抜海港のゴマフアザラシ新情報

皆さんご無沙汰していて申し訳ないです。なかなかサイトまで手が回らない管理人です。
あまりに放置するのも忍びないですし、今日は小ネタを拾ったので一つ紹介します。
抜海港の野生ゴマフアザラシ関連の記事です。
情報出典は北海道宗谷支庁が発行しているメールマガジンです。
◆ 抜海港の「ゴマフアザラシ観察所」利用実績が大幅増
 稚内市が冬季観光スポットとして抜海港で開設した「ゴマフアザラシ観察所」が3月末をもって今シーズンの開設を終えました。
 開設は11月1日~3月31日(12月30日~1月4日除く)。利用者総数は延べ7千313人(前年比2千317人増)で、観光バスの市内観光コースの目玉になりつつあり大幅な増加となりました。今や、稚内の冬季観光に欠かせない大きな存在へと成長しているようです。
◆ アザラシ見ながら軽食を「ぱっかい・ぺ」開店
 稚内の冬季観光名物の抜海港の「ゴマフアザラシ観察所」のすぐ横に、ラーメンなど軽食の寄処「ぱっかい・ぺ」がオープンしました。店名の「ぱっかい・ぺ」はアイヌ語で「抜海」の意味。食事メニューはラーメン、チャーシュー丼のほかアイスクリームやソフトドリンクなど。特にチャーシューはトロトロ煮込みで絶品とか。また、塩ラーメンの肉団子もジューシーな一品とのこと。
 ラーメンのだしはカツオ節と鶏ガラベース。化学調味料は一切使わない自信作とのことなので、アザラシを見ながら軽食なんていかがでしょうか?営業は毎週土・日曜日と平日は晴れの日のみ午前11時~午後2時まで。なお、ゴールデンウィーク期間は休まず営業するということです。
------------------
 とろとろチャーシュー食いたいなー。紋別のガリンコステーションの西やさんといい、アザラシスポットの近くにうまいものやができるのは大歓迎です。