アブラサス(abrAsus)小さい財布4年モノとクアトロガッツ小さいふ3年モノの様子

このサイトの地味に人気コーナー?小さい財布たちの経年変化を観察するコーナー。

前回は2016年5月6日に投稿したアブラサスの小さい財布3年ものとクアトロガッツ2年ものの様子を紹介しました。アレから約1年3ヶ月現在の二つの財布を紹介しましょう。

アブラサス(abrAsus)小さい財布は私が愛用している財布。ブッテーロレザーエディションのキャメルで2013年3月の購入。毎日ポケットに突っ込んだりして使い倒しています。購入後約4年。
クアトロガッツ小さいふは私の妻が愛用しているもの。妻の小さいふはポキート、トリコロールカラーで2014年4月の購入後2年が経過しました。妻はかばんに入れて使っていることが多いようです。購入後約3年経過。

並べて写すとこんな具合。

右上が私の小さい財布。左下が妻の小さいふ。光の加減もあるのかもしれませんが1年前と比べ妻の財布の色が渋すぎる。かっちょ良くなりました。

それぞれをアップで。

私の小さい財布・ブッテーロレザーエディション。

色味は一年前よりあまり変わりません。少し濃くなったかな?ただ表面にぶつぶつが出てきました。これは湿気が多いところに革を放置すると出てくるそうな。横浜の家から西国に単身赴任しこの西国の家は湿気がものすごいし、一日の大半は私のポケットの湿度100%のむんむんとしたところで過ごすしで仕方ないか。気にせず使っていくことにします。

そしてお約束の購入当初の色。ブッテーロレザーエディションのキャメル色の新品のときの色具合はこんな感じです↓(購入したての写真は撮ってないので、amazonのサイトから引用です。)

こんな色だったんですね。

中側も。

こちらは一年前とあまり変わらない。

そして妻のほうの小さいふポキート・トリコロール色。

こっちは一年前から色が激変しています。しぶーい濃い紺色になり、革も光沢を増している。何かあったの?というくらい。

ポキートは明るめの青色だったのが随分と渋い見た目になりました。

これはなかなかかっこいい。小さい財布も小さいふポキートも縫製などはまだまだ現役。次の一年もまたがんばってもらいます。

小さい財布と小さいふの使い勝手の差はこちらにまとめていますからよろしければご覧ください。

”abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較”2015年3月31日投稿)


私が使用して↑に出ている「小さい財布」のブッテーロ レザーエディションのキャメル。

「小さい財布」のレギュラーバージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションより豊富で、しかも安い。機能やサイズも一緒です。

「小さい財布」を出しているabrAsusが出している「薄い財布」。これもアイディアに富んだ製品で私もこっちを買うか悩みました。

本文にも出てくる妻が購入した極小財布はこちら。大阪のクアトロガッツさんが造る「小さいふ ポキート」。abrAsusの「小さい財布」サイズはほぼ一緒です。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>