小さなコショウ挽きにこだわる/クリスマスイブ2017

クリスマスイブの22時ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。小生、単身赴任先にて何年ぶりかに単独のクリスマスイブを満喫しております。しかし、やることも無いいつもの日曜の夜なので書斎のPCの前で正座し海獣記を記そうと思います。

さて糞野郎の一人暮らし、おっさんの一人暮らし、男の一人暮らしを始めるときに何を買うべきか、というのは永遠のテーマです。しかし、その際に自分の胃袋を満たすために自炊をするか否か、あるいは自分が作る料理で女性陣の胃袋を掴んでくんずほぐれつを目指すか否かによって選択肢は変わります。

何の目的であれ糞野郎が自分で料理をするという選択肢を選ぶ場合、大学進学の10代から結婚するまでの30代になるまで、また結婚してからも単身赴任生活を余儀なくされ、約15年くらいの自炊生活を営んでいるおっさんである私が、調理道具分野で”これだけは買っておけ”と後輩にアドバイスするとして、真っ先に推薦するものがコショウ挽き(コショウミル)です。男臭く表現したいのでコショウ挽きと漢字交じりで書いていきます。

糞野郎の一人暮らしの自炊では、やっす~~~~い肉を買ってきて、フライパンや中華鍋に油を引いて塩と胡椒だけで肉を焼いて酒を飲みがてら食べるなんてことが日常茶飯事。私の経験ではその時に使うコショウが旨いかで生活の充実度は変わってくると思います。塩ももちろん上等なものが良いのですが、コショウほどは差が出にくい。クリスマスにおねえちゃんを部屋に連れ込んで食事を奢る際、旨い料理を振舞えば、料理上手で素敵!となりますし、それに連れ酒もすすむのです、きっと。

 …この続きを読む

【単身赴任生活】丸底の中華鍋をダイニングテーブルに安定して置きたい

我が単身赴任生活、台所にフライパンはなく中華鍋で炒めものから煮物、揚げ物までこなしているのですが、男らしく調理したものをそのまま中華鍋から食べることもよくある。もう一人暮らしだと横着し放題です。

、、、ですがひとつ困ったことがありました。中華鍋は一般的なイメージ通り丸底になっています。これが見た目以上に安定しないのです。また強化プラスチックの頑丈ダイニングテーブルとはいえ、火から下ろしたばかりの中華鍋を直置きするのはプラスチックが溶けそうで気を使うのです。具体的にはこんな感じ↓

 …この続きを読む

【単身赴任生活】キッチン用品をぶら下げるために穴を開けて紐を通する

我が家のキッチンは以前書いたとおり、カビとの戦いです。接地しておくとあらゆるものがカビるので、道具はぶら下げることに命を懸けているのですが、ぶら下げるための紐やそれを通す穴がない道具達もいます。たとえばこいつ。。。

中華鍋は柄のところに穴があるのですが、中華お玉の方ですね。若林工業製の味のある中華料理用お玉でいかにもなやつなのですが、、、。無念。

サイト内の関連記事:

 …この続きを読む

【単身赴任生活】指毛を守れ!柳宗理デザインの穴あきトングを導入する

先回は単身赴任中のキッチンを紹介しました。単身赴任生活ゆえに調理道具、カトラリーは最小限なのです。鍋は「物を増やさない単身生活・鍋類はアウトドア用品で」というエントリーで紹介したとおり、アウトドア用のポータブルのもの。容量はともかく、直径も15cm~20cmほどの小形鍋です。

この径の小さな鍋を使っていて困ったことがあるのです。例えば蕎麦やパスタなどを茹で、茹で上がった麺を取り出すため、箸を持って鍋にてを近づけると、、、鍋の底からはみ出た炎に指毛が焼かれるのです!

サイト内の関連記事:

 …この続きを読む

【単身赴任生活】カビから調理道具を守れ!我が家のキッチンの様子

先回は落ち着いてきた単身赴任暮らしのうち、書斎(PC)スペースを紹介しました。今回は我が家のキッチンの様子。

この家は仮住まいの借家なのでキッチンも当然既製品。90年代後半に建てられた家なので、まぁその頃の標準的なキッチンがついています。世帯用の家なのでキッチンは広いですし、使い勝手は決して悪くないのですが、、、一番困ったのが、カビが大発生すること!!!

我が家は谷間にあり、山やら畑に囲まれているのでなんとも湿気が凄まじいのです。 初夏の頃は台所でも置いているまな板、箸などのカトラリー、味醂や焼肉のタレのボトルの蓋の中(冷蔵庫が無かったので常温保存をしていた)、布巾にカビが生えました。台所以外でも革靴、山用のザック、通勤用カバンのポケットの中、一回も着ていないスーツ、洗っておいてパッケージに入れておいたダイビング用のフィンやウェットスーツ、、等々あらゆるものがカビたのです。特にキッチン用品は、素材が金属でもプラスチックでも木でも、置き場所がキッチンの作業台の上でも床でも棚でも、重力に任せて置いて置くと設置面からカビて、ナウシカの腐海に出てきそうなフワフワが生えてきてしまう。

 …この続きを読む

山田工業所製中華鍋の空焼きと慣らし

単身生活に備えて合羽橋道具街で買ってきた山田工業所の中華鍋

やっぱり買ってきたからには早く使ってみたいのが人情。なので、さっそく鍋を使える状態にして慣らしを行うことにしました。まずはは出荷時に錆び止め用として塗られているニスを焼き切らなければなりません。やることは単純で、鍋をガスコンロで炙り、ニスを焼き切って鍋の鉄を剥き出しにして油を塗るのです。これを鍋全体にまんべんなく行います。そんなに難しい作業ではありませんが鍋全体を焼くという根気の必要な作業。夏はしんどそうです。

早速取りかかります。ニスで覆われている部分は黒くて、表面もツルツルしています。これを火に掛け青灰白色の鍋の地金が出るまで炙るのです。下の写真では鍋の右上の色が変わっている部分が焼けてきました。

 …この続きを読む