野生の海獣を見に行こう~事前準備と必要な装備~

野生で生きる海獣の姿は海で力強く、やはり水族館や動物園で飼育されているものとは一味違います。きっとその姿を見たら感動できると思います。

そして最近ではITの進歩により情報収集が容易ですし、またウォッチングツアーなども盛んになってきました。なので手軽に野生の海獣に会うことができる時代になってきました。ここでは野生の海獣を追いかけ続けた私が捜索のコツや観察時のルール、観察に必要な装備などを紹介したいと思います。

 

生息地に行く前に行う準備

野生の海獣はたいてい人間目線ではなかなか行きにくい不便な場所にくらしているので、事前に生息地の情報チェックを入念に行わければなりません。観察できる場所そのものの情報はこのサイトにいろいろ載せていますが、生息地がどのような場所かは把握しておきましょう。私は最低でも以下の項目くらいは調べて行きます。これらの情報捜索に役立つサイトはこのページの最下部に掲載してあります。

・アクセス方法(生息地までの道・距離・所用時間・公共交通なら時刻 表・レンタカーなら営業所とその営業時間)

・当日の天気予報(特に気温・風・波・潮の干満・日の出日の入り時刻)

・平年の天気(特に気温←装備・服装の参考のため)、

・付近の人家の有無(人家が無い場合は食料(車の場合、ガソリンも) の準備も欠かせません。)

 

余裕をもった計画を立て、特に真冬の訪問時は決して無理をしないでください。生息地付近で事故があった場合、助けてくれる人はいないと思って慎重に行動してください。いや、冗談ではなくこんな場 所もあるので。。。↓

↑天売島。細い農道をきこきこ自転車を漕ぎアザラシを見に行った。周囲は無人地帯。冬期はほとんど人が通らないので遭難したら春まで気づかれないかも\(^o^)/

上記の情報にも周辺の観光情報・美味しいもの情報・温泉情報サーチも欠かしません(私の場合)。魚が主食の海獣たちがうろうろしている≒魚が豊富≒港が近い≒アザラシ生息地周辺の魚介は旨いです。特に北海道は都道府県別温泉の源泉数第三位の温泉大国。アザラシを見た後の冷えた体で入る温泉もまた格別。野生の海獣を見に行く際の楽しみの1つです。

・コンビニを当てにしない。
野生の海獣生息地周辺にはコンビニなどはほぼありません。食料やカメラの予備電池等を現地で購入するのはほぼ不可能なのでその辺の準備も入念に。

・携帯電話も当てにしない。
最近では携帯電話の普及に伴い、野生のアザラシを見に行っても「こんなところにもFOMAの電波が届く」と感動することが多いのですが、基本的に携帯電話は使えないつもりで行きましょう。
抜海港・宗谷漁港・焼尻島・網走湖・襟裳岬の各野生アザラシ生息地では携帯電話(ドコモのFOMA)が使えたと思い ます。また北海道の地方でも各町村の役場があるような大きな集落では携帯電話の電波は届いていますから安心してください。

 

生息地近くに行ったら

アザラシの生息地近くに行って一番最初に行う重要なことは「地元の人からアザラシ 情報を聞く」ことです。野生ア ザラシを見に行くという事は、あまり見かけ ないモノを知らない場所で探す事です。ですから当然その場所に詳しく、探しモノを日常的に見ている人から情報を貰うのが、探しモノを手っ取り早く見つける方法 です。恥ずかしがらずに聞きましょう。今まで私が出会った方はみんな親切に情報を教えてくださいました。

 

野生の海獣を見るときのルール

1、静かに見る。
これは一番重要なルールでもありアザラシを見るコツでもあるので す。野生のアザラシは大きな音や声には驚いてしまうので逃げていきます。野生アザラシを見つけると「アザラシ だーーー!!!」と絶叫する方、「ゴマちゃーん」と大きな声で呼ぶ子供。また手を叩いて音を出す(呼んでいるつもりなのかな?)方もいます。野生アザラシはぬいぐるみのように見えてもペットじゃないんだから、音を出しても人間に寄って来るわけはありません。むしろ音を出すと海獣は警戒してしまい、ドボンドボンと水中に潜ってしまうこともあるので、物音は極力出さないようにしましょう。声以外にも、例えば近くまで車でいける場合は、車のエンジンをかける音などにも注意しましょう。

2、派手な動きをしな い。必要以上に近づかない。
野生動物は危険を感じたらあっという間に逃げてしまいます。そのためには警戒させないことが重要です。相手が野生の中で生きる生物であることを自覚しましょう。

3、お菓子のような食 べ物を与えない。
これも絶対に守るべきルールです。野生動物が人間の食べ物を貰うことに慣れるとそれに依存してしまい、最悪自力で狩りをしなくなるなど自力で生きていけなくなり ます。また人間の食べ物には野生動物が通常摂取しないような物質も含まれています。(海に暮らす海獣が人間のお菓子のようなものを食べているわけはありませんよね。)人間の食べものを食べる海獣の健康に害を及ぼす可能性があります。もちろん食べ物以外でも物を投げたりしないようにしましょう。

4、ゴミを残さない。
海獣に関係なく、アウトドア関係の基本的なマナーですが…。ゴミも全て持ち帰りましょう。タバコを吸う方は携帯灰皿も 忘れずに。

5、生体・死体を問わ ず野生のアザラシには触らない。
あまり無いケースだとは思いますが、触ることのできる場所に海獣がいても触らないようにしましょう。野生の海獣は寄生虫や何らかの病気を持っている可能性があります。また野生の海獣は凶暴です。うかつに近づくと威嚇してくることもあります。むやみに捕まえたり拾ったりしないようにしましょう。実際2007年6月から7月にかけては野生アザラシに近づき過ぎた女性がかまれたり引っかかれたりして救急車が出動するという事故が相次いで起きました。野生の海獣には必要以上に近づかないように。まして触るのは論外です。
アザラシが衰弱して海岸に打ち上がっているのを発見したら、最寄の水族館・動物園・獣医さん等の専門家がいる施設に連絡して指示を仰ぎましょう。これらの施設の連絡先がわからなかったら最寄の市役所・町村役場に連絡すれば対応してくれると思います。

6、住民感情にも配慮を
海獣たちと人間の関係はとても複雑です。わざわざ海獣を見に行く方は海獣たちに対してプラスの感情をお持ちだと思いますが、例えば北海道には海獣による漁業被害に苦しんでいる猟師さんもおりますし、現地の方々が須らく海獣に対してよい感情を持っているわけではありません。海獣好きな方もこの点は理解の上で、海獣ライフを送るべきと私は思います。

 

海獣観察に必要な装備

 

防寒対策

北海道は真冬は気温が氷点下になるのが普通です。さらに海獣の生息地は沿岸部なので風が強く、体感温度は恐ろしく低くになります。真冬ではない無雪期でも急に寒くなることもあるので油断は禁物です。防寒対策はしっかり!s服装はもちろん冬靴・手袋・カイロなども用意したほうが良いと思います。そして個人的に一番油断して忘れがちなのが「耳」です。北海道の冬で風がある場所では10分も耳を外に晒しておくと痛くてたまらなくなります。耳あてがあれば一番良いのですが、忘れた場合や持っていなくてもタオルやマフラーを巻くだけでも結構防げます。これは海獣観察のための装備というか、冬の屋外活動を行う上ではそれ以前の基本だと思いますが。

必須アイテム・双眼鏡!

ご飯は1日くらい食べなくても死にませんし、服も一日くらいは着ていなくても風邪や肺炎になるくらいで病院にいけば何とかなりますが、双眼鏡が無いことには遠くの海獣や鳥を見つけることは出来ません。肉眼で見える近距離に野生動物が来るのは相当限られた条件ですし、見慣れていない野生動物を探すのは困難。せっかく野生動物を見ようと思うなら、良質な双眼鏡を持っていくと旅が200倍くらい面白くなると思います。

双眼鏡はいろいろなメーカーからたくさん出ていますが、まだ野生動物を探した経験が少なく双眼鏡をお持ちではない方が海獣観察のための双眼鏡を探すとなると、なかなか勝手がわからないと思います。結論から言うと、低倍率(8~10倍程度)の名の知れたメーカーの商品を実際に覗いてみて、自分の好みと財布の具合で決めれば大丈夫です。が、手を出してはいけない双眼鏡というのが存在するのまた事実ですし、なかなか双眼鏡を実際に覗いて探すのも億劫、そこそこでいいからお前のお奨めを教えて欲しい、という方もいらっしゃると思います。以下ではアザラシのために双眼鏡を初めて買うような方に向けて失敗しない双眼鏡の選び方を書いております。

絶対に買ってはいけない双眼鏡

・通販サイトやホームセンターで3000円以下とかで売っている怪しいメーカーの激安双眼鏡。性能もそれなりです。一流メーカーの真っ当な双眼鏡が数千円程度で手に入るのに比べると、ぼったくりともいえるウンコ双眼鏡です(^^;

高倍率ズーム式双眼鏡。通販にありがちなのですが「ズーム式20~100倍!」などと宣伝される双眼鏡です。簡単に言ってしまうとズーム式は視野が狭く 暗いので使いづらいのです。加えて手持ちで双眼鏡を使う場合は高倍率になるほど手ブレがひどくなります。岩の上の野生アザラシを手持ちで探す場合、高倍率の双眼鏡は使いにくくて仕方ありません。私は20倍の双眼鏡でも手持ちだと辛いです。ですのでズームで100倍!といったような倍率の双眼鏡はまったくもって使えません。逆に言うとまともなメーカーは高倍率ズーム式は使えないことを知っているので、そんなウンコ製品は出していません。



アザラシ観察に向かない双眼鏡

高倍率(15倍以上)双眼鏡。倍率が高いほど高性能で、高倍率の双眼鏡は低倍率の双眼鏡よりスゴそうに思えますが、決してそんなことはありません。特にアザラシのような動物を離れた場所から観察する場合、高倍率の双眼鏡は視野が狭く、手振れも大きいので使いにくいものです。特に双眼鏡を手持ちで振り回しアザラシを発見するというようなアザラシの初期捜査には向きません。馴れた方が三脚を持って初心者の方に大きな海獣の姿を見せてあげる、、、といった用途なら、使い道はあるかもしれません。

 

購入機種の判断を行うポイント

大きさ。簡単にいうと双眼鏡は対物レンズ(目を当てないほうのレンズ)が大きいほど視野が明るくなります。ですが、レンズが大きいほど双眼鏡も大きく なり、場所はとるし重くなるしで、携帯性は悪くなります。野生怪獣を観察する際は、長時間にわたり手に持って覗いたり、あるいは移動で激坂を上ったり、藪に分け入ったり、離島行きフェリーに乗り遅れないように走ったりするわけですから、携帯性というのはかなりのアドバンテージです。これは各個人の体力と好みなので実際に手にとって選んでいただくしかないのですが。

値段。経済力に応じて、双眼鏡に投資できる金額が違うと思います。双眼鏡は基本的に値段と性能が比例する世界です。海に落としそうになったりフェリーの待合室に置き忘れたりという自分の性格と潮風に晒されたり雪をかぶったりというアザラシ観察の過酷な状況を考えると、なかなか高級機に手を出せません。

低~中倍率ズーム式双眼鏡。上で触れた高倍率ズーム式双眼鏡の購入論外として、真っ当なメーカーも8~16倍程度のズーム式双眼鏡を発売しています。これをどう評価するか。管理人は個人的にはおすすめしません。やはりズーム機能の無い同程度の倍率・大きさの双眼鏡に比べれば、視野は狭いし、暗いですし、値段も若干高い。その割りには同倍率のズーム無しの双眼鏡に比べて「よく見える」わけでも無いという印象です。ただし実際に覗いてみて、ズーム無しの双眼鏡と比較し、納得の上で買うならありではないか、とも思います。



管理人おすすめの双眼鏡

長々と書いてきましたが「結局お前のおすすめ双眼鏡は何よ?」と言われるとですね、この項の冒頭にも書いたとおり、一流メーカーのズーム無しの8倍 ~10倍程度の機種であれば、あとは覗いて比較して個人の好み、というのが結論です。双眼鏡を触ったことがない方でも、双眼鏡売り場で実際に手に取り、覗いて店内を見回すだけでも、それぞれのメーカーや機種で色の具合や視野の広さ、明るさなどが違うのがお分かりいただけると思います。で、その中から好みのものを選べば大丈夫です。

なおここで”一流メーカー”というと一般日本人に馴染み深い国内メーカーでは「ニコン」「ペンタックス」「ビクセン」「オリンパス」「フジノン」「キヤノン」あたりですかね。某健康社製の双眼鏡はあまりおすすめしません(ここはメジャーメーカーなのに手持ちできる小型サイズで50倍までズームできるような粗悪双眼鏡を作っているので。値段が安いので釣られる方もいるだろうなぁ。。。)。キヤノンも現在は手ブレ補正搭載の値段の高い双眼鏡しかないので初心者向けではないかも(キヤノン製品は双眼鏡としては性能は良い)。

最初から何万円もするような高価な双眼鏡を購入する必要は全くありません。現に私も2005年くらいから野生のアザラシや鳥を追いかけ始め、初めて双眼鏡を購入しましたが、2010年くらいまで私が使っていた双眼鏡は5000円くらいのもので、今使っているものも10000円程度のものです。

出来ればお店で実際に手にとって、覗き込んで、気に入ったものを買っていただければ最高なのですが、なかなか双眼鏡を並べて比較するのも大変な方もいらっしゃると思いますので、参考まで10000円程度で手に入る私がおすすめの双眼鏡を以下に書いておきます。

PENTAX 双眼鏡 タンクローR
一番最初に紹介するのは、PENTAXが作る入門双眼鏡の定番中の定番の機種のタンクロー。8倍のモデルと10倍のモデルがありますが、おすすめは8倍。倍率が高いほうがなんとなく良いと感じるかもですが、鳥や動物を見るのは8倍くらいがもっとも使いやすいと思います。 私がお金を持っていない大学時代に最初に買った双眼鏡がタンクローシリーズで、随分お世話になりました(現在は発売されていないリンク先の商品の一段階上のモデルでした)。野生アザラシや鳥の観察にはこのタンクローでリサーチし、いるのを確認した後に写真を撮影し、ここのサイトへの掲載していました。その長年の相棒は礼文島の海岸のアザラシ捜索で紛失してしまった苦い記憶があります。今は違う双眼鏡を使っていますが、そんな思い出があるので、今でもタンクローが時々欲しくなります。

amazonでは本機は4000円台の値段で売られていますが、値段に比べてその性能は非常に高い。amazonの双眼鏡カテゴリの人気No,1ですし、口コミの評価の高さからも優秀さが伝わるのではないでしょうか。安心して購入を進められるものです。この双眼鏡は”双眼鏡なんか今後使うかなぁ、、”と思っている人にこそ体験して欲しい物です。鳥やアザラシなどの野生動物を見なくてもコンサート鑑賞や野球、サッカー観戦にも使えますし、これで月や星を見るのも楽しいですよ。一家に一台あっても損では無いと思います。

PENTAX 双眼鏡 タンクローWP
上記タンクローシリーズの完全防水タイプ。1m防水で、丸洗い可能。見え味も文句無いですが、上記タンクローの約2倍の価格。悩ましいですが、防水が必須じゃないなら私は安いタンクローRを買うかな・・・。タンクローRに較べると若干重いし。しかしフィールドの使用に辺り、水に濡れてもいいというのは精神的には非常に具合が良い。ここまで来ると購入される方の意思次第でして、見え方でこちらを購入して後悔するということは無いでしょう。
PENTAX 双眼鏡 PAPILIOII6.5×21
「それじゃ、お前自身はどんな双眼鏡を使っているんだよ」という話ですが、私が現在使っているのはこの双眼鏡です。特に高級な双眼鏡ではなく、入門機クラスのもの。

タンクローと同じPENTAX製のPapilio。入門的な双眼鏡の倍率は一般的には8倍のものが多いですが、本機の倍率はそれより低い6.5倍。視野は明るく、十分見やすいですし、私自身が使っていますので、性能面は実感を持っておすすめできるのですが、タンクローRより若干大きいのと倍率が6.5倍という変わった倍率なのと値段もタンクローRの2倍はするということで、初めて双眼鏡なら、前述のタンクローRのほうをすすめるかな・・・。
ただ実際に使っている身としては、倍率の6.5倍はあまり8倍との差を実感していないですし、6.5倍でアザラシ捜索には十分です。この双眼鏡は、至近距離(50cm!)のものにもピントが合うという面白い特徴を持っています。昆虫や植物といった細かめの生物を観察もなかなか楽しいですし、妻は美術館にこの双眼鏡を持っていって絵の画家の筆のタッチをこの双眼鏡で観察して面白かった、と言っていました。

Nikon 双眼鏡 スポーツスター
非常に小型ながら、視野が広くて明るいのが特徴のニコンが作る双眼鏡。小型で軽いので女性向け。私の妻が使う双眼鏡がこれ。私も借りてみましたが申し分ない性能でよく見えます。ただしタンクローよりは値段が高いのでそこをどう考えるかでしょうか。
私自身は本機のようなシュッとしたフォルムのダハ型より、タンクローRやPapilioのようなのようなずんぐりむっくりしたポロ型の双眼鏡が好きですが、これも好みの問題かな。見え味もペンタックスの方が私は好みですが、ニコン派の人もいるだろうし、製品としてはこちらも素晴らしいものだと思います。
SWAROVSKI 双眼鏡 ELシリーズ 8.5倍
最後はお遊び。双眼鏡の世界はお金を出せば出すほど、性能が比例して、快適さ、視界のきれいさが上がる世界なのですが(たまにそうでも無いやつもありますが)、その最高クラスの物がこれ。しかし私はこんな価格の物を首からぶら下げる勇気は無く、使い倒せる価格帯の入門機のほうが気軽です(^^;

お金持ちの方はこういうのに行ってください。本機種、私は試し覗きしかしたことが無いですが、その試し覗きでも入門機と違うことが分かるくらい性能はずば抜けていました。

↓これが私が使っているPapilio君。新型モデルが出て旧型になりましたが、まだがんばっています。

愛用しているPapilio6.5×21。購入してから4年くらい経ち、だいぶ擦り傷が入って、薄汚れてきており、年季が入ってきました。本体の文字印刷もかすれてきています。使い込んでいる勲章と思うことにしています。

 


海獣捜索の事前情報収集に使うサイト

少し古いサイトも多いのですが、ご参考まで。

=気象情報の検索=

気象庁|電子閲覧室(過去の20km間隔に設置されているアメダスデータと、気象台によって観測されている過去の気象統計データを最高一時間間隔で検索できます。すごい世の中になったも のです。訪問前に気温等を調べておくと便利です。)

気象庁|潮位表 (文字通り潮の干満を調べるサイト。)

Yahoo 天気情報-波予測アニメーション- (波の高さ・向きはどこの天気予報サイトにも出ていますが、ヤフーの天気情報が優秀なところは波の長 期予報をアニメーションにして波の変化を表示して直感的にわかりやすくしているところです。)

Yahoo 天気情報-風予測アニメーション- (上記の風速・風向きバージョン。)

国立天文台>こよみの計算>日の出日の入り (日の出・日没時間を検索できます。市町村レベルでの検索が可能だけどそんなに細かいのはいらないかも(^^;)

JWA-気象協会(気象協会提供の携帯電話対応の天気情報サイト。かなり細かい現在の各地の天気情報(気温・降水量・風向・風速)が一 時間おきに更新(多分アメダスと連動している)され、天気予報(風速・風向・波高情報あり)、さらに各地の日の出・日の入り、潮の干満情報まで無料でカ バーするサイト。モバイル用もあるのでアザラシ生息地の現場付近でも情報が入手できるので重宝するサイトです。

 

=北海道内各地やアクセス道路の状況を画像で見られるサイト=

北海道開発局 道路画像リンク集(北海道各地の国道に仕掛けられ たカメラから現在の道路の画像が見られるページ。道路が凍っているか一目瞭然。トップページのみリンクフリーなので、トップの上記メニュー内から「道路」 →左記メニューから「北海道の道路画像リンク集」へ入ってください。)

北の道ナビ【峠情報】 (北海 道の峠の画像・気温・風向き・路面状態が見られるサイト。厳冬期には重宝します。携帯版あり峠に差し掛かる直前まで情報をチェックできるのでそちらも忘れ ずに。携帯版へは最上部メニューにアクセス方法が書いてあります。北の道ナビトップページでは北海道内 での各市町村間の距離と時間検索もできるので重宝します。)

 

=地図・ルート検索サイト=

地理院地図(日本国政府が整備している地図。二万五千分の一の地図などでは等高線も描かれ岩場に接近するルートなどを検討するのに重宝します。下のGoogleマップでは3次的な地形は掴みにくい・・・)

Google maps (航空写真と連動し現地の岩場の状況なども確認ができる野で重宝します。その他ルート検索が可能で、ご存知ストリートビューで現地の道路状況も結構わかります。あまりに細い道はストリートビューでは写らないけども。)

ルート検索-生活地図サイト  Mapfan web (文字通りルート検索サイト。「札幌駅~抜海港までのルートの検索と距離」といった計算ができます。カーナビみたいなもんかな。)

 

このページのコメント欄は閉じております。