有孔ボードを書斎に組み込んでいく!~1.5畳団地書斎DIY改造計画③

書斎のDIY改造計画の続きです。先回のエントリーでは材料と道具をホームセンターで購入する話でした。早速家に戻って工事に取り掛かります。

有孔ボードなどのDIY材料&道具を買出しにホームセンターへ~1.5畳団地書斎DIY改造計画②
先回のエントリーでは書斎の不満点を紹介した上で、有孔ボードを活用し壁面収納力を向上させて不満解消していく書斎改造計画をたてました。今回はこの計画を煮詰めて行こうと思います。 書斎DIY改造計画 具体的には書斎の机上部分の側面(下の写真のザックが吊られている面とその反対側)と正面(PCモニターの裏面)の壁に有孔ボードを張り巡らし、壁の収納力を飛躍向...

取り付け前の有孔ボード加工

まずは購入してきた有孔ボードの裏面にフックなどを引っ掛けるスペースを確保するために少し壁から浮かした空間を確保する必要があります。

このために枠を隅っこの四辺に作っていきます。きっちりぴっちりとした枠を作る必要もないだろうということで、購入してきた細長いアカマツ材(10mm×15mm×1985mm)をノコギリで適当な長さに切って木工用ボンドで貼り付けます。

↓こんな具合に。

ちなみにこの作業をしたのは2018年の8月上旬。記録的な猛暑&団地暮らしなのであまり屋外に作業スペースもない&娘も妻もいない平日の夏休みということで、↑の写真の通りエアコンを効かせた屋内でDIY作業です。木屑が舞うのでそれなりに掃除に気を使いましたが、快適!

リビングの和室で有孔ボードの裏に枠材のカラマツ材を貼り付け、その後ダイニングの床に有孔ボードを静置してボンドを乾かすという流れで作業です。

畳と古建具に囲まれた和室(居間):我が家の団地リノベーション3
我が家のリノベーションシリーズも今回からは個々の部屋を紹介しようかなと。まずは居間から。(全体の間取りは以前のエントリーを参照ください)以前も書きましたが、居間には畳を入れたいですし、それも最近流行の正方形の畳や縁無しの畳が夫婦二人と好みではなかったことから、昔ながらの縁があるタイプの畳を入れることで夫婦間で一致していました。検索サイトで「和室 リノベーショ...
食堂・台所の紹介とシステムキッチン"グラッド45":我が家の団地リノベーション4
団地の一室を購入し、リノベーションをした我が家の紹介、先回の居間に続いては、ダイニングとキッチンでございます。(全体間取りはこちらを参照ください) 居間に引き続き、キッチンも妻がイラストを描きました。 改めてイラストを見ると結構具体的に描き込まれており、水栓やコンロなどはカタログ等である程度目途をつけていた段階で描いたと思われます。 これが...

 

有孔ボードを書斎に取り付ける作業へ

作業後2時間くらいでボンドもほぼ乾いたので、裏に枠がついた有孔ボードを書斎に運び込み、壁への設置作業へ。

壁と有孔ボードの接着は頑丈に設置するなら釘やネジが良いと思うのですが、私はそれほど重い物を下げるつもりもないですし、自宅とはいえ、壁に穴を開けるのも気が引けたので、原状回復が容易なように、有孔ボードの枠固定に用いた木工用ボンドを塗り、壁と固定することに。


↑今回の書斎改造DIYで大活躍の木工用ボンド(速乾タイプ)様。

 

この有孔ボードを書斎の壁に張る時が一番緊張します。

ちゃんとサイズが正しいか、ちゃんと綺麗にはまり込むかな、とか思いながらどきどきです。

結果は、、、以下の写真のとおり。


細かく見れば粗もあるのですが、素人工事にしてはサイズはぴったりと言って良いかなと。ホッとします。

有孔ボードの設置の次は、いよいよ有孔ボードを活用した壁面収納作りにとりかかります。センスはともかく使い勝手良く仕上げられるかな、、、という不安に満ち満ちていますがやらねばなりません!

コメント