【単身赴任生活】テーブルではない我が家のダイニングテーブル!

ものを増やしたくない単身赴任生活、キッチンの様子を紹介してきましたが、ご飯を食べるダイニングテーブルも新たに物を購入せず、、、です。単身赴任が終わって家に戻るとき、妻のお眼鏡にかなわない家具や雑貨は我が家の玄関をくぐることが出来ないと思うと、家にある家具と同じ機能を持つものを買うのがあほらしくなります。

話を戻してダイニングテーブル。

我が家のダイニングテーブルはこれ。

img_0793
、、、、テーブルではないですが、テーブルの役割を与えているのでテーブルなのです。

オナゴを連れ込もうと頑張る男はともかく、そんな必要の無い既婚クソ野郎の単身赴任生活にオサレさは必要なく、これで十分。

こいつ、本来は何者かと申しますと、
img_0796
無印良品製の頑丈収納ボックス(2600円)なのです。無印良品製品はあまり好きではないのですが、この商品はよくできていると思います。耐荷重100kgと書いてあるとおり、とても頑丈。我が家では踏み台も兼ねていますし、ラベルの説明にもあるとおり簡易的なベンチにもなります。

もともとは収納ボックスですから、当然収納ボックスとしても使用しています。
何を入れているかというと、、、
img_0799
私と妻の大人2名分の海遊び道具(スノーケル、フィン、マスク、ウェットスーツ、ラッシュガード、タオル等々)が楽に収納できます。海に行くときは、このダイニングテーブル(収納BOX)ごと車に積み込みます。クローズなBOXなので、海で使用した道具を放り込んで車に積んでも海水が漏れてこないし、重宝します。
海に行ってそのまま砂浜に置いておけるし説明書きに書いてあるとおり簡易的な椅子としても使えるし、多機能です。まぁそんな使い方をしているせいで二枚上の写真のとおり説明書きのラベルはしわしわになってしまいました。

専用のダイニングテーブルはおっさん単身赴任独り暮らしに必要性を感じていません。ソファの上からテーブルに足を投げ出して、キンキンに冷やした瓶ビールをラッパ飲みしながら映画とか見ていると、単身赴任生活も悪くないなー、と。