ホワイトデーの漆喰塗り

久しぶりの更新になってしまいました。最近ご無沙汰なのは我が家の新居のリノベーションが佳境に入っており、土日は家造りに費やされているためです。現在中身の大工工事は終え、設備や内装の仕上げに入っています。壁は漆喰の塗り壁にする予定なのですが経費削減のため、少しくらいは自分で家を造ってみたいということで、一部はDIYで漆喰を塗ることになってます。
3月14日(土)のホワイトデーも妻の監督の下、朝から晩まで漆喰塗りにあけくれました。
漆喰を攪拌し、
IMG_2932.jpg
漆喰だけだと真っ白すぎるので、珪藻土を混ぜ、少し色を付けます。
IMG_2936.jpg
漆喰をひたすら塗る。左手にこて板、右手に鏝。
IMG_2937.jpg
↑写真の茶色い部分は塗りたて、白い部分は塗る前。天井部分はプロにお願いしてあり、何日か前に本職の職人さんが塗った部分。塗り立てと天井はずいぶん色が違いますが、乾くと白っぽくなるのです。
この日、口にした飲食物はペットボトルのお茶、コンビニの総菜パン一個とおにぎり2個のみで、一日中立ちっぱなしで漆喰をこねたり、鏝で塗ったりしました。なれない手つきで漆喰を塗り、素手で漆喰に触ったせいか石灰のアルカリ分に手は侵され、ヒビが割れ血がにじみ、そこにアルカリ分の漆喰が着くと激痛が走り、最後の方は鏝を持つ握力が無くなってきます。
馴れない仕事なので、仕上がりはやはりプロのようにはいかないです。
そんなホワイトデーはバレンタインデーのぬるさとは雲泥の差。
粗食と馴れない重労働・長時間労働は、楽しくないし苦痛になってきます。また私はそれなりの仕上がりでも味があって良いと思っても、妻の目指す高みはもっと上にあり、その意識の差でまた口喧嘩します。
今回得た教訓は、DIYは楽しめるくらいがちょうど良い。平日勤めの身で、さらに土日へとへとになるまで作業するのは生活も荒れます。疲れている中の作業は良いものができないことは、他のどんな仕事と一緒です。DIYは余裕がないと楽しめないし良いものができないと思いました。

 

 

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_rino2 banner_danchi_interior

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>