パラオ最後の夜・さよならパラオ、ただいま日本~パラオ旅行記16・フィナーレ!~

クラゲの湖パラダイスコーナーの海から戻ったあとは、パラオの最後の夜。街へ繰り出します。お土産やらなにやら買いに行こうと思いますが、やはりこういうのは女性である妻のほうが力が入っている。私はお土産やさんより普通のスーパーマーケットの品のほうが気になるのですが、、、。

パラオのスーパーマーケットには日本食が溢れていました。例えばおやつコーナーの風景。
20151212181620IMG_0087_G12
これ、日本のスーパーマーケットの写真といわれても違和感無いです。値段表記をよく見ると米ドルとセントだけど。もちろんアメリカ系のお菓子もたくさん売られていましたが。

ラーメン売り場もこのとおり。
20151212180906IMG_0080_G12
ほぼ日本と同じ商品。一部”ICHIBAN”と書いてある商品がありましたが、作っているのは”サッポロ一番”のサンヨー食品

20151212181128IMG_0084_G12
ごま油。でかいボトル。”kyoto”とか”日本麻油”とか書いてありますが中華系のもの。

スーパーマーケットを見物して、パラオ土産を購入した後はパラオ最後の夕飯です。今日の夕飯は軽めにして妻の下調べにより野球場そばのハンバーガーショップに行くことに。

夜は地元で評判といわれているBem Ermii Burgers & Ftiesというハンバーガースタンドを訪ねます。

半分屋外のようなお店でハンバーガーを作っていました。お店でハンバーグを焼いたりポテトを揚げたりしているのでとっても暑そうですが、ニコニコした良い雰囲気のお兄さんがハンバーガーを作っていました。
20151212194306IMG_0097_G12

このハンバーガー屋さんは朝に戦車を見に来たアサヒフィールド脇にあります。
20151212191218IMG_0094_G12

出来立てハンバーガー!
20151212193502IMG_0635_S90
ずっしりどっしりしているハンバーガーでした。コレは良い!地元っぽい方々も次々と買いに来ていました。

ちょうどアサヒフィールドでは野球のナイトゲームをやっていました。見物にお金を取るようでもないので、パラオっ子に混じってベンチに腰をおろし、野球を見ながらハンバーガーにかぶりつきます。
20151212191236IMG_0095_G12やっていた試合は両チームの胸の表記を見ると”パラオ”VS”韓国”。さすがにナショナルチームではないと思いますが、、、。スコアボードが無いので点数もよく分からない。
ちなみに↑のライト方向に青い建物が写っていますが、この裏に朝見た戦車がいます。

夜でも気温も湿度も高いパラオの熱帯夜の中ハンバーガーを食べてぼんやり野球を見ていると、なんとなく旅の終わりを実感します。

 

ホテルに戻って荷造りして、仮眠して深夜2時起床。朦朧としてホテルをチェックアウト。朝5時にパラオを発つ飛行機で帰るのです。

空港の税関では、、、
20151213031000IMG_0124_G12
緑の税(環境税)を30ドル、出国税を20ドル支払います。なかなかの出費ですが、日本も環境税を5ドルくらい取ってもいいような気がします。旅行者とはいえ日本のインフラを使うわけですし。

朝5時くらいでは12月のパラオもまだまだ夜の気配。空港にはパラオ・パシフィック・エアウェイの飛行機がいました。私が乗るのはデルタ航空ですが、パラオの飛行機会社というの珍しい。
20151213044956IMG_0127_G12

真っ暗闇の中パラオを飛び立ち、特に何をやるでもなくダイビングログの整理をして、転寝していること約4時間半、成田空港に戻ってきました。

20151213100658IMG_0129_G12
雨が降る12月の成田はやっぱり寒いです。わずか4時間ちょいで気温30度の世界から10度の世界に戻ってきました。

今日は家まで車で帰ります。若干眠気を感じつつも車に満ちた東関東道~首都高の東京の見慣れたごみごみした街並みを見ると、パラオののんびりした街に半日前までいたのが夢のような心地のまま、我が団地に戻って参りました。

 

さて、これでパラオ旅行の記録も終わりです。そして10月の半ばからトルコ八重山ウルグアイスイスパラオと4ヶ月に渡り続いてきた旅暮らしも一段落。長かったです。この雑記録では10月頃には我が家や団地や日々の暮らしのことを書いていたのにそれを放って旅暮らしに出て島しましたが、久しぶりに地に足の着いた団地暮らしのことでも書き散らかそうかなと思います。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>