(改造後)使い勝手が劇的に向上した1.5畳の団地書斎!

4エントリーに渡り、私の1.5畳書斎をDIYによる改造の過程を紹介してきました。今回はいよいよひとまずの完成形をお披露目です。ここにたどり着くまで長かった。

書斎の改造の目的・ポイントをおさらいです。

  1. 机上にパソコン関係の機器やカメラなどの機材やケーブル、文房具、工具が散乱し目も当てられない状態を解消する。

  2. 手を伸ばしたら必要なものをワンアクションで取り出すことができ、しまうこともできるようにしたい。
  3. 私にとって最も使い勝手が良いようにカスタマイズした書斎を自分の手で作る(←もっとも重要なこだわりポイント)

これらを解決するために有孔ボードを壁面に設置し、オサレで使い勝手の良い壁面収納を設置しようと思い立って、3日間の夏休みで突貫工事をしたのです。DIYに勤しむ夫に対し、妻からは「せっせと巣作りをするハムスターみたい」という励ましとも嘲笑ともわからぬような言葉を掛けられながらの作業となりました。


私の小さな書斎には障子戸を開けて中に入ります。扉を開けて広がっているのが下に掲載しているDIY工事完了後の書斎です。

机上の風景

改造後の机上の様子を椅子の後ろから撮影。

新たに設置した有孔ボードを活用してパソコン用のスピーカー、時計、文房具、カメラ、充電器、ケーブルなどはすべて壁面へ。パソコンのキーボードとマウス、PC画面左手のデスクライト以外、机上に常時置いておくような物は無くなり、広いデスクスペースになりました。快適です(^^)

ちなみに3年位前の書斎と比較したbeforeとafterを載せておきます。

壁面有孔ボードに乗っかっているモノたちはすべて自家生産した木ダボで固定しています。物品の収納は使い勝手が良くなるように一工夫しているので、改めてその辺の細部は紹介したいな思います。

書斎の入り口からの風景


一番最初に掲載した書斎の引き戸入り口の辺りから撮影した写真。机の天板~机上を中心に撮りました。私の書斎は1.5畳~2畳ほど(正確には縦150cm×横180cm=2.7平方mで京間では1.5畳、団地間では1.88畳に相当するようです。)です。

見てのとおり好きな本やカメラ用品、山用品、海用品、その他文房具やPC物品までたくさん詰め込まれた部屋なのですが、これらは書棚と有孔ボードを活用した壁際にモノを吊るす収納のおかげで、圧迫感や狭小感はありません。むしろこのくらいの閉じこもり感のある位の広さが私は作業に集中できます。男性の皆さんには小さい空間に引きこもる楽しさ、小さい頃の秘密基地のような楽しさの感覚は共感いただけるかと(^^)

DIY改造工事前後の比較画像は下の写真の通り。(ちょっと画角は違うけど。。。)

壁面の有孔ボードは自分がよく使う道具の置き場にしてあります。インテリア小物的なやつは有孔ボードには置いてありません。が、気に入った写真はPCのモニター上に渡してある2本の突っ張り棒にクリップ付きフックで吊るして飾っています。

書斎の椅子

私が大好きな「腰にやさしい椅子」を入れて撮影。

椅子の肘置きの高さと机の天板の高さが絶妙だと自画自賛。

こちらの画角でも比較画像を用意しました。左が2015年7月。右が2018年8月。

少し本が増えています。椅子の木部の色や床材・天板の色なども少し濃くなったかな?入居して3年くらいですが床や机の木材の色の深みが増していると改めて思いました。

木材の色の変化といえばこんな写真もあります。

これは今回のDIYに際してPCのモニターアームを外した時に撮った写真。支えの金具があったところがくっきりと新材のままの色でした。時間の経過を感じます。

PCの両脇スペースはよく使う道具たちの吊るす収納スペースに

PCモニターの両脇壁面はぐるりと有孔ボードを張り、道具たちのスペースに

カメラの周辺機器、スマホの充電器、時計や大工道具まで、有孔ボードで吊っています。各道具たちの配置は、よく使うものは私が座ったときに手を伸ばして届くように。

最後に

DIYで有孔ボードを設置した後の書斎は使い勝手が良くなりましたし、何より自分で手を入れたので愛着も増しました。有孔ボードの吊るす収納はご覧のとおり、木ダボをずらすだけで物をぶら下げる位置を変えられて、自由自在。自分がモノを使いやすいようにカスタマイズできるので、設置して本当によかったなと思います。有孔ボードを設置するDIYの工程の様子は以下にあります。

書斎の使い勝手を改善したい。有孔ボードで壁面収納を設置する妄想~1.5畳団地書斎DIY改造計画①
私の根城は2畳に満たない1.5畳の書斎。このサイトの更新作業もこの小さな書斎から行っています。この書斎は団地を購入してリノベーションしたときに造りまして、書斎の紹介コーナーはこのサイトでも結構な人気ページで、そういえば小さな記事で男雑誌に載ったこともありました。 入居後の書斎に不満点を持つようになった… 書斎紹介ページをご覧くださる方が多いのはあ...
有孔ボードなどのDIY材料&道具を買出しにホームセンターへ~1.5畳団地書斎DIY改造計画②
先回のエントリーでは書斎の不満点を紹介した上で、有孔ボードを活用し壁面収納力を向上させて不満解消していく書斎改造計画をたてました。今回はこの計画を煮詰めて行こうと思います。 書斎DIY改造計画 具体的には書斎の机上部分の側面(下の写真のザックが吊られている面とその反対側)と正面(PCモニターの裏面)の壁に有孔ボードを張り巡らし、壁の収納力を飛躍向...
有孔ボードを書斎に組み込んでいく!~1.5畳団地書斎DIY改造計画③
書斎のDIY改造計画の続きです。先回のエントリーでは材料と道具をホームセンターで購入する話でした。早速家に戻って工事に取り掛かります。 取り付け前の有孔ボード加工 まずは購入してきた有孔ボードの裏面にフックなどを引っ掛けるスペースを確保するために少し壁から浮かした空間を確保する必要があります。 このために枠を隅っこの四辺に作っていきます。き...
有孔ボードの壁面収納用に木ダボを自家大量生産する~1.5畳団地書斎DIY改造計画④
先回のエントリーでは1.5畳書斎のDIY改造計画で、有孔ボードを書斎に設置するところまでやってきました。一連のDIY改造も徐々に形になってきました! さて、今回は設置した有孔ボードを活用した壁面収納に必要なフックや棚について調達を進めていきたいと思います。(フックの類は結果として私の書斎には使用しなかったのですが、、、) 有孔ボードに金属フッ...

小さな書斎ですが、小さい空間なりに使い勝手が良くなるよう私なりに一工夫しているので、次回からはその辺の細部を紹介できればなぁと思います。

コメント