2018年夏休み報告・がんばった書斎DIY改造

前回のエントリでは夏休み前のウハウハ気分を伝えました。そして、そのエントリーから一週間が経過し、残念ながら2018年の夏休みは終わってしまいました。

過ぎ去った休みを嘆いても仕方ありません。先回のエントリに書いた夏休みの計画の結果報告をしたいと思います。

 

①書斎DIY改造系
・机上のPCディスプレイ背面と側面に有孔ボード取り付ける。
→これは実行して思ったより上手くいった&面白くて夢中になりました。このサイトでも人気があるリノベーション×書斎×DIY系の記事として、より詳細に取り上げたいなと思います。


↑がんばった書斎の有孔ボードの取りつけ。

・机下にOA機器たちの配線を取り回すためのメッシュワイヤー棚を設置。
→これもやりました。配線は前より良くなった!が、普段見えないところの作業だからあまり燃えなかった。まぁ適当にやった、、前よりは良くなったね、という感じです。

 

②行政手続き系
・狩猟免許の住所変更
・29年度の納税額・確定申告の修正
・(行政の仕事ではないですが)預金通帳の住所変更
→淡々と夏休みの初日の午前に片付けました、ハイ。

 

③買い物系
・一眼レフカメラからwifiでデータを飛ばせるようにする(Canonのwifiアダプターにするかwifi内蔵型SDにするかはまだ悩んでいますが)
・Bluetoothのイカすワイヤレスイヤホン。(機種は未定)
→結局どちらも買っていない。書斎のDIY改造やそれに関連するこまごました物品調達が楽しすぎて&時間をとられて家電屋に行きませんでした。まぁこの手の商品は通販で買えますし、夏休みにやる必然性は乏しいですよね。あとイヤホンは冷静に考えたらワイヤレスにする必要性も乏しいなぁと思い返したこともあり。
・娘にアウトドアメーカーの速乾性の服。大きくなるから比較的安価なモンベルとかがいいかな?
→これは買いました。モンベルのこれです。娘は胸の帽子を被っている熊を見て反応していました。でもまだ袖を通していないぞ。

④図書館で本を借りる
・センス・オブ・ワンダー(レイチェル・カーソン)。昔読んだ本ですが、人の親になった今、読んだ時に改めて何を思うのかなと。
・写真撮影の技術的な本を何冊か。目星は付けています。
・濱田庄司氏の作など民芸系の本を何冊か。
・久しぶりに海音寺潮五郎氏の「天と地と」を読んでみようかな。
・北杜夫氏の長編「楡家の人びと」も再読したいところです。
→横浜市と川崎市の図書館の利用カードも入手し、駆けずりまわって借りてきました。この2市は図書館の相互利用協定を結んでおり、両市民は両市の図書館の本を借りられるのです!人口372万の横浜市と人口147万の川崎市、計500万人超の自治体の図書館が使えると思うと贅沢な気分になります。

しかし書斎改造関係の作業が忙しすぎて、休み中にゆっくり本を読む時間はとれずです。。。夏休み後の仕事が再開して鬱気分の通勤電車の中の供として少しずつ読んでいます。夏休みが終わっても夏休みの残り香で充実した時間を楽しめるようで悪くない。

⑤その他のやりたいこと
・自転車の修理(2006年ー2011年頃に乗っていたDAHON Boardwalk D7が故障したまま7年くらい眠っているのでこれを復活させたい。)
→実施せず。関東(だけではなく全国的にですが)の今年の夏は猛暑。自転車を直したところで今乗るか??秋になったら直すでよくね??という素朴な想いと、やはり書斎DIY改造に時間がとられて自転車を直すどころではなかったのです。
・小粋なそば屋で、平日の昼間から酒を飲む。大人っぽい。
→確かに昼間はそば屋でそばを食べました。しかしホームセンターへ書斎DIY改造材料の買出しに車で出たりしていたので昼間酒の野望は果たせず。まぁまだ機会はあるでしょう。焦ることはない。

 

夏休み期間は17時くらいになったら全ての作業を切り上げます。家の中を少し整理して、だらだら歩いて娘がいる保育園へ。娘を回収して、食料を買出し&少し散歩をして家に戻って夕飯を食べさせ風呂に入れて寝かしつける生活です。休みの初日の迎えに行ったときは、いつもは母ちゃんが迎えに来てくれるのに変わりに保育園に現れた父ちゃんを見るなり泣き出し、保育園の外に待機させておいたベビーカーに乗せるまで泣いていた娘も、2日目には教室を出るまでには泣き止み、3日目は泣かずに父ちゃんと帰られるくらいまで成長していました。しかし、これ以降、母ちゃんへの甘えがひどくなったような気もして入る今日この頃です。

遠くには行かない夏休みでしたが、私の書斎も快適になり、娘ともゆっくりした時間を過ごせ、派手なことをしなかったので現実に戻るギャップも少ないという存外悪くない2018年の夏休みでした。

コメント