雑記帳~団地の日常から~

アザラシのためのデジカメ

一回デジカメ欲しいと思ってしまうとずーーっと同じことを思いつづけてしまいます。しかもアザラシを写すためのデジカメとくればもーたまりません。先回は具体的にどんなデジカメを狙うかを書きましたが実際にはマニュアルでいろんな設定ができて、高倍率のズーム機能がついていて単三電池で稼動できるもの、という条件を示しました。ここまで条件をだしてあとは、おなじみの価格.com...
雑記帳~団地の日常から~

デジカメ買い増し計画2

とりあえず無難に撮影できる入門機は持っていますが、今度は写真を撮っていて楽しいカメラがいいなぁ、そしてアザラシを素敵に撮影できるカメラがいいなぁ、といった基準で現在カメラを選んでいます。画素は最近のデジカメは普及機でも300~400万画素はありますから、ほとんど紙に印刷をしない私にはどれも十分過ぎます。 まず写真を撮っていて楽しいという意味ですが、今までのD...
雑記帳~団地の日常から~

デジカメ買い増し計画1

最近デジカメを買い換えようかなと企んでいます。といっても以前のデジカメが壊れたわけではないので買い替えというよりは買い増しですね。 ずーっと使っていたデジカメは2001年のはじめころの初阿寒旅行へ行く前に買ったものでした。当時某マリモサイトはできたばかりの極小サイトで、写真を載せようにも写真は無く、そして管理人には絵心も無いので絵も無く、非常に殺風景なテキス...
雑記帳~団地の日常から~

阿寒湖でマリモの復元事業

私の管理しているサイトでも紹介したのですが環境省がマリモの復元事業を阿寒湖で行うようです。(読売新聞) マリモの復元といっても、もちろん、ぼーんと丸いマリモを作ることができるわけないので、阿寒湖内のマリモ生息地の環境をマリモに適するようにして結果としてマリモの数量を回復するという事業だと思います。 でもね、マリモの生息地の復元と言っても現在の阿寒湖のマリモ生...
そのほかアザラシ関連の話

アザラシの赤ちゃんが元気に

明日の一月十七日、登別で保護されたゴマフアザラシの赤ちゃんが海に帰るそうです。 休日なら登別まで見に行くのですが残念です。 このゴマフアザラシの赤ちゃんは去年の五月に保護されたのですが、当時は自力でエサを食べる元気も無く強制的に飲み込ませるくらいにまで衰弱していたそうです。今ではすっかり元気になりプールで泳ぎまわるくらいまで回復したようです。 ゴマフアザラシ...
そのほかアザラシ関連の話

海驢と海豹と膃肭臍って?

今回のタイトルは読めますか?特に一番右のやつは難しいですね。 こいつは「アシカとアザラシとオットセイ」と読みます。やっと海獣どもの話題です。うれしいな(笑) 私はアザラシ好きなのでブログにもとっかり(アイヌ語でアザラシ)の名を関したほどなのですが、一般にこのタイトルにあるような海獣どもの認識は微妙なところです。 たいていの人はこいつらに対して水族館でショーに...