ほ乳類の根っこ・アザラシの子とヒトの子

種の違いはあれ、ほ乳類の根本的な構造を司る遺伝情報は共通であると、その筋の研究者から聞いたことがあります。例えば心臓が”二心房二心室の構造をとる”というのは、ほ乳類に共通した根本的なものでこの部分の構造に関する遺伝情報はヒトもネコもアザラシもあまり変わらずDNAに刻み込まれている、、、、ということです。見た目や行動など違うように見えてもそんなもんなのですね。

両手を顔の前に上げて、足をこすり合わせて背中を丸めて寝ているわが子の姿を眺めていると、10年くらい前(もうそんなに経つのか!)に見たおたる水族館のワモンアザラシの子どもの姿が重なって、心臓の構造とかそんな根源的なところまで掘り下げなくても、出発点である子どもの頃は、人間の子もアザラシの子も中身は似たようなものかもな、、、と思いました。

そんなにたくさんのことはできず、転がってたまに泣いて餌を摂るくらいしかできないのに、微笑みを誘う存在である、というのもアザラシの子もヒトの子も似ています。

子どもの姿を見ていると、そんなに急いで成長しなくていいからね、という気持ちと早く大きくなって話したり散歩したりうまいもんを食べに行ったりしたいという気持ち両方想います。何はともあれ元気に育ってほしいな、と思います。

早いものでもうすぐ産まれて2ヶ月。桜が咲く頃には会いに帰ろうと思います!

生後一ヶ月の子どもの成長

子どもが産まれて約一ヶ月経ちました。出産時に長期休暇を取り、私の両親・妻の両親に孫を披露し、溜まっていた仕事、年度末の会議を中途半端にばたばたとこなしているうちに出産からあっという間に一ヶ月。何だか落ち着かない日々です。

出産時の体重が3210g、身長は50.0cmだったのが、一ヶ月検診で、体重は4195g、身長は54.5cmになったそうです。体重は約1kg増。体重は一月に30%増したことになりますからたいしたモノです。

妻から送られてくる写真もこのとおり。赤みも引いて肌色になり、手も腕もアゴもむちむちしてきました。あっという間に成長するのでしょうね。来週は初節句で約1ヶ月ぶりに我が子に会えます。

ささやかに祝杯

昨日の記事のとおり子供が産まれました。子供と妻はまだ何日か入院予定ですが、今日から私は自宅で寝泊まりです。帰ってくる準備もぼちぼち始めなければなりません。

一昨日の夕方に慌てて産院に駆け込みました。家を飛び出るとき、心は慌てているのですが、一方で”次にここに帰ってくる頃には3人家族になっているのかな・・・”と妙に冷静にぼんやり思っているのを覚えています。家に入ると台所の洗い物などが2日前のままおいてあります。洗い物を眺めていると、わずか2日前なのにずいぶん時間が経ったような遠い過去のように感じます。

 

夕飯はささやかに一人で祝杯。


 →続きを読む

産まれた!

タイトル通り、本日未明に無事に子供が産まれました。子供も妻も健康でほっとしております。

単身赴任先から帰ってきて、タイミングよく出産に立ち会えて、子供を産もうと全力で頑張る妻の姿を見ることが出来て、また子供の産声を聞くことができて本当に良かったです。

正直なところ、出産前の私は、出産立会いには消極的でして、産院までは搬送が心配だから付いていくけど、立ち会うのは大丈夫かなー、、、というくらいでした。出血や産みの苦しみの母親を見て倒れる父親の話などを多く聞きかされていたので。。。

実際に立ち会っての感想は血などのそっち方面の衝撃は思ったほど大したことがなく、でした。立ち会い出産といっても父親自身がいろんなモノを触るわけではないですし、私は単身赴任先の港町で30cmくらいのブリをよく解体しており、そっちのほうで血や臓器にはで馴れていたこともあったかも?そっちのほうがよほど大仕事でした。胎盤の構造などは生物学的にも興味深かったですし。
そして出産の最後には妻と子供を結ぶ臍の緒を切る役目も果たすことができました。臍の緒を切るとき、月並みな言葉ですが、この二人を全力で守っていここうと改めて強く思いました。

しかし、一昨日、出産を促すために根津神社のあたりやパンケーキ目的で銀座をうろうろしていた妻が、その翌夜に出産です。こんなにすんなりと進むとは思っていなかったので私もびっくりです。根津神社の霊験のおかげ?今後もし根津神社が安産の神様と売り出した際には、推薦できます!お礼参りに行かねばです。

子供のほうは産まれたばかりでとても小さく脆く壊れそうですが、指を差し出すとしっかり握り返してきました。

必死に生きているんだなと、何か責任のようなものを感じますし、アザラシや海獣、その他海の生き物に関する英才教育を施そうと思います。私も子供をダシにして、大手を振って、水族館の子供向けイベントに出ようと思います。それもまた楽しみです。

産まれないので、、、

出産予定日を過ぎても我が子が産まれないので、本日も出産を促すために、妻と散歩に出ます。かかりつけの医院からは、出産を促すために身重でも一日3時間くらいの散歩や柔軟体操(?)などを推奨されています。出産間際の妊婦さんがこんなにハードだとは思わなかった。単身赴任先で車生活に慣れ切っている私のほうが先にへばりそう・・・。

本日1月18日の行き先は東京の下町~銀座方面。妻のプランによると谷中や根津神社あたりの下町のお店やオサレカフェを冷やかした後、銀座でパンケーキを食べるそうな。

 

まずは千代田線の千駄木駅へ。歩いて谷中銀座のお惣菜屋さんや今どき和風オサレカフェに寄ったのち、根津方面へ。

今年はまだ初詣をしていないなー、ということで東京大学の裏にある根津神社に寄ることにしました。

重要文化財の本殿・社殿は赤や金で彩色豊かでした。1600年代の建立とのことですが、きれいに保たれているな、と思います。そして戦災で焼失せず残ってくれて本当によかったと思います。

根津神社は安産の専門の神様ではなさそうでしたが、目下の願いである安産もついでに祈願。須佐之男命から菅原道真公まで幅広く祀ってあるそうですから、どなたかに聞いて頂けるかもしれない。


 →続きを読む

産まれ、、、ない

一昨日は子供の出産予定日だったのですが、本日1月17日も産まれる気配はなく、自宅待機をして、昼からは妻と産婦人科行きです。ここ数日の横浜の天気は快晴。我が家からは冬の冴え渡った空の下、真っ白に冠雪した富士山の頭が丹沢の峰々の向こうに見えています。

こんな日に産まれてきたら気持ちいいだろうと思うのですが、我が子は少々のんびり屋のようで。。。
 →続きを読む