クジラの骨を拾って洗って標本にする

北海道の海岸で見たミンククジラの死骸。死後、相当時間が経過し、ほぼ肉は無くなり骨格のみの状態、かつ骨は周囲に散乱し、長時間放置されてきたようです。朽ちるに任せるという状態だったこと、妻が骨を持って帰りたいと言い出したことから、散らかっている骨の中から手ごろなサイズを持って帰ることにしました。
持って帰ってから標本にするまでの様子を紹介します。方法は適当ですので、内容に責任は持てません。ちゃんとした骨格標本を作りたい、という方はしかるべき文献・サイト等を確認してください。ですが、素人の思いつき、適当にやってもこのくらいはできるよ、ということです。

①骨を選ぶ
IMG_4713.jpg
この中から持って帰る骨を選びます。クジラなので一個一個の骨も相当でかい。持って帰らなければいけないですのでザックに入るくらいの手ごろな大きさの骨を物色します。

②海で骨を洗う
DSC_0017.jpg
クジラの死体はウジまみれ、また7月という気温が高くなる季節がら、ものすごい匂いを発しています。
少しでもきれいにするべく、まずは手近な海水で洗浄。↑の写真は海に向かう妻の後姿。人間と比べてこのくらいの大きさの骨を持って帰ります。なお、素手で骨を持っていますが真似しないでください。この日は道具が無く仕方なかったものの、動物の死骸は寄生虫やら感染症やらなんやら持っている可能性がありますので、素手で触らずビニール手袋や持ち帰る袋越しに触るようにするべきです。
骨についているウジやなんやらは海水であらかた落ちますが、匂いはいかんともし難い。

③運搬
車に持って帰って適当な買い物で貰うようなビニール袋に収納しますが、漏れ出てくる香りが強烈・・・。コンビニに寄って厚手のビニール袋を購入し、三重に包んで持って帰ることに。これでさすがに匂いは漏れ出てこなくなりました。骨はとがっている部分もありますので厚手のビニール袋が具合がよく、そして袋がザックやカバンの中で袋が破けたら大惨事なので袋はケチらずに。
北海道から羽田に戻る際、骨はビニール袋に包んだまま機内持ち込みのザックの底に入れておきました。手荷物検査ではひっかっかることは無く、中は検められませんでした。しかしもし空港で袋を開けてくださいと言われれば、異臭騒ぎ、軽いバイオテロを起こせそうな気がします。麻薬取り締まり犬がいたら嫌だな、と思い緊張します。
持って帰ってきたビニールの包み。開けるとものすごい悪臭がすると思われて、さすがの私も帰宅後1~2日くらい放置・・・。
といっても、いずれも処理しないといけないので勇気を出して処理をします。水で流しながらの作業が想定され、屋外の流し場のようなところで作業を進めたい。
IMG_1227.jpg
↑問題のビニール包み。
覚悟を決めて、骨を洗う石鹸(といっても私がいつも使うボディソープ)を用意し、水を全開で出しながら、息をつめて袋を開いていきます。無駄に厳重に密閉されているので、袋の口を解くドキドキ感が高まる。
出てきた骨がこれ。
IMG_1230.jpg
写真を撮る必要が無ければさっさと洗い流したいものです。臭いはやはりすごいですし、骨の陰や落ちきっていない肉からは海水洗浄で取りきれなかったウジちゃん達が”コンニチハ”しています。ビニール袋に一週間入っていたくらいでは元気いっぱいなままなんですね。写真中央右下の色が濃い部分はまだ少し肉が付いていてその上の小さな白い線はウジちゃんですがそんな情報は要らないですよね。わかっていますが書きたい。

④物理的な洗浄作業
さて骨を洗っていきますが、上にも書いたとおり思い付きで作業を進めます。
まずは水を流しながらボディソープで洗浄。とりあえず素手で触っても嫌じゃない状態にもっていきたいのと、この悪臭を何とかしたい。洗浄道具は宿泊先のホテルで使っていた使い捨ての歯ブラシを持って帰ってきたもの。
IMG_1232_2014091001471546a.jpg
クジラだって哺乳類ですから、肉は熱を加えたほうが骨から綺麗に外れるかなと思いまして、シャワーの温度を最高にして洗い流します。ボディソープを付けては歯ブラシで擦り、熱水シャワーで洗い流すの繰り返しです。このくらいになると見た目はともかく、臭いはだいぶマシに。

⑤化学的洗浄
ボディソープ+歯ブラシで物理的に洗浄した後は、化学的に洗浄。強力な異臭の素はクジラの肉が腐敗したようなものと考えられますので要はタンパク質。タンパク質を分解すれば、ほぼ匂いと汚れは解決するのでは、、、と思います。タンパク質を分解するものといえば、トイレや風呂の排水溝の詰りを取る洗剤(下の写真に写っているのはダイエーのPB商品ですが、分かりやすい商品名でいえばパイプユニッシュとか、あの類のものです。→パッケージデザインはこんなの)がありますので、骨にぶっ掛けて、静かにお風呂の温度くらいのお湯を注ぎ、骨がヒタヒタに浸かるくらいにします。
IMG_1235.jpg
その後、放置すること一昼夜。(子供がいじったりカラスがいたずらしないような場所で骨に洗われて頂きます)

出てきた骨がこれ↓
IMG_1237_201409100148201c1.jpg
だいぶまともな見た目になったのでは無いでしょうか。匂いは分解されたタンパクと骨と塩素の混じったような匂いが仄かにします。

⑥漂白作業
次は骨っぽい白さを出すためのに漂白作業です。⑤が終わった骨を一度軽く水洗いし、漂白剤に浸けます。家庭にある漂白剤といえばやっぱりコレ→
漂白剤の銘柄は何でもいいのですが⑤で使う洗浄剤は塩素系のものですので、漂白剤も塩素系にしてください。くれぐれも酸素系漂白剤を使わないように。
漂白剤も適当な量を骨にふりかけ、骨がひたひたになるまでお湯を注ぎ一昼夜放置。
IMG_1236.jpg
当初、洗浄剤と漂白剤の濃度がよくわからず、あまりタンパクが分解されなかったり、漂白されなかったりということがあり、⑤と⑥を濃度を変え2~3度繰り返しました。
そのあとの骨がこちらです。
IMG_1240.jpg
もう少し漂白剤を濃くすれば真っ白になるのかもしれませんが、濃い漂白剤は骨を痛めそうなのと、あまり真っ白すぎても好みではないので、この程度で漂白は終えました。
⑥乾燥
水で漂白剤と洗剤を綺麗に洗い流し、風通しの良い日陰で陰干しします。
IMG_1600.jpg
よーく乾燥させたら出来上がり。
IMG_1604.jpg
裏側はこんな感じ。
IMG_1603.jpg
一部にうっすらと茶色いシミが残っていますが、ひとまずコレで完成。茶色いのが気になったらまた漂白剤に漬け込めば白くなるでしょう。
匂いは無臭。

しかしこの骨はどこの骨なんだろうか。知り合いの獣医さんに聞いたところ、頚椎か胸椎の辺りの骨なんじゃないかな?とのこと。人間で言うと首の骨の辺りのようです。

潜るマッコウクジラ・跳ねるシャチ~2014夏・北海道旅行・その12~

羅臼沖でのホエールウォッチングの続きです。

シャチたちのジャンプ
をたっぷり眺めた後は、船長の「マッコウを探しに行くぞ~」の号令のもと、シャチ海域を離脱しマッコウ探しです。といっても乗客の肉眼で見つけられるものではないですから、船長と船長をサポートするお姉さん任せなわけですが。
操舵室にはソナーやらマッコウレーダーやらが備えられているのかまでは不明ですが、「やはりマッコウクジラは難易度が高く、簡単に見つかるもんじゃないよな~」とか思いつつのんびり海上の様子を見ながら過ごします。
羅臼沖は魚が豊かな海。ホエールウォッチング船以外にも漁船が行き交います。むしろ漁船の方がメインな海ですが、漁師さんたちは深夜に出て朝方帰ってくるので、我々の乗っている観光船と行き交う方がレアなのか?日ロ境界線も近く国後島も大きく見えます。
IMG_6584.jpg

 

マッコウが出るまで暇ですから、海鳥の写真を撮ったりします。小さい上に高速で動くのでピントが合わすのが難しい。写真の鳥はずいぶん派手に見えますが、オシドリのオスかなぁ・・・?海によくいるミズナギドリやカモメの形態では無いような気がしますし、となるとカモの類だと思うのですが、オシドリが知床半島と国後島の間の海にいるのだろうか。。。
IMG_6591.jpg

 

船が全速で走ること15分。なかなか新たな動きも無い。やっぱりマッコウは難しいよなー、と思いつつ、他のお客さんたちもなんとなく所在無くなってきた頃、「マッコウの噴気を見つけた」との船内アナウンス!
船内が俄に色めき立ちます。私もその流れにのって舳先近くにへばりつき、双眼鏡を取り出します。噴気は船から進行方向11時とのアナウンス。確かに海の中から蒸気が吹き上がっていましたが、これは、遠いぞ。。。肉眼のお客さんはおそらく見えますまい。
揺れる船の上で頑張って望遠レンズを駆使して撮影したのが以下の写真。遠さが実感いただけるのではないでしょうか。
IMG_6596.jpg

 

船は全速でマッコウに向かって進んでいきます。海の上なので距離感がよくわからないですがまだ2~3kmくらい?私も必死に双眼鏡で噴気を追い続けます。しかしこの揺れで双眼鏡を使ったりカメラのファインダーを覗くと普通の人なら酔ってもおかしくないぞ・・・。私は何の因果か船に強いのでどうってこと無いですが、自信の無い方は酔い止め薬を服用したほうが良いでしょう。
マッコウの噴気は、まだ肉眼では見えない距離です。
あと1~2kmくらいに近づいたかな、、、と思ったその時!
マッコウクジラが尻尾を上げてしまいました。マッコウクジラの尻尾から落ちる水の量はものすごい量。体の大きさが推測されます。
IMG_6609.jpg

 

しかし、マッコウクジラが尻尾をあげるときは深く潜るとき。この後しばらく海面に浮上してきません。
船長のアナウンスから「あ~~~!」っという声が。双眼鏡を見ている客からも「あ~~~!!」っと声が上がる。私もファインダーを覗きながらまっっっっこ~~~~~!!!ってなもんです。
IMG_6615.jpg

 

近くでは見られなかったけど、確かにマッコウクジラはいるということが見られたからまだ運が良かったと思うことにします。
船長からは「潜ってしまったもんは仕方ないので、再びシャチに行く。途中でマッコウがいたら考えるけど。」とアナウンスがあって、進路を変え再びシャチのいる海域へ移動です。
ほどなくシャチの海域へ。すぐに見つかるシャチたち。君たちはお手軽でいいね。(注;この季節シャチを見られるは相当運が良いことなのですが、感覚は麻痺して来ます)シャチたちはマッコウクジラより相当知床の沿岸寄りにいました。
IMG_6626.jpg

 

鎌形の綺麗なシャチの背ヒレ。
IMG_6653.jpg

 

今回見たシャチはすべてメスか子供のシャチでこれでも背鰭が短いようです。オスのシャチは背鰭の高さだけでも2mもあるそうな。しかし警戒心も強くメスや子供よりなかなか近づけないとのこと。
この日のオスのシャチはロシア側海域境界線近くにいたようで姿は見られず。
IMG_6655.jpg

 

一頭のシャチが足ヒレを高く持ち上げ、水を跳ねあげました。
IMG_6665.jpg

 

跳ね上げた水が尻尾に降り注ぎ、水滴が弾けます。綺麗ですね。シャチも遊んでいると思います。
IMG_6666.jpg

 

こちらの写真の背景は国後島。国後島もすぐ側。北方領土には北海道ではレアな生き物がゴロゴロいるそうで一度は行ってみたい。
IMG_6683.jpg

 

遊んでいるシャチ。複数頭でじゃれあって遊んでいるようです。
IMG_6702.jpg

 

ここでホエールウォッチングは時間切れ。シャチに別れを告げ羅臼港へ帰港する進路をとります。もっと見たかった。。。
IMG_6721.jpg

 

船は速力を上げて羅臼港へ。航跡が名残惜しいです。
すれ違った他社の船。お客さんは救命胴衣を着用。私たちの船の客も着用しています。
IMG_6737.jpg

 

帰り道でもイシイルカの相当の数の群れが左舷右舷両側で跳ねまくっています。しかし相変わらず姿は捉えられない。。。
IMG_6793.jpg

 

羅臼港近くまで戻ってくるとサケマスの定置網が目に入るようになります。改めてシャチやクジラと人の生業の近さを実感します。
IMG_6820.jpg

 

羅臼港近くで船内放送で船長さんが「羅臼は陸からマッコウクジラの噴気を見ることが出来る世界で唯一の場所。」と自慢気に言っていたのが印象的でした。たしかに陸から近いところでシャチが跳ねていました。私の写真の背景に羅臼の街が入っている写真が何枚かある通りです。マッコウも近くによってくることもあるのでしょう。羅臼は漁業も好調そうな上に観光資源も豊富で豊かな街の印象でした。
そして羅臼港に帰港したら慌ただしく次の14時便のお客さんと入れ換え、、、本当に着いた途端です。がーーっと降りて、ぶわっと乗って、ががっと出港していきました。乗るときに撮り損ねた本船の写真をまた撮り損ねてしまった。。。船が気になる方は知床ネイチャークルーズさんのサイトで確認ください。
このホエールウォッチングが今回の知床旅行の最後のアクティビティ。天気もなんとかもったし、季節外れのシャチをたくさん見られましたし、遠くにマッコウクジラ、姿はよくわからなかったけどイシイルカ(の上げる水しぶき)も見られましたし、最後を飾るにふさわしく、なかなか良かったと思います。
羅臼帰港後は近くの道の駅ですっかり虜になった羅臼の海で育った昆布を買って帰ります。しかし海底からわさわさ生えている昆布がこの値段で売られていたら、、、と下世話な勘繰りをします。
遅い昼ご飯を食べたあとは知床と友人と別れ、本日の泊地、釧路へ。
この長かったような短かったような知床半島を山から海までを満喫する旅のフィナーレも近づきつつあります。

網走から知床ウトロ側へ。フレペの滝周辺~2014夏・北海道旅行・その4~

北海道上陸二日目。
網走を後にして、国道244号線をオホーツク海に沿って東へ。知床を目指します。
、、、と思ったら、ちょっと停車。
網走市の市境には濤沸湖という湖が拡がっています。この湖畔には草が生え、馬が放牧されていました。北海道らしい風景で思わず車を止めます。
IMG_4473.jpg
馬は競争用のサラブレッドではなく、足が太くて短い種類の馬。道産子なのかな?観光用なのか、みんな綺麗な毛並みに整えられ、優しい目をした馬でした。
IMG_4524.jpg
馬を眺めてからは、順調に東へ。斜里市街を抜け、知床半島に入ります。オシンコシンの滝を無視して、ウトロ市街を抜けて、知床自然センターの駐車場へ。
今日は妻のリクエストで、まずは彼女が好きなフレペの滝、夏verを見ます。今回の旅行は山に海にハードな旅程ですから、少しは妻の希望を叶えないと夫婦仲も険悪になります。
さて、このフレペの滝は流氷の押し寄せる3月頃に来ました。運良く晴れた日で、輝く海と流氷、凍った滝、雪に覆われた山を見たものです。はるか昔のように感じますが、あれから4ヶ月くらいしか経っていないんだな、、、、と思うと感慨深いです。
自然センターの駐車場に車を置いて、遊歩道を歩いて行きます。
知床では珍しくもなんっともない動物ナンバー1のエゾシカ。写真で見ると可愛いですが、実際には口をモグモグ動かしながら目は笑わないでこっちを見つめ続けるというムカつく表情をしていました。
IMG_4543.jpg
フレペの滝周辺のエゾシカは人が近づいても逃げません。慣れきっているのでしょう。
IMG_4547.jpg
駐車場から15分くらい歩いてフレペの滝の脇の展望台へ。
フレペの滝全景、とは全然違う光景。インパクトはやはり滝が凍り付いている冬のほうが上か・・・。
IMG_0876_2014081123150712a.jpg
フレペの滝は崖の半ばから水が染み出て滝になっている不思議な地形。流れは細く「乙女の涙」とも呼ばれます。
IMG_4576.jpg
崖直下の海は印象的な青色をして拡がっています。浅い珊瑚礁の海のような色をしていますが、浅い砂地ならこんな色になるのかな。
IMG_4577.jpg
岩が妙に白っぽいなぁ、と思って双眼鏡で眺めたら、断崖に鳥が営巣しています。今の季節は鳥達の繁殖シーズン。フレペの滝の断崖ではウミウが子育てをしていました。敵が来ない素敵な営巣場所なのでしょう。私は転がり落ちないか、むしろ心配になってしまいます。
IMG_4557.jpg
岩は白っぽいけど主がいない岩も。子育てシーズンも佳境に入っています。すでに巣立ってしまったあとなのでしょう。
IMG_4554.jpg
ヒバリも歌う夏。
IMG_4571.jpg
断崖の途中から咲く白い小さな花。よく見ないと見逃してしまうような小さな花ですが、よくここにたどり着いて育ったな、と感心します。
IMG_4588.jpg
振り返ったら知床連山。冬の時は全身真っ白でした。少し雪渓が残っていますが、すっかり夏です。
IMG_4562.jpg
斜面にはオジロワシ。基本的には冬になると渡ってくるオジロワシですが、道内でも繁殖する個体がいるらしく何個体か見かけました。冬ほど高密度には見かけないです。白と黒のツートンのオオワシは全く見かけなかったです。
IMG_4677.jpg
ピントが手前の葉っぱに来ていて残念な写真ですが、エゾライチョウの子供。丸々して可愛い鳥ですが美味な鳥らしいです。かつては食肉用にずいぶん捕られたようです。
IMG_4703.jpg
ふとした道端にはヒグマの糞がボトボトと。それなりに新しいのでやはり近くにいるんでしょうね。
IMG_4691.jpg
近くの海岸に出たらミンククジラの死骸がうち上がっていました。長さは4mくらい。9.5割くらい肉が無くなっていましたのでここに上がってから相当の日時が経っていると思われます。(↓妻が撮影した写真)
IMG_8334.jpg
そしてその辺の棒っ切れを拾ってきて骨をいじりだす妻。気温が低い北海道とはいえ7月。クジラの周囲には腐敗した臭いが立ち込め、ハエがブンブン飛び交い、ウジが大量に湧く中のことですので、自分の妻ながらよくやるなと感心します。普通の女性なら近づくのも嫌がりそうなものですが、妻は動物好きであり、その好奇心が勝ったようです。クジラの骨を持ったり、ひっくり返したりして重さや大きさを体感していました。
IMG_4726.jpg
今日は森や海を軽くうろうろして終わり。夜は友人と久しぶりの再会を祝し祝杯、この友人は3月の流氷の時も相手をしてくれたありがたい友人です。しかし、明日以降は文字通り山から海まで知床を堪能していく予定であり、激しい旅程が待ち構えていますので、本日は大ジョッキ2杯くらいで解散します。
我々は宿に戻ります。温泉に浸かって明日に備えカメラの電池を充電したりして就寝。。。
明日は念願の知床の海でダイビングの予定です。アザラシやトドが泳ぐ知床の海の表情はどんなものか楽しみです!