アザラシの赤ちゃんが元気に

明日の一月十七日、登別で保護されたゴマフアザラシの赤ちゃんが海に帰るそうです。
休日なら登別まで見に行くのですが残念です。
このゴマフアザラシの赤ちゃんは去年の五月に保護されたのですが、当時は自力でエサを食べる元気も無く強制的に飲み込ませるくらいにまで衰弱していたそうです。今ではすっかり元気になりプールで泳ぎまわるくらいまで回復したようです。
ゴマフアザラシは冬から春にかけて流氷の上で出産・子育てをします。登別には流氷は来ないですから、この子はオホーツク海側から登別まで流されてきたようです。数百キロも流されたわけになります。元気に育っていってほしいとこです。