マレーシア・ペトロナスツインタワーの日韓の建築会社の違いでテナント入居状況が異なる噂が真実なのか見に行く

先月のマレーシア行きの時の話。マレーシアの首都クアラルンプールにマレーシアの経済成長の象徴といえるペトロナスツインタワーという超高層建築があります。クアラルンプールの紹介には必ず掲載されている建築物で、これです↓

DSC_0015
wikipediaによると、

”20世紀の超高層ビルとしては最も高い高さ452mの88階建て、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築された。この塔はイスラム様式であり、マレーシアのモスクに似せて作られており特徴的な尖塔を持つ。建設当時は(中略)、超高層ビルとして世界一を誇っていたが、2003年10月17日に中華民国(台湾)の台北101に世界一の座を譲り渡した。ただし、二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さを誇っている。”とあります。そして”日本のハザマがタワー1を、韓国のサムスン物産建設部門がタワー2を、それぞれ建設した。”

とあります。この2つのタワーが異なる会社が建てたという違いが興味深い噂を振りまいています。簡単にいうとペトロナスツインタワー 手抜きとかで検索すると出てくると思います。)韓国側が建築したタワーが傾いており、入居者が入らずで、夜になると日本が建設したタワーは明るく、韓国側のタワーは暗い、、、というもの。近年の日韓関係の難しさも相まって実しやかにインターネット上では語られています。この噂を知ったときから、”クアラルンプールに行ったら是非自分の目ん玉で見て比べてこよう”と思っていたのですが、今回、念願叶ってクアラルンプールに行けたので実際に見くらべてきました。

実際の夜のタワーの様子を紹介する前にペトロナスツインタワーの位置関係を紹介しておきます。Googleマップで現地を表示するとこんな具合↓

ちょっと分かりにくいので以下の地図で解説すると、、、

petro
①が日本のハザマ建設が建てたタワー1、②が韓国の現代建設が建てたタワー2。このサイトでは正面玄関がある北側を”表・正面”として扱い、 池のある公園側を”裏”として扱います。ペトロナスツインタワーは表からみても裏から見ても美しく、表・裏のデザインがとても似ています、このデザインの対象性が”例の噂”の検証には曲者になります。つまり、正面から見れば向かって右側が日本の建設したタワーになりますが、裏側から見れば日本のタワーは左側になります。ネットに出回っているタワーの写真もそこに留意しないといけません。実際のタワーはよく見ると表・裏でデザインが微妙に違っており簡単に見分けられますのでその辺も少し解説しながらと思います。

さて、いよいよやってきました夜のペトロナスツインタワー。2016年2月の日曜の夜21時頃です。

DSC_0182

こちらは正面側から撮影した写真。左がタワー2の韓国側。右側がタワー1で日本側。タワー全体がライトアップというかタワー自身が発光していますが、色濃い光が 明かりが電灯の点いている窓でしょう。若干右側(日本側)が明かりが多いかなぁ、、、という気がしますが、そこまでの差ではないような。

DSC_0191

こちらは裏側の写真。左の写真とひっくり返って、左側が日本建設のタワー1、右側が韓国側のタワー2。こちらは両方ともほぼ明かりが消えていますが、韓国側に数個の明かりがついているか?

正直な所、明るさの差はよく分かりません。少なくともどちらかが一方的に明るいということはないような。。。なお表側と裏側のデザインの見分け方ですが、表側には下層階から途中階まで半球状のフロアの出っ張りが前方に突き出ておりましてこれの有無で表側・裏側が見分けられます。

しかし、↑を見に行った日は日曜日。ツインタワーの高層階の大半はオフィスと思われるので、やはり平日での比較も必要であろう、ということで翌月曜日も見てきました。時刻は作日と同じ21時~22時頃。

DSC_0227

月曜夜の正面側から見たタワー。左が韓国、右が日本の会社が建築。下層階は日本のほうが明るいけど、中層階はそれほど差が無いかな?

DSC_0239

裏側からみた風景。左側が日本。右側が韓国。これもほぼ差が無いか。なお、真ん中下から上がっている白い線は裏手にある公園の噴水です。

正直なところ、この辺でタワー1とタワー2でそれほど明るさに差が無い気がしてきます。実際にタワー周辺を歩いたり内部の様子を見たりしてもタワー1とタワー2の扱いに差があるように見えないですもん。。。しかしある程度サンプルを集めないと統計学上は問題がありそうなので、翌火曜日も行ってきました。

DSC_0268

正面側から。左が韓国、右が日本。右側が若干明かりの数が多いですね。

DSC_0263

裏側から。左が日本、右が韓国。あまり差はないですが低層~中層階では韓国側(右)が若干明るいか。

もう日課になりつつあるので、水曜の夜も見に行ってきました。

正面側。油断したらぶれた写真になってしまいました。左が韓国、右が日本。ライトがついている位置がほぼ昨日の夜と変わらないような。。。まぁ忙しい会社は毎日忙しくて夜まで電気がついているでしょうし、暇な会社や空いている階は毎日暗いままだと思われますし。

裏側。左が日本、右が韓国。こちら側は韓国側(右)の方が明かりがたくさん点いていました。この日は表側は日本側が明るいのに、裏側は韓国側が明るい結果。表側は昨日とほぼ変わらない位置が点灯していたのに裏側は明かりの位置が昨日と結構異なっているのはなぜでしょうか。

そして木曜の夜。

左が韓国、右が日本。ライトがついている位置はやはり昨晩ほぼ変わらないような。。。日本側が多いか。

裏側。左が日本、右が韓国。昨夜と同じく裏側は韓国側の方が明かりがたくさん点いていました。

そして金曜の夜。この日はちょっと遅くなって23時頃の様子です。

表側。左が韓国、右が日本。ライトがついている位置はやはり毎晩ほぼ変わらず右側が賑やか。

裏側、左が日本、右が韓国。今夜はほぼ互角か。金曜で昨日より遅目の時間だったからかも?

こんな具合でした。少なくとも完成から20年ほどたった2016年現在、タワーの夜の明かりがついている窓の数にそれほど顕著な差は無いような。。。

そしてもう一つ韓国側のタワーは閑古鳥で日本側タワーが盛況とされる根拠に使われるのが、テナントの入居状況を記した看板。日本側はたくさんお企業名があるのに韓国側は企業名が少ない、、、というものです。やはりこれも自分の目ん玉で見てこなくてはと思いまして、写真に収めてきました。 まずは日本側のタワー1の入居テナントの看板。

 DSC_0247
三枚の看板に列挙。
 DSC_0252
一番左の板。上部にはタワーを建設した「PETRONAS」を関した企業が多い。

続いて韓国側のタワー2のテナントの入居状況。


パッと見、確かにタワー1に比べると少ない。。。

入居者数の看板から入居テナント数を単純に見ると、日本側の圧勝。これは噂通りでした。

ただ日本側のタワー1はタワーを作ったペトロナス系列と思われるペトロナス~という会社がやたら多く列挙されているのと、フロア番号まで書かれていないということが気になりますし、韓国側のタワー2にしてもこの看板にあるテナントしか入居していないないとすると、韓国側のタワー2は88階建てのうち半分以上が入居していないことになります。
夜の明かりからはタワー1と2で明かりの数にそれほどの差があるように思えなかったので、もしかしたら看板に掲載されていないテナントもあるのかな、、と思ってしまいました。このタワーはクアラルンプールの象徴でもあるし、空き室・空き階があるなら賃料を下げても埋めるような気もしますし、実際立地も良いのですぐ埋まるような気もします。 実テナントの入居数は実際に両タワーの中を登って様子を見るのが確実だと思うのですが、展望階以外のオフィス部分は厳重に警備されており、用もない外国人が立ち入ることはできなさそうだったので調査はここまでです。

まとめると、 ペトロナスツインタワーの夜の明かりは日本の会社が建築したタワー1側と韓国の会社が建築したタワー2で、顕著な差はなかった。 入居テナントを掲示している看板は日本側のタワーのほうは入居テナントは多く記載されてあり、韓国側のタワーの入居テナントは記載は少ないのは事実。しかし実際に入居テナントの数と看板が一致しているのかは疑問が残る。 といったところでしょうか。

テナント数や日韓の違いはともかく、タワー裏側の公園には熱帯っぽい植物や鳥が暮らしており、日が落ちた夜にはライトアップされたタワーの麓でマレーシアっ子が池の畔に座って夕涼みをしており、そんな彼らに混ざってみるのも異国情緒があり良いものでした。タワーも美しいですし、クアラルンプールに言ったら一見の価値ありだと思います。

旅日記ブログランキングに参加しております。参考になった・面白かった内容がありましたら、
↓をクリックいただけると幸いですm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ