ウルグアイで見た野鳥たち~ウルグアイ旅行記8~

ウルグアイの大西洋岸のプンタ・デル・エステからカボ・ポロニオ国立公園への小旅行を終え、そろそろ帰国に向けたまとめになるのですが、その前にウルグアイで見かけた鳥たちを紹介したいと思います。今回は一眼レフも望遠レンズも持っていなかったので、コンパクトデジタルカメラのG12で頑張った写真ばかりでちょっと厳しい写真が多いのが無念ではありますが、南米の鳥の様子が伝われば嬉しいです。

まずは、これ。プンタ・デル・エステの海岸を歩いていると、波打ち際に3つの頭が泳いでいるのが見えました。

IMG_4180

何だろうと思い、しばらく観察していると、、、

IMG_4178

頭の出し方や頭の形から海獣の類では無く、どうやら小型の鳥の様子。


 →続きを読む

大西洋の朝陽とラプラタ川の夕陽 プンタ・デル・エステにて~ウルグアイ旅行記3~

さて、ウルグアイの首都・モンテビデオにやってきましたが、先回のエントリーの通り、首都を飛び出すことに。まずはモンテビデオから東へ130km、バスで2時間弱のプンタ・デル・エステという小さな街までやって参りました。この街は小さな半島の先にあり、そしてこの半島を境にして西側がラプラタ川河口、東側が大西洋となるようです。日本の国土の感覚だとどっちも大西洋でいいじゃない、、、というようなスケール感なのですが、wikipediaによると、”プンタ・デル・エステ”というのはスペイン語で「(ラ・プラタ川の)東の岬」という意味とのことなので、そんなこと言うとこの街の名前を否定することになります。と、文字で書いても分かりにくいので下の地図をご確認ください。

 

さて、まだ暗い早朝にプンタ・デル・エステのホテルで目覚めたら、空には星が出ており、雲が高そうなので、海岸まで日の出を見に行くことにしました。ホテルから5分ほどで大西洋側の海岸に。コンクリートに腰を降ろして夜明け前のほの明るい海を眺めます。ゴミひとつ落ちていない美しい砂浜の上で海鳥が波打ち際で遊び、穏やかな波が打ち寄せてくる中、太陽が力強く上がってくる様子は楽園のようでした。

IMG_4033
大西洋の夜明けです。太陽が上がると一気に暖かくなり、お天道様のありがたさを感じます。南米でこんな気分になるとは思わなかった。
 →続きを読む