夫婦の会話

DSC_0348.jpg
先日、私が整備した家庭菜園を妻が「しょぼくてセンスがない」とコメントの上、爆笑した話を紹介しました。あまりこのブログには登場しませんが我が家には妻がいます。私と妻ですが、平日は全く「会話」もしないこともしばしば。別に喧嘩をしているわけではなく、妻は家を6時発の始バスで出て、20時頃には家に戻ってくる生活。一方で私は8時くらいに飛び起きても定時出勤に間に合うものの帰宅は大体23~1時で、その後からこんなふうにブログを書いたりPCで遊んだりしていますので、妻が起きる時間には私は寝ていて、私が帰宅する時間には妻が寝ているので月~金は会話らしい会話をしないこともある。
普段は顔を付き合わせる時間に会わない分、夫婦と言えどもメールなどでの情報交換が多いですが、最近は冷蔵庫に貼ったホワイトボードに夜中に帰宅したら絵を描いて、それを通して話すのもなかなか効果的。
私はお腹一杯たこ焼きを食べたかったのですが、銀だこで食べるには高くつくし、自作できるたこ焼き器が欲しかった一方で、荷物が増えるのを嫌がる彼女はうん、といわない。その辺を直談判するために夜中に描いおいた絵がトップの絵。
舟皿にたこ焼きを載せて、頭の上のうんこ状のものはマヨネーズ。遙か昔にとっかりセンターで見かけた絵のオマージュです。なかなかクオリティ高く描けたので、仕事の帰りしなにヨドバシカメラでたこ焼き鉄板を買ってきました。妻は買ってきて良いとは言ってないのですが、怒るのがアホらしくなったのか、特に怒られもせず。
後日描いたのは以下の絵。
IMG_8456.jpg
これは炊飯器に米を炊いておいたからお弁当におにぎりを握って持って行ってね、という意味。おにぎりの絵がむすび丸っぽくなってしまいましたが、ちゃんと妻は炊飯器の米を持って行きました。
後日、「なんか変なのが一匹いた」とか言ってましたが。
寝る前に描く絵が我が家をつないでます。たまに会話するとかえって喧嘩している面もありますのでなかなか絵での会話は素敵だと思います。妻が返信の絵を描いてくれませんが。