我が家の椅子、勢ぞろい~団地暮らしの椅子探し7~

さて6回に渡ってお送りししてきた新居の椅子選びシリーズ。今回で最終回です。

購入した椅子を並べてみました。ダイニング用宮崎椅子製作所のDC09(↓左)で、書斎用飛騨産業の腰にやさしい椅子(↓右)

IMG_3149
こうやって並べて見ると随分見た目の違う椅子だな、と思います。DC09は生き物のような独創的なフォルム。腰にやさしい椅子はあまり飾りっ気の無いいかにもな”椅子”という見た目。ダイニングにいるDC09は存在感は抜群ですし、書斎の腰にやさしい椅子は安定感・信頼感あります。

たまに気分転換でDC09を書斎で、腰にやさしい椅子をダイニングで使ってみるのも楽しいです。

これから何十年と座って、家にいるて寛いだり、何かの作業をしたりすつ時間の大半はこの二つの椅子の上で過ごすわけですから、気持ちよく暮らすには気に入った椅子を揃えるのい買い物だったのではないかな、と思います。大事に座りたいと思います。

、、、と、ここで終われば良いのですが、少しおまけ。

椅子探しシリーズの最初

新居で最低限必要な椅子はダイニングの私と妻用の椅子を一脚ずつと私のワークスペースに一脚の計三脚。

と書いております。ここまで紹介したのは私のダイニングと書斎用の計二脚。そうです、我が家には妻が買った椅子がもう一脚いるのです。

残りの一脚、妻が自分用に買ったイスはこちらの一番左のやつ↓

IMG_3160
鉄でフレームが作られ、座面から背面は一枚の皮で作られています。これもなかなか強い個性を持っている椅子です。カッコいい椅子と思う一方で、やはり妻と私でお互いが納得する揃いの椅子を買うのは無理だったんじゃないかなーと思います(^^;

IMG_1054
この椅子、我が家に来る前に私も見た覚えがあり、試座したことがある椅子なのです。この椅子の原点を見たのは昨年4月の益子に行ったとき。この椅子は益子参考館の石造りの展示室(←エントリーの二枚目の写真の右の方の展示室)にその原型が展示されていたのです。原型というのは益子参考館を作った濱田庄司さんがメキシコから持って帰ってこられた鉄と革の椅子。私も参考館で面白い品だな、、、と思ってよく記憶に残っているのですが、当時の写真を見てもデータは無い。なぜ参考館の椅子の写真を撮ってこなかったのか。。。(今度行ったら撮ってきます。)
そして参考館を出た後、近くのstarnetさんに寄ったときに、この浜田さんが持ち帰られた椅子をオリジナルにして、日本で再現した鉄と革の椅子があって私も座った覚えがあります。妻はそのstarnetさんの椅子を購入したようです。

この椅子の座り心地は革がぴったりと体について支えてくれます。これも人を選ぶ椅子で、無駄に体がでかい私には座面が狭すぎて尻が痛くなってくるのと、体の重みでフレームと革を繋いでいる部分が千切れたり伸びたりしないかと、座っているうちに心配になってきてリラックスできないので、ちょっと苦手です。体が小さい女性にはとても良いかもしれません。

IMG_1039
夜の鉄と革の椅子の表情。何か腹黒な表情をしています。使用者の影響か!?(^^;

しかし、鉄と革の椅子とDC09と腰にやさしい椅子が同時にいる空間は日本でも我が家だけだろうな、、、と思うと楽しくなってきます。日本で唯一というのは気分が良い。

我が家のダイニングテーブルにはあと2脚の椅子を置くスペースがあります。ここには私と妻で一脚ずつ椅子を選ぶ予定です。ここにどのような椅子を置くか、楽しみながら長く悩みたいと思います。

団地生活・ンテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよ、役に立ったよ”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_danchi_interior