと深いところでも圧倒的な生物量。赤い魚はサンゴ礁のカラフルな色彩が似合うハナゴイの仲間。

体に七本線が入るシチセンチョウチョウウオ。覚え易い見た目。
1509051253_IMG_7017_G12

チョウチョウウオは黄色で目立つのですがどうも頭に入ってこない魚のカテゴリー。種類も多いし、覚えたら面白いんだろうなぁ、と思うのですが・・・。改めて思うと、私が惹かれる魚のカテゴリではないのだろうなと思います。そんな中、このシチセンチョウチョウウオだけは覚えました。

テーブルサンゴと枝状のサンゴが入り混じる海です。

  1509051304_IMG_7036_G12

写真の青が濃い、つまりそこそこ深いところの水深になるのですが、深くてもこれだけのサンゴがいるのは、さすが西表。

クマノミの仲間のセジロクマノミ。クマノミ・ハマクマノミ・カクレクマノミはたくさん見てきましたがセジロクマノミは初めて見たかも。。。

1509051503_IMG_7072_G12

 

独特な造形で海底から直立するパラオハマサンゴ。ちょっと濁っていたけど迫力があります。こいつは近づいても遠くから眺めても面白い形で飽きません。

  1509051517_IMG_7091_G12

 

残念ながら西表のダイビングも終わりの時間が近づいてきました。

 

最後のポイントは八重山ダイビングの真髄らしい美しいサンゴポイントでした。

 

極太で色の濃い枝状ミドリイシが海底一面に。

1509051529_IMG_7123_G12

 

光が射し込み、同じ枝状のミドリイシでも微妙に色が違うものがモサモサと。その上を瑠璃色のデバスズメダイの群れが飛んでいくよう。

1509051525_IMG_7112_G12

眺めているだけで泣きそうになります。繰り返しますがこの日がダイビング最終日。ダイビングが終わって水から上がったら、陸には嫌な現実も混ざった世界が待っていますが、またここの水の中にくればこんな風景が見られると思うと地上でもうちょっとがんばってこようとちょっとしんみりした気分になります。

 

 

今回の旅行は石垣島3日間、そのあと西表島3日間で、毎日3本、計18本潜りました。始まる前は体力が持つか、好奇心が磨耗して飽きてしまって消化するようなダイビングになってしまわないかなと心配していたのですが、体力も好奇心もまだまだ潜り足りないくらいです。腹八分目で、また来ようと思えるくらいがちょうど良いのかもしれません。

 

水の上に出た後は帰港。その後ちゃちゃっと道具を洗って、精算して、西表島上原港から石垣島石垣港へ。明日はいよいよ八重山とお別れです。

仲の御神島を離れて夜の海の中へ~西表島ダイビング2日目・その4~

二本目のダイビングで仲の御神島の独特な地形を楽しみ、次は三本目になります。三本目は再び仲の御神島近海の激流ポイントでドリフトで大物を狙うそうな。しかし、大物ダイビングはあまり一本目で性分に合っていないことはわかりました。それでも通常なら”せっかく来たんだから三本目も!!”といくところですが、妻が船に貼られていた一枚のチラシを見つけした。”ナイトダイビングも受付中、サンゴの産卵が見られるかもしれない”という内容です。

サンゴの一斉産卵として有名なのは、圧倒的に生物量が多いミドリイシ系のサンゴの産卵ですが、八重山の場合、これは初夏の大潮の頃。でもサンゴはミドリイシ系だけではありません。八重山には350種以上のサンゴがいて、きっと産卵のタイミングもまちまちなはずです。

再度、青い海でイソマグロを追いかけて泳ぐよりは、夜になってから活発になっているサンゴや逆に寝ぼけている魚の生態を見るのも面白そう、ということで、この日は3本目は仲の御神島ダイビングはキャンセルし、ナイトダイビングに参加することにしました。なので、皆さんが3本目に潜っている間、我々は船上待機。待機中は島に渦巻いているカツオドリなどの海鳥たちを観察したり、ドリフトダイビングの様子を船上から眺めたりしていました。他の皆さんの3本目が終わり、仲の御神島から西表島に戻ります。

1509041504_IMG_2890_40D

朝から一日のみの滞在ですがずいぶん名残惜しい島です。海中も陸上(の海鳥)も楽しめたし、日本最果ての無人島というシチュエーションが良いのでしょうね。

ちょっと感傷的になってたら、、、なぜか船をずっと追ってくる2羽のカツオドリを見つけました。

1509041505_IMG_2898_40D

もちろんダイビング船なので餌付けなどしていませんし、何が彼らを駆り立てるのか、、、。動いている船へは警戒心は無いのか、ずいぶん近くまで寄ってきます。二羽が交互に船に近づいては離れてを繰り返します。

1509041640_IMG_2966_40D

この↑写真は私の一眼レフ+望遠レンズで写真を撮っていますが、そんなものが無くてもタイミングとピントさえ合えばコンパクトなカメラでも撮影を楽しめる距離でカツオドリが飛んでいます。

↓はカツオドリを眺める乗客の頭や船の手すりを入れてみました。こんな距離感です。

1509041642_IMG_2983_40D

ダイビング船の皆さんもダイビングが終わって手持ちぶさたですし、あとは帰港するだけの気軽で気だるい時間ですので、携帯電話や海中撮影用の機材でカツオドリを撮っていました。帰りはカメラの残バッテリー量も気にしなくて良いですから気楽です。
水の中の他、鳥も楽しめたら仲の御神島のダイビングの楽しさは2倍くらいになるはず!

1509041644_IMG_2997_40D

徐々に仲の御神島も遠ざかり、島影は小さくなり、夕方の光の中に消えていきそうです。カツオドリも仲の御神島海域から離れたと察知したのか、島にUターンしていきました。ちょっと寂しいような夕方の海景です。

 

でも今日はこれで終わりではありませんっっっ!!!!本日三本目、ナイトダイビングです!

一度帰港し、他のお客さんを下ろし、ナイトダイビング参加チームは夕飯を食べたあと、夜の帳に閉ざされつつある港から再び出航です。

1509041917_IMG_6828_G12

この日、ナイトダイビングを申し込んだ好事家は我々を含め9名、結構盛況で良かった、良かった。夜はにぎやかなほうが心強いし楽しい。

夜なのでそんなに遠くに行くこともなく港から10分くらいで停船。よく分かりませんが感覚としては西表島北部の陸域から繋がっている浅目のポイントのようです。

 

ロープを使って潜行し、海底に着底してからライトを付けます。ライトを付けると周りは夜の海。様子が昼と違い、サンゴが昼とは違って触手を出しまくっています。これを見るとサンゴは動物だな~、と実感します。
1509041954_IMG_6849_G12

今回、サンゴの産卵は見ることはできたのですが、産卵していたのは↑のようないかにもサンゴ!な感じのミドリイシ系サンゴではなく、ノリコモンサンゴという地味系なサンゴでした。写真に卵が写らないほどだったので写真は割愛しますが、、、。

魚たちも夜モードになっていて、寝ぼけているようなやつが多くて、昼間は近付けないだろう魚たちに近付けるし、中には触れるくらいぼんやりしているやつも。ぼんやりしている魚たちの様子を少し紹介します。

1509042019_IMG_6889_G12

↓はスジアラ(ミーバイ)かコクハンアラかよくわからない。顔はアラの顔をしていますが、体色の変化が著しい魚で、特に水揚げ後の姿と全然違うようです。この黒い部分の縁にある青い点模様も夜独特の体色の変化なのかな、、、。サンゴの下に隠れるようにぼんやりしていました。

 

居酒屋さんで馴染み沖縄らしいカラフルな魚の代表格であるハゲブダイも夜モードでサンゴの陰で休んでいます。
1509042029_IMG_6906_G12

写真に写っていないのが残念ですが、ハゲブブダイは透明の膜を張ってその中で休んでいました。防御壁でしょうかね。ブダイの仲間は膜を張って寝るのが何種類かいるようです。

 

次はチョウチョウウオ系のヤリカタギ。

1509042033_IMG_6915_G12

こいつは夜になって完全に模様が変わっています。体の側面ににわかせんべいの目みたいな白黒模様が浮かび上がっています。これは外敵への警告モードなのかもしれません。陸の生き物でも蝶の幼虫や蛾の仲間は目玉のような模様を持ったりしているのと同じように。昼のヤリカタギの写真も載せたいのですが手元にはデータがないので、googleのイメージ検索へリンクを張っておきます。

夜の海は生き物も昼間と表情を変え、なかなか興味深いのですが、残念ながら一時間ほどで浮上。

ぼんやり光っている船の上の雰囲気も新鮮です。船も夜は表情が変わります。

1509042108_IMG_6930_G12

何が出てくるかわからず、心細いような、一方でワクワクするような、不思議な気分です。

 

明日は西表ダイビング3日目。早いもので、そして残念ながら今回の八重山ダイビングの最終日となります。

楽しい時間はあっという間に過ぎます。最後を締めくくるような素敵な一日になりますように・・・。

仲の御神島・島周りの不思議な地形~西表島ダイビング2日目・その3~

仲の御神島のダイビング二本目です。鳥見を撤収して、ダイビングポイントの説明を聞きます。一本目は激流の中で泳ぎましたが、二本目は仲の御神島から地形がつながっている言わば”島の麓”で、流れの無い場所でのんびり泳ぐとのこと。ちょいと安心します。

しかし、陸の様子は↓だったり
1509041428_IMG_2729_40D

↓だったりするような岩だらけでダイナミックな地形の仲の御神島。岩だらけの島で地層がそのまま海底に落ち込んでいるような地形が、海の中はどんな地形が広がっているのか楽しみです。
1509041451_IMG_2834_40D

 

海にダイビング。

第一印象は水がきれいだなぁ、、、というのと、やっぱり海の中も↑のような岩がそのまま落ち込んでいるようなダイナミックな地形!
1509041332_IMG_6790_G12

 

このような岩の裂け目の谷はごろごろしており、岩の割れ目に潜り込みます。岩の裂け目が谷になったりトンネルになったりしています。


1509041307_IMG_6741_G12

クレパスのような岩の割れ目の底には白いきれいな砂が積もっていました。砂が白いので光をよく反射し、海底でも結構な明るさ。

 

 

あと周囲に大きな陸がないため、有機物が少ないからでしょうか。砂を巻き上げても濁りが少なく、比較的短時間で透明な水に戻ります。

1509041325_IMG_6777_G12

仲の御神島の周りは岩がごろごろし複雑に入り組んでおり、こういった岩の合間を水平に移動していると迷子になりそうです。三次元で鬼ごっことかかくれんぼしたら面白そう。まぁかくれんぼをしてもちょっと浮かび上がって空気の泡を辿れば、どんなにうまく隠れても見つかっちゃうけど。。。

 

地形はとってもユニークで面白い仲の御神島、生きものの具合のほうも紹介しましょう。

仲の御神島島は地層が隆起して出来上がった島。近くに浅い海が続く珊瑚礁地形がないからか、一本目のダイビングで体験したように激流の潮が直接島に当たるせいか、岩にくっついているサンゴ等の着生物は少ない気がしました。もちろんゼロではないのですが・・・。岩の表面の生物は以下のような写真の感じで、岩を覆うようなサンゴや塊状に成長するサンゴが中心。激しい潮流の中では生きにくそうな形をしている枝状のサンゴや海草の類は少なめでした。

1509041253_IMG_6725_G12

 

そんな海ですが、あるところにはこんなに立派なテーブルサンゴが!

1509041330_IMG_6787_G12

やはり陸域や周囲のサンゴ礁海域から離れているため、サンゴの病気や天敵が少なく、一度定着したサンゴは健康そのもので、大きく成長できるのかも?あとは礁湖、礁池が発達せず、外洋との距離が近く、海水の交換が滞ることがないため、夏場の海水温の上昇による白化現象の影響を受けにくいのかもしれません。いろいろ目の前の地形や生物の可能性を考えながらダイビングするのも面白いです。答え合わせができないので、考えっぱなしというのがまたロマンがあって良いものです。

 

二本目のダイビングは一本目の激しいダイビングとは対称的なダイビングでしたが、御神島らしい地形を楽しんで小一時間で浮上。そして次は本日のラストの三本目。このダイビングの様子は次回紹介したいと思います。

西表島に渡って船浮・網取でダイビング~西表島ダイビング1日目~

石垣島の三日間のダイビングを終え、八重山旅行の後半は西表島に移ります。 石垣島から西表島への航路は特に島西部の上原港行きの船は天気が悪いとすぐに欠航になるのですが、今回は問題なく出航です。そもそも9月は台風シーズンで、飛行機や船が欠航になってもおかしくないのに、ここ数日は空は晴れ渡り風も穏やか、波も低めです。

この日は始発便で石垣島から西表島の上原港に渡り、すぐにショップに移動し、船に乗り込みダイビングです。↓地図の石垣島から西表西部に向かっている便に乗ります。

 

今回の西表行きの最大の目的は仲の御神島でダイビングを行うことです。仲の御神島は、西表島の南西15kmに浮かぶ無人島で海鳥の楽園。この島は仲の御神島、仲ノ御神島、仲之御神島、仲御神島、仲の神島、中の神島、仲ノ神島、仲之神島といろいろな表記がなされ、呼び方もナカノオガンジマだったり、ナカノウガンジマだったり、単にオガンと略されたりしています。この記事を書くにあたり国土地理院の電子国土も検索しましたが表記は「中御神島(なかのうがん)」と書いてあったり、「仲の神島海鳥繁殖地」と書いてあったり、これまた統一感に欠けていました。国の地図がこんなにブレブレでいいのかという気もしますが、これも中央国家権力が届いていない感があっていいですね。ひとまずこのサイトでは”仲の御神島”の表記で統一します。私のPCは「おがん」で変換すると”仲の御神島”と出るように登録しました。

仲の御神島は、西表のダイビングに来るなら潜ってみたいのポイントの一つ。この島は無人島で、人間がたくさん暮らす西表島や石垣島から離れており、島の周りの海が陸域の影響を受けにくい位置にあります。ですので、透明度が非常に良かったり、大物が見られたりするポイントになっています。ジンベエザメが見られたこともあるそうな・・・。

一方で、近くに大きな島がないということは、潮の流れをさえぎるものが無く、潮の流れが非常に速いポイントです。ダイビングスタイルも船が完全に停泊することは無く、ダイバーが素早く潜るドリフトダイビングもあるので、それなりのスキルも求められます。また仲の御神島に船が避難できるような施設はなく、人の生活から離れている海域なので、天候が荒れたら仲の御神島に行くことすら出来ないことも多い。

私も仲の御神島でダイビングをしてみたいということで、おっかなびっくりショップに申し込んだものの、申し込んだショップでは、仲の御神島でのダイビング可能な条件は経験本数50本以上で、さらにダイビング参加初日にダイビングスキルを見て、仲の御神島でもやっていけそうなことを確認したうえで、2日目以降に仲の御神島方面に行く船に乗ることができるという体制でした。仲の御神島の厳しさを感じます。

 

なので西表に到着したその日のダイビングは仲の御神島ではなく西表島の西側で通常のダイビングです。 この西表島の西側辺りまで来ると日本の涯て感たっぷりです。西表島西部は道路は白浜という集落までしかなく、その先には船浮という船でしか行けない集落があり、その先は1970年頃に廃村になった網取集落跡があり、その先は終戦後まもなく廃村になった崎山集落があったのみです。

そういえば、この辺には石垣在住時にもこの辺にダイビングに来たことがありました。あの時の海も綺麗でしたが今回改めて海を眺めてもやっぱり息を呑むような美しさ。人間の影響をほとんど受けていない自然が残っています。船の上からでも海底にサンゴが一面に拡がっているのが分かるくらいです。 

1509031536_IMG_6661_G12

海に入ってみたらやっぱりサンゴがすごい。昨日の竹富北の三ツ石のサンゴもすごかったですが、 三ツ石に比べると、サンゴが節操がなく育ち、いろんな種類が生えている印象でした。

1509031429_IMG_6574_G12

ミドリイシ系のサンゴも枝状だったり卓状だったりいろいろな形のものが入り乱れています。   一方で透明度はそこまで高いという感じではなく、写真でも奥のほうはあまりすっきり写らないです。これは西表島があまりにも近く、陸域からの土の流入があり、その影響があるのではないかな、と思います。なので三ツ石の方がサンゴはわずかながら美しく見えた印象です。

1509031440_IMG_6596_G12

サンゴと一口にまとめても彼らも動物でいろいろな種類があり、それぞれ過酷な生存競争を繰り広げています。この写真では針のようにツンツンしたトゲサンゴ(?)と岩を覆うように成長するイボサンゴ(?)のケンカ。トゲサンゴが突き破って成長するか、イボサンゴが覆いつくしてしまえるか。。。

1509031453_IMG_6618_G12

 

久しぶりに見つけたイソバナ。木のような造形ですが、動物です。色も赤くて綺麗ですが、逆光気味でシルエットにしてみるのも綺麗です。

1509031449_IMG_6610_G12

 

ノコギリダイの群れ。目が大きくて目立つので、これが一斉に同じ方向に泳ぎ出すとなかなかの迫力。ちょっと濁っていたのが残念。

1509031017_IMG_6488_G12

 

西表の深い砂地の海底にいたアキアナゴ。二日くらい前に見た人気者のチンアナゴによく似ていますが、チンアナゴより大きくて、砂地に出ている部分が長く、のっぺりした見た目であまり可愛いげはない。  深いところにいたので長居してじっくり写真を追い求めるということは出来なかったので、こんな写真で申し訳ないです。

1509031227_IMG_6543_G12

 

同じく深い砂場にいたホタテウミヘビ。砂から頭だけ出していますが、この下にはニョロニョロと長い胴体があるはず。名前はウミヘビですがアナゴやウナギ類の仲間。最近は砂場のここの地点にずっといるそうで、インストラクターさんがライトを当ててもじっとしていました。  

1509031230_IMG_6545_G12

 

以上、この日は西表島周囲で潜って終了。明日は天候が良ければ仲の御神島です。仲の御神島に行くためのスキルチェックについては特別何も言われませんでしたが、多分もたつきもなく普通にダイビングしていれば良いのではないかな、、、と思います。

 

さて、西表島は人家も少なく、夜に遊ぶ場所もないのと、連日のダイビング疲れから、21時くらいには寝てしまいました、、、。

 

 

 

と思ったのですが、草木も眠る丑三つ時、夜中の2時頃に目が覚めてしまいます。ここの島はイリオモテヤマネコのいる島。ネコを探しにちょっと集落の周りをぶらぶらしてみることにします。さすがにヤマネコは無理でもセマルハコガメやヤシガニくらい見つけられたら良いなぁ、、、と思います。  

足音を忍ばせ、宿の外に。集落の外をふらふら歩きます。当然誰もいません。あまりにも何もいないし宿に戻ろうと思いはじめたころ、怪しい光が道路の向こうに!!

1509040314_IMG_6664_G12

あまりの暗さと急な動物の出現に慌てて撮影したので写真はぶれてしまいましたが、動物の目がわずかな光を反射させて光っている様子。もしやヤマネコか!?  

 

 

 静かに光の方へ寄って行ってみると、、、

 

 

1509040315_IMG_6667_G12

思いっきり普通のイエネコ。まぁそんなもんですよね~。 結局ヤマネコはもちろんハコガメもヤシガニも見つけられず、ネコを一匹見ただけで宿に戻り、失意の中、泡盛を一煽りしてから布団に潜り込み、一眠りすると朝を迎えました。

西表島ダイビング2日目のはじまりです。今日は仲の御神島にいけるかな?長い一日になりそうです。続きはこちらからどうぞ~。

竹富島北の美しいサンゴ~石垣島ダイビング3日目・その2~

石垣島の川平でマンタを見て気分が良いまま、竹富島の北側のサンゴポイントへ。このダイビングは石垣島3日間の最後を締め括るダイビングになります。

 着いたのはここ↓ 
1509021402_IMG_6302_G12

海上に岩が出ている様子が分かります。この岩が目印の「三ツ石」あるいは「三ツ岩」と呼ばれているダイビングポイント。右最奥に見えるのは西表島、その手前の島は小浜島。写真左に切れている薄い茶色というか肌色というかの細長い島はサンゴの砂が堆積しただけの島で、大潮の満潮になると水没してしまうので「幻の島」「バラス島」とも呼ばれ、ここに来るツアーもあります。(↓googleの地図では幻の島に接岸中の小型船が3隻くらいいるようです。)

さてこの三ツ石の名物はなんといっても圧倒的に美しいサンゴ。

八重山・沖縄のダイビングの王道はやはりサンゴだと思うのです。サンゴ礁の海に住むほぼ全ての魚、貝やエビ、ウミウシ等々は、サンゴが行う光合成による一次生産に直接的、間接的に依存しており、サンゴ抜きでは生き延びられない生きもの達が織り成す生態系がサンゴ礁生態系です。それならば元気なサンゴというのは沖縄・八重山の海の根幹で、ぜひ見ておきたいものです。

しかし、最近は陸の開発の影響だったり、オニヒトデの影響だったり、台風の影響だったり、海水温の上昇による薄荷だったり要因はいろいろありますが、健康なサンゴが拡がっている場所は八重山でも案外少なくなっています。そんな中美しいサンゴの海が広がっているのが竹富島北~小浜島北の海域でその真っ只中がこの日の最後の締めくくりのダイビングポイントである三ツ石の辺りです。

 

ここは海に入った瞬間、色鮮やかで圧倒的なサンゴが目に入ってきます。

1509021438_IMG_6337_G12
テーブル状のサンゴ、枝状のサンゴが混ざって、構造も色も複雑な世界が拡がります。サンゴの複雑な構造は、そこが魚や小動物の住みかになります。

 

1509021454_IMG_6383_G12
こっちは枝状のミドリイシ系のサンゴが一面に。みんなきれいな色をしており元気なサンゴです。その上を泳ぐ魚も圧倒的な数です。

 

1509021453_IMG_6378_G12
光が入る浅いポイントで、泳いでいてもサンゴの色や形も光の差し込み方で表情も変わり、いつまでも漂っていたい海。

 

1509021427_IMG_6314_G12
すこし深場に潜ると、岩にへばり付くようなサンゴがいます。相変わらず圧倒的な生物相ですが、浅いところとはまた違った雰囲気。

 

   1509021453_IMG_6380_G12
海上を見上げたら海の中に光が差し込み輝きに満ちます。水の中で鳥肌が立ちました。このような瞬間に出会うため、わざわざ海に潜るのかもしれませんね。

 

1509021521_IMG_6433_G12

船に上がって、くつろいでいたら、船の近くで次々と鳥が海に。水面下ではおそらく魚たちが襲われていますが、弱肉強食のシビアな世界。潜って水中の様子を見てみたいものです。

 

これで石垣島のダイビングは終わり。初日に書いた石垣のダイビングで見るべき三つのポイントについて、マンタ砂地、そして最後のダイビングで美しいサンゴも見られて、ここで3つとも紹介できてほっとしました。

 

明日からは夏休みの八重山ダイビングも後半に差し掛かり、西表島に渡ります。西表島は石垣島周辺とはまた全然異なるダイビングポイントだらけ。引き続き西表のダイビングも紹介できればと思います!

真っ白な砂地に拡がる海中の離島~石垣島ダイビング2日目~

昨日に引き続き、石垣島のダイビングの二日目です。

起きた瞬間、宿の窓越しに強烈な南国の日光が部屋に差し込んでおりテンションは上がります。部屋は灼熱だけど。。。 ダイビングは海の中に入ってしまうので、雨の日でも可能なアクティビティですが、やはり海の中の水の青色も海中に差し込む日光も晴れの日のほうが美しく、神秘的です。

宿から宿泊棟からご飯を食べる食堂棟へいくため、外に出ると、今日の風は穏やかで、どこのポイントでも行くのは可能そうです。運が向いてきたようで、今日はどこに行けるかな??
この「朝のどこに行くかのわくわく感」は、他の地域の場合はまるで知らない土地に対する全方位的な好奇心によるわくわく感ですが、八重山の場合、土地勘がある場所なため、旧友に会いに行くような独特なわくわく感です。

 

さて、二日日も朝の石垣港を出港です。この日の船は港を出ると進路を西方向へ。竹富島方面へ向かいます。

石垣港を出て、石垣から八重山の離島へ向かう定期船やダイビング船が行きかう賑やかな航路をしばらく進み、やってきたのは竹富島の南で黒島の北東の海域。地図ではこの辺↓(海の真ん中なのでgoogleの衛星写真地図は詳細版は写っていないのが残念・・・。)

このポイントは石垣ダイビング初日記録に書いた「石垣の海で見ておきたい3つのポイント」の一つ、”③真っ白な海底の砂地と岩礁に拡がる生物の楽園”が拡がる海域。真っ白な砂の海底は日光が差し込むと神秘的に美しいので、晴天の今日は期待値は上がります!

海の中に入った瞬間、深い海の青と、生き物がたくさん付いていそうな根と真っ白な砂地が目の前に拡がります。

 

 

海底に着底して、改めて周りを眺めると異世界っぷりに言葉も出ないです。

1509010939_IMG_5935_G12

わずかなサンゴがあれば、そのサンゴが生息基盤・生産者になって、そこにふさわしい生態系がちゃんと構成されます。↑この小さな生態系は、我々が訪れなければ、誰に知られるでもなく、直径30cmほどの卓状ミドリイシとその上の30cmほどの海域を中心に、20匹ほどのスズメダイが一日中ふわふわ泳いで完結していたのでしょうし、彼らにとってはその50cm四方くらいの空間で収まる生活を何日も何日も維持し、この世界を飛び出すでもなく、相変わらずサンゴの周囲をふわふわ漂っている彼らの生活をちょっとうらやましく思ったりもします。

 

1509010940_IMG_5945_G12

卓状のミドリイシ系サンゴの上に群れているのはミスジリュウキュウスズメダイ。危険を察知するとサンゴの中にさっと逃げ込む習性を持ちます。サンゴは生産者でもあると共にこのような魚の生息基盤にもなる。そしてこのようなスズメダイを餌とする生きものも必ずいるはずで、その生きものはさらに上位の捕食者(人間を含む)の命を支えているのでしょう。

 

大きな根では体が透明のスカシテンジクダイの圧倒的な数で群れています。一匹一匹は小さな体ですが圧倒的な迫力。

1509011113_IMG_6040_G12

スカシテンジクダイは変な人間の侵入者が来るとサッと向きを変えたりしつつも、結局その場を離れません。ここは高さ3m、直径3mくらいの根(岩場)ですが、そこに何千~何万匹の生き物の暮らしを支えています。海の豊かさを感じます。

1509011116_IMG_6046_G12

圧倒的な数の生き物の群れに囲まれるというのは、なかなか陸上では味わえません。この非日常な世界を味わいにわざわざ2000kmくらい離れた海にやってくる理由です。

こちらは健康的で美しく大きな枝状のミドリイシの下に群れるヨスジフエダイ(これは昔、石垣の港で釣った魚。。。懐かしい)2日前の石垣島のスノーケルでは健康なサンゴがあまりいなかったので、このような元気いっぱいのサンゴを見るとホッとします。

1509011141_IMG_6081_G12

 

今まで紹介したのはどちらかというと群れで圧倒するような生き物たちですが、根の廻りは一点モノの珍妙な生き物もたくさんいます。これらを探したり、写真に残すのも楽しいです。

こちらは鮮やかな青と黄色の体色と、本気モードでぶち切れて口を大きく開けて威嚇してくる様子が人気のハナヒゲウツボ。
1509011105_IMG_6024_G12

根やサンゴにくっついているのは魚だけではなく、エビやらカニやらウミウシやらも潜んでいます。これらミクロな生き物を探すのも楽しいです。

↓これはタイヘイヨウイロウミウシ。ウミウシの中ではそんなにレアなものではなりませんが、配色が綺麗。ザ・ウミウシって感じです。
1509011052_IMG_8920_s90

 

根付きのサンゴの隙間から顔を出すのは、石垣では”ザ・普通種”扱いのヒトスジギンポ。
1509011123_IMG_6055_G12

石垣の海ではよく見かける種ですが、触角みたいのが頭から生えていて目が大きくくりっとしていて、なかなか絵になるギンポだと思うのです。よく見ると、体色のツートンと目玉のツートンがシンクロして同一ラインを形成しているという芸の細かさに感動します。あまりありがたがられない魚だけど。。。

こちらはヒトスジギンポよりさらによく見かける”超普通種”のアカエソ。
1509011122_IMG_6053_G12

平べったい顔で目が上についています。のんびりした顔つきをしていますが、これも肉食魚なので、上の写真に写っているスズメダイやらスカシテンジクダイやウミウシやギンポ類なんかをバクバク食って生きているかも。エソたちはみんなで集まって狩りの相談でもしているのでしょうかね。
もちろんエソもさらに大型の魚や動物の餌になっています。(我々人間も含む)

 

砂地のダイビングでは我々ダイバーは根やサンゴを見ては砂地をの上を移動し、次の根へ。。。と飛び石伝いに離島を繋ぐように生き物を探します。
1509011413_IMG_6127_G12

 

そんな砂地の旅の最中、砂地に暮らす変な生き物を追っかけるのも楽しいものです。砂地で見つけた生き物たちを紹介しましょう。
1509011118_IMG_6049_G12

ふわっふわの白い砂の上に寝転がって眺めている先には、、、

 

砂地の人気者、チンアナゴ。海底から生えています。

1509011133_IMG_6076_G12

次は砂地に暮らすハゼ三種。

鮮やかな黄色体色に白い斑点がきれいなギンガハゼ。巣穴を作る係りのテッポウエビと共生しています。↓の写真でもハゼの下に写っているやつです。近づきすぎると巣穴の中に引っ込みますのでなかなか撮影が難しい。ギンガハゼという優雅な名前は美智子皇后陛下が命名されたそうな。(天皇陛下がハゼ類の研究者であるので。)
1509010934_IMG_5921_G12

次はヤシャハゼ。異様に背びれが発達し、色も赤系統が入って、観賞魚としてもなかなか人気があるハゼ、、、のようです。私はこのダイビングの時に初めて見ました。ギンガハゼは何度か見たことはあったので、私の中のレア度ではヤシャハゼのほうが上です。なかなかの面構え・ヒレ構えで夜叉のような見た目からの命名なのでしょうね
1509011357_IMG_6110_G12

ヤシャハゼもテッポウエビ君と共生するようです。
1509011358_IMG_6111_G121
このハゼと共生するテッポウエビも何種類かいるようで、ギンガハゼと共生しているのはシンプルな配色のテッポウエビでたが、このヤシャハゼと共生しているのは、なかなか派手なテッポウエビでした。派手なハゼには派手なテッポウエビが共生するのでしょうかね。。。

最後のハゼは一日目も出てきた「ザ・普通種」のダテハゼ。今日は上の二種とそろえテッポウエビ君と共生バージョン。
1509011123_IMG_6058_G12
ダテハゼよりテッポウエビにピントが合ってしまいました。さすが影が薄いザ・普通種。。。ダテハゼと共生しているテッポウエビも宿主に似て大人しめな配色。

チンアナゴやハゼ以外にも変な魚は砂地にいます。フラフラ漂っていたのはノドグロベラの幼魚。逆さに泳ぐ、、、というより漂っていました。
1509011129_IMG_6071_G12

魚以外の生き物では、砂地を移動中のハナミドリガイ。これは内地でも見るウミウシの仲間。
1509011125_IMG_6063_G12

いつまでも海に入っていたいところですがですが、肺呼吸の我々はいつかは浮上しなければです。これがダイビングで一番嫌な瞬間(^^;

船に上がるときに海底を見下ろした写真。
1509011145_IMG_6091_G12
白い砂の中に根があり、その中にサンゴがたくさん生え、この根に支えられている無数の魚が根の回りを泳いでいます。

石垣2日目のダイビングは1日目に書いた「個人的に思う石垣島のダイビングでこれだけは見ておけ!」の3つのポイントのうちの”③真っ白な海底の砂地と岩礁に拡がる生物の楽園”を思う存分楽しめました。やっぱりのんびり暖かい海のダイビングはいいです。

しかし、石垣のダイビングは明日3日目が最終日。3つのポイントのうち①のマンタと②のサンゴは紹介できるのか、暗雲が漂ってまいりました。

どうなることやらですが、3日目のダイビングはこちらに続きます。