2017年買ってよかったものたち・いろいろ

2018年の1月も下旬になって来ましたが、2017年の話。考えてみたら2018年も5%くらいが終わってしまったのですが・・・。

さて、2017年買ってよかったものベスト3を取り上げましたが、今回は3位入賞しなかくても気に入った物をざらざらっと備忘録的に紹介していこうと思います。

プジョー ペッパーミル ビストロ 白木 10cm
ここで熱く話したコショウ挽き。

これはよい商品です。胡椒挽きを持っていない方にはお勧めしたい。

 

ベルモント(Belmont) 富田刃物 陸刀 NO.810
屋外で釣った魚を捌きたくて購入。金属加工で有名な新潟県燕市のメーカー製です。しかし、まだ出番はほとんど無いぞ。冬に入って海に行くのもちと遠のいています。刀身のシルエットはかっこよいです。鞘はあまりかっこよくないから自作しようかな。。。同じメーカーから水刀というものも出ておりますが、刃先が貝採り用の鏨のような形になっています。魚の腹を捌くには刃先が尖っていたほうが良さそうなのでこちらを購入。ちなみに同メーカーから山刀深山刀という仲間もあります。

 

Canon Power Shot G1 X Mark IICanon ウォータープルーフケース WP-DC53
海用カメラ・お手軽カメラとして愛用していた Power Shot G12がついに2017年3月に逝ってしまいました。

その代わりにやってきたのがこれ。
現在は後継機種のG1X MarkⅢが出ていますが、MarkⅡもさすがにキヤノンのコンパクトデジタルカメラのフラッグシップを張っていた画質です。私は僥倖にも安価で手に入れることができますが、しかしそのお値段もなかなか立派です。安い一眼レフやミラーレス一眼の本体価格より高いのですよね。拡張性の高い一眼へ行くか、オールインワンで完結したG1Xでがんばるか、悩むところです。私は陸上は7DMarkⅡで、水中や普段撮りはG1XMarkⅡと住み分けています。キヤノンは高価格帯のコンパクトデジタルカメラではニーズが少なそうな純正の防水ケースを出すとこは立派です。

 

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM キヤノン用
年末の旅行先で調子が悪くなった撒き餌レンズに我慢できずに購入したデジタル一眼用の明るい短焦点レンズ。

これは思い切って購入してよかった。出てくるのも切れ味も鋭い写真ですし、APS-Cサイズの7D MarkⅡには換算48mmの焦点距離は撒き餌レンズの換算距離80mmより使いやすいです。特に室内の人物撮りなどは遥かにやりやすくなりました。一眼レフ用レンズにしては比較的安い3万円台という値段も素晴らしい。撒き餌レンズに物足りなくなったらおすすめできるレンズです。

これで2017年の話は終わり!すっきりしました(^^)

2018年はどんな楽しい物に出会えるか楽しみです。あまり多くの物が欲しいとも思いませんが、感動するような物に出会いたいものです。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.